2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ほくせい 万葉の里公園 | トップページ | 水景園 紅葉谷のあじさい »

2011年6月24日 (金)

けいはんな記念公園 水景園

京都府相楽郡精華町にある「けいはんな記念公園」
平成7年(1995年)に開園し、日本の文化や風景、
自然をテーマに設計された・・・。と説明にあります。

そのなかにある日本庭園の「水景園」
四季折々の風景が楽しめる現代の回遊式日本庭園・・・
ともありますが、一度訪ねて見たいと思っていました。

Keihanna01

ビジターセンター前の広場から見る観月橋と観月楼。

見どころはたくさんありますが、
今回はこの”水景園”の全体を回ってみます。

Keihanna02

なんとも雰囲気のある散策路を行き、
まずは観月橋を渡ります。

Keihanna03

水面から約10mの架かる橋は 幅4m、長さ123m、
橋から庭園内を一望できる・・・と。

Keihanna04

橋の途中から左
池の間にあるのは庭園ゾーンの”水景棚”
階段状の水盤が上の永田池と下の池を景観良く繋ぎます。

Keihanna05

こちらは橋の右
見える巨岩は大地のゾーンの”巨石群”
巨石、約500個からなる巨大な空間が広がります。

その先にあるのが

Keihanna06

上から見た庭園ゾーンの”紅葉谷”
紅葉樹の中を水が流れ
モミジと水の音が幽玄の美を演出すると。

   Keihanna07

観月橋の先、
月のギャラリー月の庭へと下りるデッキの上に
”ガリレオの子孫たち”という野外アート作品が並びます。

Keihanna08

デッキの前には”水景棚”に渡る飛び石が並びます。

Keihanna09

観月楼、1階の展望ロビー。
結構な雰囲気でつい撮ってしまいました ^^

では、巨石群から紅葉谷を抜けて
芽ぶきの森・永谷池を回ります。

   Keihanna10 

観月橋の手前から右に散策路へと下ります。
いきなり現れる巨石に驚かされますが先へ ^^;

   Keihanna11

巨石の上から落ちる小滝

Keihanna12

流れる水音を聞きながら
あじさいの咲く紅葉谷の中を行きます。

この庭園は
あじさいとともにあらためて紹介したいと。

Keihanna13

紅葉谷の最奥から森へと入るこれも粋な入口 ^^

Keihanna14

池を取巻くようにある”芽ぶきの森のゾーン”、
まず初めは”水辺の小道”でした。

この最北には”ハンゲショウの湿地”がありますが、
まだハンゲショウはチラホラでした。

Keihanna15 

過ぎると次が”さえずり小道”

道は山側と池川に何度か分かれますが、
すぐに合流します。

Keihanna16

そして最後が”こもれびの道”
なんとも気持ちの好い散策路が続きます。

Keihanna17 

木の階段を下りて出たところは”花菖蒲園”。

Keihanna18

さすがに花は終わっていましたが、
八橋を渡って咲き残りの花菖蒲を少し ^^

Keihanna19

傍には”ササユリ”も何株か咲いています。

他にも、キキョウにオカトラノオ、ヘメロカリス、
スモモにモモ、バラも咲いて賑やかでした ^^

Keihanna20

戻ってきましたビジターセンターの水上舞台!
水景園・芽ぶきの森を一周して来ました。

その距離、約1.2キロだそうです。
梅雨の晴れ間の蒸し暑さに少々往生した散策でしたが、
このあとは紅葉谷とあじさいを・・・続きます。

« ほくせい 万葉の里公園 | トップページ | 水景園 紅葉谷のあじさい »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: けいはんな記念公園 水景園:

« ほくせい 万葉の里公園 | トップページ | 水景園 紅葉谷のあじさい »