2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大倉公園のツツジ・大府市 | トップページ | 津島神社 神苑のツツジ »

2011年5月10日 (火)

尾張津島 藤まつり

愛知県津島市の天王川公園で行なわれている「藤まつり」、
なぜか隔年毎に訪れていますが・・・
1回目は早すぎ、2回目は遅すぎとまともな藤を見ていません。

開催期間の関連イベントは5日まで、
GW最終日の日曜日の混雑も承知で満を持しての訪問でした!

北から南へ天王川の上を覆うように作られた藤棚。

Tenno011

その長さ275mの「藤棚」に、
12種類、114本の藤が見事な花を咲かせていました。

まずは右側を行きます。

Tenno021

太い幹から左右に枝を伸ばして咲く様は、
まるで幽玄の世界に惹き込まれているようです。
(チョッとオーバーか ^^;)

Tenno031 

見事な花房と甘い香りに包まれながらの散策。

藤は主に”九尺藤”が中心だそうですが・・・

Tenno041_2

川沿いの藤棚からは外れた園内に咲く藤もまた綺麗!

Tenno051

ムラサキフジとは種類が違いますが、
こちらもまた見事な花房です。

川筋の藤棚に戻ります。

Tenno061

Tenno062

南端に下って、
ここから川筋を右に入り北へ戻ります。

Tenno071

葡萄ではありません ><;
こちらは”八重黒竜藤(ヤエコクリュウフジ)”、
見事な八重房です。

Tenno081

4年ぶりにして、初めて見る満開の藤でした・・・
まぁ、見事なものです。

Tenno091

Tenno101

花も少し変わりますが白と紫。

Tenno121


右には呈茶処もありました ^^
こうした藤棚の下でいただく抹茶も一興でしょうか?

      Tenno131 
      
Tenno141

275mの藤棚を一周してきました ^^

頭上を覆う見事な紫花に酔いながら・・・
「尾張津島 藤まつり」
ようやく満開の藤を楽しませてもらいました。   8日

« 大倉公園のツツジ・大府市 | トップページ | 津島神社 神苑のツツジ »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

凄い藤です。
詩に歌舞伎 舞い 文学限りなく藤には魅せられた日本人ですが
これだけの藤をみると つい 怪しい世界に引き込まれそうです。
久々の あんこさんの登場 春のお彼岸には お茶を楽しむ予定でしたがご無沙汰でした。
そういえば 茶太郎さんも お茶を入れるのを 忘れていますね!

  好好爺様 こんばんは。

 まぁ~!見事な「藤」でございますねぇ。
紫の色合いがとても綺麗に撮れていて、こちらも
感心しております。
「八重黒竜藤」初めて拝見。長い藤棚、いつも、
行って観たい所ばかりです。ありがとうございます。

きなこ さん
人、それぞれに・・・ですねぇ ^^

この紫の美人花のなかに、
ただひとりでいたらと、思っただけでも怪しい世界です。
3度目にして始めて見た満開の藤でしたが、
頭上に垂れ下がる紫の花房に圧倒されます。
     
     
hiro さん
ここは愛知県でも有数の藤の名所です。

その中でも川の上に続く藤棚はここだけでしょうか。
なかなか満開の藤を見れませんでしたが、
今年はやっと時期が合いました。
八重黒竜藤
ここでしか見ていませんが、珍しい藤ですね ^^       

八重黒竜藤はほんとうに、ブドウの房の様ですね。長さ275m・114本の藤棚が見事に満開との事。
素晴らしい眺めですね。江南市まんだら寺のボタンと藤祭りも素敵ですよ。

hirotaki123 さん
八重黒竜藤、見事です ^^

天王川公園の満開の藤棚はほんとに3度目の正直でした。
江南市の曼荼羅寺、
確かにこちらも素敵な藤ですがぼたんは見ていません。
これはまた楽しみができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾張津島 藤まつり:

« 大倉公園のツツジ・大府市 | トップページ | 津島神社 神苑のツツジ »