2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 伊賀から伊勢へ | トップページ | 芭蕉さんと行く伊勢詣 »

2011年5月18日 (水)

鬼無里・戸隠鏡池

信州三大秘境の旅「高瀬渓谷・鬼無里・戸隠鏡池」から帰って・・・
やはりこの旅の目的でした秘境・鬼無里とそして戸隠鏡池の
ミズバショウです。

バスツアーの悲しさ ><;
時間がなくてその一部しか回れませんでしたが、
それも結果オーライ!鬼無里の自然園ミズバショウ、
ここだけが7割ほど咲いていました。

Kinasa01

その「今池自然園」
散策路にはまだ雪が少し残ります。

Kinasa02

少し小さめの”ミズバショウ”が特徴でしょうか?
それともこれから大きくなる?

Kinasa03

広範囲に咲くミズバショウはご覧のとおり ^^;
ただ、咲くだけの白い花。

Kinasa04

Kinasa05

群生する花を巻くように付けられた木道を行きます。

Kinasa06

残雪の山々を見ながら巡る「今池自然園」

鬼無里「奥裾花自然園」の一部ですが、
バスツアーではせいぜいここしか回れません ><;

Kinasa08

しかしこの日はこの今池自然園が
一番の見どころでした。

Kinasa09 

初めての鬼無里「奥裾花自然園」
7ヘクタールの広大な湿原に81万本の水芭蕉が咲き、
日本一とも言われる規模を誇るというミズバショウ。
その、ほんの一部を散策して・・・戸隠へ。


これも秘境?かと思えるほどの「鏡池」

Togakisi01 

風がなく静かな鏡のような湖面が
雄大な戸隠連山なを映し出すという・・・。

Togakusi02

残念ながらこの日は鏡とは生けませんでした ><;
で、湖周を回る散策路。

Togakusi03

サクラとコブシ、
山野草も咲き乱れる散策路を楽しみます ^^

Togakusi04

ここにもまたミズバショウが咲いていました ^^

北信州秘境の旅
一度はと思いながら訪れました鬼無里のミズバショウ、
こちらもはじめての戸隠鏡池とともに楽しみました。  15日

« 伊賀から伊勢へ | トップページ | 芭蕉さんと行く伊勢詣 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

一昨年
ここを訪れたのですが
真夏の雨の日で
撮影した写真は、公開せずにお蔵入りとなってます

ミズバショウが咲く季節だったら
もっと美しい景色になったのだろうと
写真を拝見しながらふと、思ってしまいました

ご無事のお帰りで安心しました。
というのも、山道とバスの組み合わせって、私にはちょっと不安な感じが…

あと、バスの中では、
居眠りをしていなければ何か口の中でクチャクチャやっている乗客が気になるし
頻繁なトイレ休憩は時間の無駄だと思っちゃうしで
私には行けそうもないツアーだなあ、と想像しますが
何かよほどのお目当てがあったんでしょうね。
続きが、チョー楽しみでーーーす。

雪だるま さん
念願でした鬼無里のミズバショウでした。

この花は観るには可愛くて
咲く周囲の景色も美しいですが、
写真に撮ると何かよく分かりませんね 。

我が腕ではせいぜいこんなもんです ^^;
今回は目で楽しんできました。
     
     
alphie さん
歳のせいか山道のドライブが苦手になってついバスツアーでした。

>続きが
残念ながらこれでお終いです ^^
期待とは裏腹に鬼無里の下見になりました。

バスツアー、回るところは盛りだくさんですが、
おっしゃるとおり時間がかかるばかりでゆっくりできませんね。
まぁ、値段が安いのが取り得でしょうか?

本番は来年のミズバショウに持ち越しです。
もちろんそのときは車での再訪です ^^

  好好爺様
 ご無事のお帰りお疲れでしたでしょう。?失礼かな!
日本一の「水芭蕉」さすがに広範囲に咲いて見事ですね。
もう大分前ですが3月末、網走湖畔・女満別辺りで水芭蕉の
群落を観ました。今の季節もう5月も後半に咲いている・・・
かなり奥深い山間でしょうね。日本も広いですね。
いろいろな所を、嬉しく拝見、ありがとうございます。

hiro さん
無事戻りました^^ お気遣いありがとうございます。

日本一の規模を誇るという自然園のミズバショウ、
その一部を堪能してきました ^^

>北海道で3月末
ここは標高1250mの高さにあります。
尾瀬とは違って入口までは気楽に行けますが、
裾花川の源流部ですからやはり山奥ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鬼無里・戸隠鏡池:

« 伊賀から伊勢へ | トップページ | 芭蕉さんと行く伊勢詣 »