2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なばなの里・花まつり | トップページ | 信州松代・ひなまつり そのⅡ »

2011年4月 4日 (月)

信州松代・ひなまつり そのⅠ

今年も各地のお雛さんを巡ってきましたが、
旧暦で飾る”ひなまつり”もほとんどが4月3日まで。

梅に続いてお雛さんもこれが最終回、
遊学城下町 信州松代で行われた「松代で ひなまつり」です。

Hina01

松代藩文武学校や旧屋敷に、
そして商店街の90箇所に飾られているお雛さんですが、
まずは町なか雛めぐりです。
Hina02
旧白井家の見事な長屋門をくぐります。

Hina03
玄関先の座敷に飾られていたお雛さん
右は昭和30年代、左が50年代の段飾りです。

この町も、やはりこうしたところで飾られているのは
一般の方からの寄贈によるものです。

Hina04
商店に飾られるお雛さんは店内で拝見できるものや
ウインド越しにと何所も同じですね。

Hina05
町なかへ入りました。

市の中心部を通る国道403号線沿いに
お雛さんが飾られています。

Hina06
外からはこんな感じで見て行きます ^^

Hina07
なかに入って拝見
昭和3年頃の内裏雛ですが飾り付けもまた見どころです。

Hina08
いろんな飾り付けを楽しみます ^^

Hina09
これもウインド越しですが
小さい内裏雛で影で反射を遮断して撮影、
昭和期でしょうか?小さいながら素敵な飾りです。

Hina10
これもガラス越しでしたが
”真太呂の木目込み雛”。

Hina11
衣料品店の店の奥に飾られていました。
探すのに一苦労します ^^;

Hina12_2 
「松代まち歩きセンター」
2010松代イヤーのマスキャラ「六モンキー」
左から”ママ猿”ホイサ”、子供猿”サッサ”、パパ猿”エッサ”。
どこにもありますね~ ^^

Hina13 
真太呂の「ケース雛」?

同じようなものをたくさん見てきましたが?
名がなければ分かりません ><;

そして久しぶりに並べる内裏雛

  Hina141_2Hina142_2 
 大正時代とだけありました。
お顔が少し汚れていますが・・・古雛ですね ^^
 
Hina15
こちらは一般のお店ですが、
やはり大正期の雛飾りと人形です。
綺麗な人形でした。

Hina16
チョッと網入りガラス越しですがこちらも木目込み雛、
柿沼東光の江戸木目込人形だそうです。

信州松代「松代でひなまつり」
町なかを中心にお雛さんを巡りましたが、
次は旧武家屋敷とメインの「文武学校」に飾られた
普通のお雛さんを巡ります。         2日

« なばなの里・花まつり | トップページ | 信州松代・ひなまつり そのⅡ »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

いよいよ今年度のお雛様も終わりですね。
松代のお雛様もなかなか素敵ですね。
大正時代のお雛様は古いけれど品があると思います。

松代は以前、日本の武道に関心を持つポーランド人の友人と
行ったのを思い出しました。文武学校を見学しました。
ここ何年も信州へは行っていませんが懐かしいですね。

フデ さん
昨年の須坂に続いての北信濃ひな巡りでした。

歴史のある町で古雛を期待したんですが、
意外となかったですね。
そんな中で珍しい大正期のお雛さんでした。

文武学校、見学してきました。
文学所をはじめ、それぞれに目的を持った各所とも
昔のままに素晴らしい建物でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信州松代・ひなまつり そのⅠ:

« なばなの里・花まつり | トップページ | 信州松代・ひなまつり そのⅡ »