2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高桑星桜 | トップページ | 季節のうつろい »

2011年4月21日 (木)

赤目四十八滝・名瀑と野草

このところ運動不足解消にと少し歩いていますが、
何もないところではつまらないとこの日は赤目渓谷でした。

正直、この時期の赤目四十八滝は何もありません ><;
昨年は5月の新緑と”赤目5瀑”でしたが、
今回は5瀑とともに散策路に咲いていた野草です。

その前に・・・

Akame01
滝入口への途中にある「延壽院」
境内にある樹齢250年ともいわれる枝垂れ桜です。

Akame02
落雷で幹の半分が無くなっているものの
見事に花を咲かせて今が満開でした。

では、赤目四十八滝散策ですが、
今回はあまり記憶にない水の少ない滝巡りになりました。

Akame03 
まずは5瀑の最初になる「不動滝」

ほんとに水が少ない滝ですが、
以後の名瀑も同じような状態が続きます ><;

Akame04
次の名瀑は「千手滝」
毎年、春先の”滝開き”はここで行われます。

この辺りから少し上りにかかります。

Akame051
Akame052
この日は初めから”ミヤマカタバミ”が咲いて散策の友 ^^

そして「布引滝」

      Akame06 
      水量は少ないですが、
      その分白糸のようにも見えこれもまた優美です。

ここからさらに上って行きます。

Akame071
Akame072
「百畳岩」に向かう途中には”ハナネコノメ”の群生も。

新緑にはまだほど遠いですが・・・
花と渓流が体を癒してくれます。

Akame081
Akame082_2
「荷担滝」手前の道沿いには
”ショウジョウバカマ”の群生が見られます。

そして赤目5瀑を代表する「荷担滝(にないたき)」

Akame09

やはり水が少なく迫力に欠けます ^^;
しかし赤目四十八滝のシンボル的存在ですね。

Akame092
通りすがりに横から ^^;

道は次第に山深くなって来ますが

Akame10
これは初めて見ました ”ハシリドコロ”です ^^

全草にアルカロイドを含む猛毒植物、
誤って食べると走り回るほど苦しむところから
この名が付けられたという野草です。

またひとつ、赤目花図鑑に新種が増えました ^^

さて、5瀑の最後は「琵琶滝」です。

Akame11

ここまでの距離は2、870mとありますが、
いつものようにここから先は出合まで残り1.5キロ。

Akame12
道沿いにたくさんあった”ヤマルリソウ”

この日は”ギンリョウソウ”は確認できませんでしたが、
山野草とともに巡った
まだ春遠き「赤目四十八滝」でした。   17日

« 高桑星桜 | トップページ | 季節のうつろい »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

  好好爺様

 毎日続けて拝読しております。
ホシザクラ他、桜に沢山の種類があるものですねぇ。
楽しみながら鑑賞「お花見」いたしました。

滝と野草。流れの美しい滝、幾筋もの滝を観たいものですが、
北海道も層雲峡の奥へ入り、観た滝も綺麗でした。
なかなか近くでは観ることは出来ませんね。
よくお疲れも出ずに・・・感心しております。

野草、こちらではみることの無い、珍しいものですね。
ありがとうございます。

hiro さん
桜の種類もほんとに多いですね。

>層雲峡の奥
層雲峡では”銀河”、”流星”の滝が印象に残っています。
綺麗な滝でした。

滝となるとやはり渓谷になり山に入ります。
山野草も合わせて見るには格好の散策ですが、
今回はチョッと早すぎました ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤目四十八滝・名瀑と野草:

« 高桑星桜 | トップページ | 季節のうつろい »