2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 安八百梅園 | トップページ | 墨俣・つりびな小町めぐり »

2011年3月10日 (木)

墨俣・光受寺の飛流梅

これまた、まだまだ続く雛めぐりと梅でですが ^^
もうしばらく辛抱していただくとして、 また梅です ><;

岐阜県大垣市墨俣町(すのまたちょう)、
秀吉が一夜で築いたという墨俣一夜城、
そして、美濃路の墨俣宿で知られるところですが、
その寺町にある光受寺です。

Koujyuji_01_2
その山門からチョッとだけ見えますが、
樹齢200年と言われる”飛龍梅”が見頃でした。   8日

Koujyuji02 

境内の左右に咲く梅 ^^

Koujyuji03 

どの梅も見事ですが・・・
その飛龍梅 

      Koujyuji04  
      樹齢200年という見事なしだれ梅、
      ほぼ満開でした ^^

Koujyuji05_2
Koujyuji06
Koujyuji07

初めて見ましたが、
まさに飛龍の如くでしょうか?
見事な枝垂れを堪能します。

Koujyuji08
境内に植えられた梅は15本とか、
どれも今が見頃です!

Koujyuji09
Koujyuji10

小さい境内ですが、
植えられた梅の配置が素晴らしいのか?
境内が華やかです。

ところで、
飛龍梅の傍にある庵にお雛さんが飾られていました。

Koujyuji11 

実はこの日の目的はこのお寺の梅でしたが・・・
墨俣の町なかでは
「つりびな小町めぐり」が行われていました。

Koujyuji12

ここ光受寺はその飾りのひとつ 。

飾られていたガラスケースのお雛さん、
反射がきつく我が影で抑えての撮影のため、
久しぶりに内裏雛を並べます ^^

 Koujyuji131 Koujyuji132 
江戸後期の享保雛ですが、
御髪が傷んで取れたのでしょうか?少し残念ですが・・・
小さいながら素敵なおひなさんです。

Koujyuji14

光受寺で梅とお雛さんを堪能した後は、
梅を見に来て初めて知った
「いき枠墨俣 つりびな小町めぐり2011」。

イベントはこの13日(日)までですが、
その「つりびな小町めぐり」を楽しみます・・・続きます。

« 安八百梅園 | トップページ | 墨俣・つりびな小町めぐり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

 好好爺さま こんばんは。
光受寺の飛龍梅、お見事ですねぇ。枝垂れ梅は
初めて観ました。時々日本地図を広げてみるのですが、
とてもいい社会勉強です。
「つりびな」は、こちらでは観ないので珍しいですよ。
ちりめんなどで、手縫いですよね。手芸の本で見ましたので
作ってみたいと思います。つづき・・・楽しみにしております。

hiro さん こんばんは。
飛龍梅、私も初めて見ましたが見事でした。

こちらでは枝垂れ梅は有名どころがたくさんあります。
そろそろ満開の便りが聞かれ載せることがあると思います ^^
>「つるしびな」
飾られる小物にはそれぞれに親の願いがあり、
これだけは手作りが多いですね。

飛龍梅とっても綺麗ですね(*^_^*)
光受寺 さんの 公式ホームページもできたみたいですよ~

arata さん
ご覧いただきコメントありがとうございます。

境内に咲く見事なしだれ梅
初めて見ましたが堪能しました。
>公式HP
来年はこちらで開花情報が分かりますね ^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 墨俣・光受寺の飛流梅:

« 安八百梅園 | トップページ | 墨俣・つりびな小町めぐり »