2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« つくばの里最光院梅園 | トップページ | 賀名生梅林を歩く »

2011年3月25日 (金)

旧暦で飾るひなまつり

愛知県豊田市稲武の「旧暦で飾るひなまつり」
昨年は終了間近に瑞龍寺の”しだれ桜”とセットでしたが、
今年は一足早く、先の”最光院梅園”とセットでした。

始まったばかりの”ひなまつり”
平日で人出も少なく少し寂しい町なかをめぐります。

Inabu01
まずは懐古茶屋
昭和40年から50年代の段飾りが展示されています。

この前にある有料の古橋懐古館では、
”古橋家の里帰りびな”が展示されていますが、パス ^^;

町なかへと出ます。

Inabu02
珍しく開けられていた家の土雛

道沿いに飾られたお雛さんはほとんどがガラス越しですが、
極力反射を抑えたものを選んでみました。

Inabu031  
Inabu032

この町は土雛や御殿飾りが多いですが、
今年のメインはアスリートたちのお雛さんです ^^

これはとても近くでは撮れません ><;
敢えて遠くからですが・・・。

Inabu04
左が安藤美姫、右が室伏由佳さんのお雛さんです。

この横には浅田姉妹と勅使河原郁恵さんのお雛さんも
飾られていましたが、とても反射がひどくボツにしました  ><;

      Inabu05
こちらは北京オリンピックに出場した
全日本ソフトボールの馬渕智子さんのお雛さん。

我が好みのお雛さんです ^^こちら^

      Inabu06
      綺麗な木目込み立ち雛でした。

町なかからメイン会場の”どんぐり工房”に戻ります。

Inabu07
今年はここがメイン会場

Inabu08
工房全体が華やかに飾られています。

まずは窓際に飾られていたこの御殿

      Inabu09
      小さな御殿ですが
      昭和初期のものでしょうか?

      そして

      Inabu10_2
     フィギュアスケートの村上佳菜子さんのお雛さん ^^

Inabu11
こちらは昭和初期の御殿飾りがふたつ。

      Inabu12
      古い雛軸装と、新しい木目込内裏雛

Inabu13

どんぐり工房のお雛さん
今年はここが一番の見どころでした。

稲武の町の「旧暦で飾るひなまつり”
今年もお雛さんは4月17日(日)まで開催されています。

« つくばの里最光院梅園 | トップページ | 賀名生梅林を歩く »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

 好好爺様 こんばんは。
毎朝、お早く載せていらっしゃいますね。
楽しみに開けて楽しませていただきます。

松坂城址の石垣、一つひとつ人の手で積み上げたのでしょうね。
この時代のこと、重労働だったと思います。見事な石垣
残して下さいました。
最光院梅園の「雨に濡れた梅の花」。お手本にして撮りたい!

旧暦で飾るお雛さまも、趣のあるものですね。
好好爺様お好みの「綺麗な決め込みの立ち雛」、
静かな和室にいいですね。欲しくなります。

 間違い文字、ごめんなさい。
「綺麗な木目込みの立ち雛」です。失礼いたしました。
hiro

hiro さん
わざわざ訂正していただき恐縮です。

出かけることが多いので早めに書いた記事を
自動でアップしています ^^
松阪城跡
石垣しか残っていませんが、ここも素晴らしい石垣です。
お雛さんも旧暦まではまだ少し続きますが、
各地のお雛さんを巡って載せていきたいと思っています。
楽しんでいただければ嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/51199532

この記事へのトラックバック一覧です: 旧暦で飾るひなまつり:

« つくばの里最光院梅園 | トップページ | 賀名生梅林を歩く »