2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旧暦で飾るひなまつり | トップページ | 続・賀名生梅林を歩く »

2011年3月26日 (土)

賀名生梅林を歩く

奈良県五條市西吉野にある「賀名生(あのう)梅林」、
満開の情報に2年ぶりに出かけました。

すでに見頃過ぎの木もありますが・・・
さすがに奈良三大梅林(月ヶ瀬、広橋)の筆頭と言われるところ ^^

Anou01

北曽木区のふたつの山をおおいつくすように、
2万本の梅が咲きほころび、壮観な風景です。

Anou021

前回はただ唖然として見て回りましたが、
今回は冷静に?周遊道(市道)を歩いて梅ウオッチングです ^^

入り口から歩き始めてすぐのところ

Anou022
右下に見えるのが”口の千本”

そして振り返ると

Anou03_4
”一目万本”です。

この日、着いたときははまだ曇りの空模様で、
少し梅も冴えませんでしたが ><;
それはそれなりにまた良し!と。

Anou05_2

ここから案内マップを手に西から東へと
左回りで散策して行きます。

Anou06
Anou07

梅の香りと、移り変わる景色を楽しみながらの歩き、
急な坂道もありますが気にもなりません ^^

Anou08
ここが”見返り千本”

まさに山肌をおおいつくす梅の木、
その数は2万本とか。

さらに上へ、上へと道が続きます。

Anou09
Anou10
この辺りが”東雲千本”

近くに、遠くにと眺める梅林!
山の高さは200から500メートルと、
その高低差300メートルだそうです。

Anou11
Anou12

見事な老木の数々を眺め・・・
着いた西側の山頂?が”奥の千本”です。

Anou13

遥かに山肌を染める梅林が楽しめますが、
この後ろの斜面にも梅林が広がっています。

Anou14
周遊道から少し上がったところから
斜面の見事な梅を眺めます。

ここから少しだけ梅林から離れますが、
次の集落がある東側の山?に向かいます。

このあとは”西の千本”から”振り返り千本”分岐まで、
一気に道を下って行きます。      24日

« 旧暦で飾るひなまつり | トップページ | 続・賀名生梅林を歩く »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 賀名生梅林を歩く:

« 旧暦で飾るひなまつり | トップページ | 続・賀名生梅林を歩く »