2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 紀州海南ひなめぐり | トップページ | 佐布里池梅まつり »

2011年3月 6日 (日)

紀州海南ひなめぐり・黒江

和歌山市海南市、「紀州海南ひなめぐり」
駅前商店街から紀州漆器のまち黒江へと移ります。

途中のお雛さんを見ながら着いた黒江、
まず入った「うるわし館」。

Kuroe01
いきなり迎えてくれた「黒江夫婦 雛」
さすがに漆器の町です ^^;驚きました。

ここには御殿飾りがふたつ

  Kuroe02 
そのひとつ白木の御殿飾り
チョッと造りが面白い御殿でした。

ここから黒江の町なか雛めぐりに入りますが、
すぐに傍にある黒江公民館。

入り口から多くの段飾りが並びますが

      Kuroe03 
      チョッと興味があったのはこの飾り
      押し絵雛と小さな親王飾りに惹かれました。

さて、黒江の町並みですが、
表通りの川端通りと一筋違いの古い通りがあります。

Kuroe04 
築220年という漆器店

Kuroe05 
黒江ぬりもの館など古い家並みが続く通りの雛めぐり。
各お店で引戸を開けて案内を乞います。

お雛さんはまず「黒江ぬりもの館」から ^^

Kuroe06 
まずは木目込みですね~。

Kuroe07
御殿飾りと綺麗に揃った台所道具です。

次が「吹きガラスの店」

Kuroe08
Kuroe09
店内に飾られているお雛さんを見ながら、
お店の商品も楽しませてもらいます ^^

そして池庄漆器店

Kuroe10 
紀州漆器とお雛さんを楽しませてもらってもらいました。

川端通りにでます。

Kuroe11 

紀州漆器、
紀州藩の保護を受け発展した紀州漆器、
現在でも漆を使った伝統漆器として、
輪島、山中などとともに四大漆器産地のひとつに数えられている。

通りに並ぶお店のひな飾りを拝見して行きます。

Kuroe12 
うだつのあがるお家にあった御殿飾り
ガラス戸を開けて案内を乞いましたが応答なく ><;
そのまま撮らせていただきました。

黒塗りの源氏枠飾りです ^^
大正9年にいただいたものとの説明がありましたが、
チョッと珍しい作りの源氏枠飾りでした。

そして紀州雛

Kuroe13 
Kuroe14

漆器のまち、どうしてもこの郷土雛に惹かれます ^^;
よろしいなぁ~、
この紀州雛の値段を初めて知りました ^^
さすがにと思いましたが・・・買えません  ><;

Kuroe15
黒江の町なか雛めぐり、
散策もそろそろ終わりに。

Kuroe16_2
こちらは黒牛茶屋(酒蔵)の店内
この酒の匂いについ、お土産にと本醸造を ><;
1本買ってしまいました ^^

Kuroe17
最後はここ「中言神社」

境内には紀州名水のひとつ「黒牛の水」が湧き、
夫婦の神様を祀っています。

その社務所に飾られていたお雛さん

Kuroe18

和歌山県海南市の「紀州海南ひなめぐり」
初めて訪れましたが今年が第1回とのこと、
そんな記念すべきひなめぐりを教えてもらった友に感謝!

このあとは淡島神社の流し雛をと思っていましたが、
予定より遅れて着いたため断念 ><;
帰りは紀伊半島を横断するように国道を戻った一日でした。

« 紀州海南ひなめぐり | トップページ | 佐布里池梅まつり »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀州海南ひなめぐり・黒江:

« 紀州海南ひなめぐり | トップページ | 佐布里池梅まつり »