2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 瀬戸のお雛めぐり 其のⅠ | トップページ | 大府盆梅展・大府市 »

2011年2月11日 (金)

瀬戸のお雛めぐり 其のⅡ

「久米邸」のお雛さんを見せてもらって外に出たら、
”古典雛展示”の案内がありました。

その案内に沿って家の横に回ると
”この蔵の2階にもお雛さんが展示してあります”
と、声をかけていただきました。

”見せていただきます”とお礼を言って蔵の中へ

Seto01
いきなり目に入ったこの内裏雛

何気なく飾られていましたが久しぶりに
内裏雛を並べます ^^

  Seto021Seto022 
明治の初期のものでしょうか?綺麗なお雛さんです。
天冠も素敵で綺麗に保存されています。

そして2階にお邪魔しますが・・・

      Seto03
これもまたビックリの箱階段
こういう場所で昇らせてもらえるとは思わない代物です。

そして2階の雛飾りに2度ビックリ!

Seto04
撮ってる後ろには古美術的な屏風がありますが、
部屋の三方の壁際にはびっしりと雛飾りが展示されています。

ちょっと暗くてカメラのISOも最大にしていますが
光の入り方とも明暗さまざまで出来はご容赦を。

Seto05
これはいつ頃か?
お顔からは江戸後期から明治初期でしょうか。

Seto06
これは関東雛とありましたが、
時代は大正期でしょうか?

Seto07
窓際に並べられた五人囃子人形と雛道具

Seto08
昭和初期の御殿飾りですね。
このあたりは何の説明もありませんので推測です ^^

Seto09
これは書いてあるとおり、
大正時代の可愛い御殿飾りです。

Seto10
ひときわ大きな壇の上に飾られていた雛壇から、
内裏雛だけを切り取りました。
ちょっと変わったお顔の女雛ですがこれは関東風ですね。

Seto11
そして御殿飾りは
右が昭和、左が大正時代のもの

そして明治時代の内裏雛と続きます。

Seto12
ちょっと射し込む光が交錯してますが敢えて ^^

Seto13
こちらは「有職雛」

まぁ、なんともたくさんの古典雛を拝見!
最後はこの女雛です。

      Seto14
相方はグレて、いやブレて使い物になりませんでした ><;
せめてお姫様だけでも・・・
しかしお顔にふさわしい素晴らしい衣装と天冠です。

すっかり堪能しました古民家「久米邸」の蔵の雛飾り、
このまま帰ってもよかったんですがすぐ傍にある「無風庵」です。

Seto15
やはり「瀬戸のお雛めぐり」の目玉でしょう!

庵の中の飾りをざっと載せておきましょう ^^

Seto16
正面に大きな「享保雛」
左が1750年代、右が1760年代とあります。

Seto17
右には明治の白木の京風御殿飾り

Seto18
そして左には小さめの「享保雛」
ここちらは1716~36年頃と書かれています。
3度目ですがこの享保雛だけはしっかりと記憶に残っています。

そして今年はまた素晴らしい古典雛を見せてもらった
「瀬戸のお雛さんめぐり」でした。

« 瀬戸のお雛めぐり 其のⅠ | トップページ | 大府盆梅展・大府市 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/50821833

この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸のお雛めぐり 其のⅡ:

« 瀬戸のお雛めぐり 其のⅠ | トップページ | 大府盆梅展・大府市 »