2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大府市歴史民俗資料館 | トップページ | 足助中馬のおひなさん »

2011年2月14日 (月)

正月堂修正会・伊賀島ケ原

三重県伊賀市島ヶ原にあります正月堂(観菩提寺)で行われた
正月堂の修正会(しゆしょうえ)。  

前日の「節句之頭行事(せきのとぎょうじ)」のひとつ、
練り込みに続いて行われた「正月堂おこない」と言われる
修正会の結願法要です。    12日
  
Syogatudo01
正月堂の楼門

Syogatudo02
本堂
この中で法要が営まれます。

Syogatudo03

連行衆と呼ばれる僧侶の読経で始まった修正会

Syogatudo04
神主による修祓いがあって
このあと法要の行事は延々と続きます。

途中で僧侶によって何かまかれたんですが?

Syogatudo05
それが何を意味するのかが
手元の資料を読んでもよく分かりません ><;

そして中盤に行われた”ほぞの木の驚覚(きょうかく)”

Syogatudo06
手前の関係者の人が邪魔になって何も撮れません ><;

Syogatudo07
Syogatudo08
本尊の厨子を巡って牛玉杖(ごおんじょう)と
呼ばれるほぞの木で本尊厨子を乱打しながら、
本尊前で体を床に投げ出す「五体投地」を繰り返しますが、
その様はここからは撮れません。

Syogatudo09
ときおり雪の舞う寒い日でした ^^
本堂前に敷かれた莚の上で足元から寒さが襲ってきます。
暖を取るためいったん外へ出た本堂。

戻ったらこの修正会の見せ場
”達陀行法(だったんぎょうほう)”が始まりました。

ここからは暗い本堂で行われる行事、
ボケ写真が多いですが敢えて載せていきます ><;

Syogatudo10
Syogatudo11
水天、火天の連行衆2名により行われる火と水との荒行。

説明は手元の資料にありますがあとで少しだけ ^^
ここはもう見ていただければと・・・

Syogatudo12
Syogatudo13
Syogatudo14
Syogatudo15

狭い堂内
厨子の周りを下駄で床を鳴らし駆け回りながら、
本尊前で松明を振りかざし、水を撒き散らす火天と水天。

Syogatudo16

お堂に響き渡る鐘、太鼓の音の中で行われる荒行!
飛び散る火の粉に思わず大丈夫かしらん ><;

Syogatudo17
Syogatudo18
松明を振りかざす火天と水を振りまく水天

資料には
”まず水天が阿伽器に香水を満し、榊を以って本尊前台壇上の
供勃等を加持し、小走りに行道すれば、火天は柄松明を振りかざ
しつつ行道し、火炎を振って潔済する。・・・・
火の粉と水とを振りまいて火と水との一大修羅場となる。・・・”と。

Syogatudo19

2時間に近い修正会でしたが、
その見せ場はほんのわずかでした ^^

奈良二月堂の修二会に先がけて行われた
島ヶ原正月堂の修正会。
また、珍しい古儀式を見せてもらいました。

Syogatudo20

雪と雨は止みましたが
霞む山並みに囲まれた伊賀市島ヶ原でした。

« 大府市歴史民俗資料館 | トップページ | 足助中馬のおひなさん »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月堂修正会・伊賀島ケ原:

« 大府市歴史民俗資料館 | トップページ | 足助中馬のおひなさん »