2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 文化のみち二葉館 | トップページ | 瀬戸のお雛めぐり 其のⅡ »

2011年2月10日 (木)

瀬戸のお雛めぐり 其のⅠ

名鉄大曽根駅から尾張瀬戸へ、
1年ぶりの瀬戸市「陶のまち 瀬戸のお雛めぐり」です。

まずはいつもの瀬戸蔵セラミックプラザに

Seto001
Seto002
お馴染みの「ひなミッド~まるっとひな壇かざり~」
高さ4mの巨大ひな壇に約800体の陶器、磁器、ガラスの
手作り雛が飾られています。

Seto003
Seto004
上から眺める今年のひな壇と
最上部に飾られている陶雛

ここには毎年真多呂人形の「変わり雛」が展示されています。

Seto005
今年も昨年の世相を雛人形で表す
変わり雛6点が展示されていました。

そのなかからひとつ

Seto006
やはりこれでしょうか?
作られている頃にはまさかの不祥事は予想外 ><;
だったでしょうね。

このあと町なか雛めぐりに出ました、
この日は「せと末広商店街」はお休みで「銀座通り商店街」へ。

Seto007
この商店街もかなりの店が閉まっていますが、
開いている店舗に飾られたお雛さん。

Seto008
いつものことながら・・・
やはりガラス越しの雛めぐりになります。

Seto009 
こちらはある写真館の店舗ですが、
店の中に雛飾りがありました。

まずは入り口の右に見える内裏雛

Seto010_3
明治時代の関東雛

左のショーウインドーには

      Seto101 
      昭和の御殿雛とあります。

店内へ

Seto011 
ふたつ並んだひな壇の左には大正時代の中京雛と

右には

Seto012
明治時代の関東雛と書かれています。

ともに御殿と内裏雛を切り取って載せていますが、
下の関東雛は以前に日本玩具博物館で知った
江戸風の説明
”男雛は袖を張り、女雛は袂を低く膝元におさめ、
袖の中に手を隠した姿で作られます。” のとおりです。^^

このあとは商店街から古民家の「久米邸」へ。

Seto013 
来ると必ず見せていただくところですが、
お雛さんは右奥の家の部屋に展示されています。

Seto014 
飾られている御殿雛
2年ぶりにゆっくりと拝見します。

Seto015
まずは右の壁際にあった小さな御殿
中央の官女が立っていますが”明治時代 京都”とあります。

そして正面の御殿からはこちらを

Seto016
こちらも中央の官女が立っていますが
”大正時代 関東地方”と書かれています。

官女の話は以前にもしたことがありますが、
御殿飾りの場合はほぼ中央の官女が立っています。

2年ぶりの瀬戸のお雛さん、
このあとはこの家の蔵に飾られていた初めて見る古雛、
これがまたビックリでした・・・続きます。

« 文化のみち二葉館 | トップページ | 瀬戸のお雛めぐり 其のⅡ »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瀬戸のお雛めぐり 其のⅠ:

« 文化のみち二葉館 | トップページ | 瀬戸のお雛めぐり 其のⅡ »