2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大府盆梅展・大府市 | トップページ | 正月堂修正会・伊賀島ケ原 »

2011年2月13日 (日)

大府市歴史民俗資料館

大府盆梅展が開かれている大倉公園の入り口にあります
「歴史民俗資料館」。

”第3回 資料館ひなまつり”の案内に思わず立ち寄りました。

      Obuhina01
      資料館入り口に飾られた8段飾り
資料には昭和55年頃とありますがいろんな人形も。

左手のガラスケースには親王飾りと土人形が

  Obuhina021_2Obuhina022_2 
その親王飾り
こちらは明治35年頃とありますが
後ろが鏡になっていて後姿も見ることができます ^^

では、館内へ

Obuhina03
1階フロアー中央には明治初期の
大府地域の民家(農家)が復元されています。

Obuhina04
雛飾りはこの民家を中心に展示されていました。

Obuhina05
この部屋には大正期の親王飾り

そして

Obuhina051
そしてテレビの上には紙粘土の親王飾りです。

部屋を回ります ^^

Obuhina06_2
続きの間にはご覧のとおりの雛飾り

順に見ていきます。

      Obuhina07
最初は可愛い稚児の木目込段飾り(昭和63年頃)

Obuhina081
Obuhina082
こちらは御殿飾りとその内裏雛(昭和7年頃)

Obuhina101 
その横には7段飾りですがその4段です。

Obuhina102
内裏雛と三人官女(昭和28年頃)

そして雛道具から

Obuhina103
おはぐろに使う道具だそうですが・・・
”ひいな”の飾りにおはぐろとはこれいかに?

そしてガラスで仕切られた展示室

Obuhina111 
明治初期と書かれた白木の源氏枠飾りがありました。
小さく見えますが大きくて立派な造りです。

この左横から2階の展示室へと行きます。

Obuhina112 
こちらは市内の文化財分布立体地図模型が設置され、
その所在地がボタンひとつでわかるようになっています。

その展示室の雛飾り

Obuhina12
ひとつはこの土雛(昭和50年頃)

Obuhina13 
そしてもうひとつはこの親王飾りです。
江戸末期の古今雛
お顔も衣装も、そして天冠も素敵な内裏雛でした。

盆梅展を見に来て
思わぬひなまつりに出会いました「大府市歴史民俗資料館」、
それぞれに楽しませてもらった各時代のおひなさんでした。

« 大府盆梅展・大府市 | トップページ | 正月堂修正会・伊賀島ケ原 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大府市歴史民俗資料館:

« 大府盆梅展・大府市 | トップページ | 正月堂修正会・伊賀島ケ原 »