2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おひなさまめぐりin二見 | トップページ | 伊賀上野城下町のおひなさん »

2011年2月 6日 (日)

賓日館の雛飾り

”おひなさまめぐりin二見”
約1000体の雛飾りとともに今年はこちらも見逃せない!
「賓日館」の雛飾りです。

昨年、一昨年と載せなかった賓日館ですが、
今年は江戸から昭和初期までの古雛が飾られました。

Hinjitsukan01
一階の各部屋に飾られた雛飾りは新しい段飾りから
江戸時代の古雛まで・・・
賓日館の古雛、久しぶりです ^^ 

まず廊下の突き当たりにある御殿飾り

      Hinjitsukan021 
以前にも載せたことがあるかもしれませんが、
3年ぶりということであらためて。

Hinjitsukan022
上部の御殿と

Hinjitsukan023
内裏雛です。
大正から昭和初期のものと思われるが未詳とあります。
シンプルな白木造りは昭和初期でしょうか?
(と書きましたが、調べたらどうも大正期のもののようです )

最初に載せたのが御殿飾り・・・で、御殿を続けていきます ^^

      Hinjitsukan03 
     昭和24年だそうです

      Hinjitsukan04
      こちらも同年のものでしょうか
      造りがよく似ています。

Hinjitsukan051
一転して!煌びやかな御殿飾り

Hinjitsukan052
こちらも同じです。
ともに昭和35年ごろの御殿飾りですが、
御殿では一番多く見られる飾りです。

そして雛飾りです。

      Hinjitsukan06
      これも以前に載せましたか?
      お雛さんの原点ともいえる立雛です。
      本来は江戸初期のものですが、
      こちらは江戸中期のものだそうです。

Hinjitsukan07
寛永雛だそうですが・・・造りはもう少し後とか。

Hinjitsukan08
江戸文政年間(1818~29)の古今雛とありますが、
このあたりは素人には分かりません ><;

Hinjitsukan09
そして江戸後期
この顔立ちと衣装からはとても思えない?お雛さん、
いずれにしろ天冠が無いのが残念です。

Hinjitsukan101
こちらも江戸末期の内裏雛

そしてお雛様は

      Hinjitsukan102
      今年のポスターの女雛です。

そして明治のお雛さんへ

Hinjitsukan11
明治初期の綺麗な内裏雛です。

Hinjitsukan12
Hinjitsukan13
ともに明治後期とありました。
書きながら改めて勉強していますが ^^
いずれも素晴らしいお雛さんです。

Hinjitsukan14
長野県の旧家に伝わってきたという雛飾りは明治後期のもの。
神功皇后、武内宿禰を・・・と細かい説明があります。

最後です ^^

      Hinjitsukan151
      箪笥には雛飾りといろんな人形が収まっています。

その上段にあったこちら

Hinjitsukan152
箱雛?と言っていいのかよく分かりませんが、
これもまた雛飾りですね ^^

「おひなさまめぐりin二見」、
その賓日館であらためて堪能した、いえ、勉強させてもらった ^^
賓日館の古雛でした。

« おひなさまめぐりin二見 | トップページ | 伊賀上野城下町のおひなさん »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/50783741

この記事へのトラックバック一覧です: 賓日館の雛飾り:

« おひなさまめぐりin二見 | トップページ | 伊賀上野城下町のおひなさん »