2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« あげきのおひなさん | トップページ | 津・大門のおひなさん »

2011年2月26日 (土)

いつきのみや歴史体験館

三重県多気郡明和町斎宮にある「いつきのみや歴史体験館」、
ただいま開催されている” いつきのみやの春・桃の節句 ”です。

”美し国 三重 ひな街道”に参加している6会場のひとつ、
いつもの町なか雛めぐりとはチョッと違いますが、
また、一味違った?「桃の節句」でした。

Ituki01
玄関で迎えてくれます”吊るし飾り”と2つの雛飾り

Ituki02
選んだお雛さんはこちらの飾り
桃の節句に相応しいと勝手に判断!
とっても可愛らしいお雛さんです ^^

Ituki03
壁際には雛絵と手作りのお雛さん

この下には「斎王雛」と立札がありましたが、
たくさんの手作りびなが並びます。

そしてメイン会場

Ituki041
正面左手と

Ituki042
正面に飾られた雛飾りです。

御殿飾りがふたつと段飾りが年代順に並びますが、
その中から古いものから3つを

Ituki05
ガラスケースの中で写り込みがありますが敢えて ^^
江戸末期の御殿飾り。

玄関続きの白木造りはどこかで見た記憶がありますが・・・?
思い出せないのは年のせいか ><;
人形の並びは別としてこの屋根の造りは初めてです。

Ituki06
こちらは大正9年とありました。
内裏雛だけを切り取りましたが雅楽の五人囃子です。

Ituki07 
Ituki071 
昭和8年の段飾り
仕丁の持ち物が箒、塵取り、熊手で京風(関西風)ですが、
久しぶりに見ました ^^

とまぁ、お雛さんはこんなところで、
この日は「装束試着体験」に予約が入っていました。

はじめてみる装束試着にチョッと興味が・・・
この日の体験者は小学6年生の男の子です ^^
装束は直衣(のうし)、貴族の普段着ですね。

許可をもらって撮らせていただきました。

Ituki08 
Ituki09 
装束の着付けを見るのは初めて
何が何かよく分かりませんでしたが・・・。
着付けを始めてから冠を付けて終わるまで約30分ほど。

Ituki10
若く凛々しい平安王朝人の直衣姿が完成です ^^

こちらでは十二単の装束試着体験は有料ですが、
小袿(こうちき)は自由に着ることができます ^^
初めての装束試着を見せてもらった
~いつきのみやの春「桃の節句」~でした。

これで終わろうと思ったんですが一気に公開!
この近くにある「斎王歴史博物館」の傍にある梅林へ。

Ituki11
Ituki12
紅梅、白梅が咲き乱れる梅林!
7分咲きぐらいでしょうか?

Ituki13
Ituki14

この27日の日曜日には
「第7回 いつきのみや梅まつり」が開催されます。

Ituki15
Ituki16

二度に分けるつもりの
「いつきのみやの春 「桃の節句」と梅林でしたが、
美し国 三重 ひな街道」はまもなくそれぞれに終わるため
チョッと先を急ぎました ^^

残る雛まつりは「津・大門のおひなさん」
この後立ち寄りました。

« あげきのおひなさん | トップページ | 津・大門のおひなさん »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いつきのみや歴史体験館:

« あげきのおひなさん | トップページ | 津・大門のおひなさん »