2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月28日 (月)

岩本山公園・梅園

静岡県富士市にあります「岩本山公園」
梅と富士山が撮れる人気の梅園だそうですが、
開花情報は7分咲きとのことでした。

天気予報と我がスケジュールからはこの日しか無く、
あとは天気任せと・・・    camera 26日 

途中で変わる空模様を気にしながら・・・
走る高速道路から見えた富士山に思わずヤッタ!と。

富士川サービスエリア

Fuji01
快晴の青空の中、何も言うことがないほどの好条件!
気持ちはすでに梅園に。

ここから高速を下りて近道を行きましたが、
我が古いナビには無い道、
迷いながらようやく辿り着いた「岩木山公園」です。

Fuji02
梅園の開花状況、
入り口近くはご覧のとおり。

Fuji03
先に行くほど咲いていますが・・・
まだこれからの木も多く見かけます。

さて、梅と富士山

Fuji04
すでに多くのカメラマンが富士山にカメラを向けています ^^

その間に入っての撮影

Fuji05
Fuji06
Fuji07

ここから撮る富士山は素晴らしいんですが、
まともに狙うと、アンテナの鉄塔、ゴルフ練習場のネット、
そして高い枯れ枝が入り込みます ><;

Fuji08

狙う富士山と梅、
どうしても無理な構図になるんですが ><;
これだけの富士山が見れれば大満足 ^^

Fuji09

やはりここは梅園、梅の便りも入れておきましょう ^^

Fuji10
Fuji11 

まだ早いかな?と思いましたが、
場所によっては満開のところもありました。

Fuji13 
やはり最後は梅と富士山で、
最高の天気で堪能した「岩本山公園・梅園」。

ここを教えていただいたのは fujibijin さんでした。
http://fujibijin.blog24.fc2.com/blog-entry-124.html

行ってきました 、そして堪能しました ^^
fujubijin さん、情報ありがとうございました。

2011年2月27日 (日)

津・大門のおひなさん

「美し国 三重 ひな街道」
まもなくこのイベントも終わりますが、
まだ訪れていなかったのが「津・大門のおひなさん」でした。

大門(だいもん)商店街、
今年はメイン会場が変わります。

Daimon01
その新しいメイン会場はオーデン大門ビル
昨年までのメイン会場に飾られたお雛さんがこちらに集合、
(一部はガラス窓越しに残ります ^^)
飾りも一新です!

Daimon02
白木の御殿飾り
江戸後期のものですが・・・以前のものとは違います。
チョッと調べてみたいような御殿でした。

一新された会場はまた雰囲気も変わりました。

Daimon03
Daimon04
Daimon05
入り口近くに飾られたお雛さんと、
奥には手作りの雛飾りの作品が並びます。

今年も町なかの飾りをご紹介。

Daimon06
Daimon07
Daimon08
全てとは言いませんが
やはりガラス越しの撮影が多く写り込みは覚悟でしたが、
中には店内に飾られていたお雛さんもあります。

Daimon09
Daimon10
こちらは以前に載せたかも知れませんが、
可愛い木目込立雛。

Daimon11
以前のメイン会場です。

こればかりはどうしようもありませんが、
今年はこの店舗は使用できなかったようです。

Daimon12
着物姿でこられる方も、
以前にも瀬戸のお雛さんめぐりでも拝見しましたが、
お雛さんめぐりに着物姿とはいいもんでです ^^

Daimon13
Daimon14
Daimon15
ウインドショッピングではありませんが、
こうしてゆっくりと見るお雛さんもまたいいものです。

これも以前に載せたかも知れません

Daimon16
真多呂作の木目込古今雛
まぁ、あるところにはありますが・・・素敵です ^^

「美し国 三重 ひな街道」
全6箇所をめぐり終えてこれにて終了。
あとはまた旧暦の雛めぐりとなりますが、
さて、今年はどこへ参りましょうか?・・・まだしばらく続きます。

2011年2月26日 (土)

いつきのみや歴史体験館

三重県多気郡明和町斎宮にある「いつきのみや歴史体験館」、
ただいま開催されている” いつきのみやの春・桃の節句 ”です。

”美し国 三重 ひな街道”に参加している6会場のひとつ、
いつもの町なか雛めぐりとはチョッと違いますが、
また、一味違った?「桃の節句」でした。

Ituki01
玄関で迎えてくれます”吊るし飾り”と2つの雛飾り

Ituki02
選んだお雛さんはこちらの飾り
桃の節句に相応しいと勝手に判断!
とっても可愛らしいお雛さんです ^^

Ituki03
壁際には雛絵と手作りのお雛さん

この下には「斎王雛」と立札がありましたが、
たくさんの手作りびなが並びます。

そしてメイン会場

Ituki041
正面左手と

Ituki042
正面に飾られた雛飾りです。

御殿飾りがふたつと段飾りが年代順に並びますが、
その中から古いものから3つを

Ituki05
ガラスケースの中で写り込みがありますが敢えて ^^
江戸末期の御殿飾り。

玄関続きの白木造りはどこかで見た記憶がありますが・・・?
思い出せないのは年のせいか ><;
人形の並びは別としてこの屋根の造りは初めてです。

Ituki06
こちらは大正9年とありました。
内裏雛だけを切り取りましたが雅楽の五人囃子です。

Ituki07 
Ituki071 
昭和8年の段飾り
仕丁の持ち物が箒、塵取り、熊手で京風(関西風)ですが、
久しぶりに見ました ^^

とまぁ、お雛さんはこんなところで、
この日は「装束試着体験」に予約が入っていました。

はじめてみる装束試着にチョッと興味が・・・
この日の体験者は小学6年生の男の子です ^^
装束は直衣(のうし)、貴族の普段着ですね。

許可をもらって撮らせていただきました。

Ituki08 
Ituki09 
装束の着付けを見るのは初めて
何が何かよく分かりませんでしたが・・・。
着付けを始めてから冠を付けて終わるまで約30分ほど。

Ituki10
若く凛々しい平安王朝人の直衣姿が完成です ^^

こちらでは十二単の装束試着体験は有料ですが、
小袿(こうちき)は自由に着ることができます ^^
初めての装束試着を見せてもらった
~いつきのみやの春「桃の節句」~でした。

これで終わろうと思ったんですが一気に公開!
この近くにある「斎王歴史博物館」の傍にある梅林へ。

Ituki11
Ituki12
紅梅、白梅が咲き乱れる梅林!
7分咲きぐらいでしょうか?

Ituki13
Ituki14

この27日の日曜日には
「第7回 いつきのみや梅まつり」が開催されます。

Ituki15
Ituki16

二度に分けるつもりの
「いつきのみやの春 「桃の節句」と梅林でしたが、
美し国 三重 ひな街道」はまもなくそれぞれに終わるため
チョッと先を急ぎました ^^

残る雛まつりは「津・大門のおひなさん」
この後立ち寄りました。

2011年2月25日 (金)

あげきのおひなさん

三重県いなべ市北勢町阿下喜地区で開かれている
「あげきのおひなさん」
昨年は見に来ることができなかったので2年ぶりです ^^

まずはメイン会場の「ウッドヘッド三重」から

Ageki001
入り口を入ると右に親王飾り、
正面には黒木造りの7段飾りが迎えてくれます。

”1階奥の和室には大正雛があります”、との案内板

Ageki002 
今までは2階に展示されていた大正10年の御殿飾りと、
源氏枠飾り(これも大正初期のものと思われます)が
並べて飾られていました。

2階へ

      Ageki003
一番左には折り紙で作られた段飾り ^^

そして会場はこんな飾りです。

Ageki004_2
Ageki005
Ageki006
毎年(昨年は見ていませんが)
飾りに工夫されているのがよく分かります。

では町なか雛めぐりへと出かけましょうか ^^

Ageki007
ガラスの窓越しですが、
昭和4年と書かれていました綺麗な屏風飾りです。

この町もまたガラス越しの雛めぐり、
激しい写り込みは撮っていませんが多少のものは敢えて・・・。

Ageki008
こちらは以前にも載せましたが
”お休み処”に飾られていた明治の頃のお雛さん。
明治の後期頃でしょうか?

こちらは中に入れていただきました ^^

Ageki009 
昭和後期の飾りがふたつ

      Ageki010
こちらは平成でしょうか?チエックもしませんでしたが、
新しい段飾りもまたそれなりに・・・よろしいですね ^^

Ageki011
ここは以前には第二会場だったところ

Ageki012 
ここも飾り付けには苦労されています ^^

Ageki013 
昭和40年代の木目込雛
娘さんのために作られたお母さんの手作り雛だそうです。

Ageki014
こちらは新しい木目込み
最近は手作りの木目込みがたくさん見られますが、
これもそうでしょうか?

      Ageki015_2             
お部屋のガラス戸を開けていただいていたお家の段飾り、
吊るし飾りがあって華やかです。

Ageki016_2 
こちらも個人のお宅ですが、
やはり飾りものがあると雰囲気が違いますか?

今年は町なかの約100箇所に飾られているお雛さん!
2年ぶりの「あげきのおひなさん」でしたが、
回を重ねるごとにお雛さんが増えているようです。

2011年2月24日 (木)

中山道・南木曽から倉本

少し暖かくなり日も長くなって久しぶりの街道歩きに出ました。

今回は中山道
今まで歩いた中で、ちょうどこの区間だけが抜けたまま、
その南木曽から倉本までです。

Nagiso 
南木曽駅から妻籠に向かって少し戻り、
D51のある鉄道公園の先で中山道に入ります。

最初の三留野宿を通過し次の野尻宿へ向かいますが、
しばらくは何もない国道19号線を歩きます。

柿其渓谷入り口でようやく国道を離れます。

Nakasendo01
十二兼駅を過ぎて大桑村に入っても見るところ無し ><;
並行する中央本線を走る列車(これは特急しなの)が旅の友 ^^

Nakasendo02 
野尻宿の手前で雪の南アルプス(中央アルプスの間違いです^^;)
連峰がみえました。

そして、三留野宿から2時間ほどでようやく野尻宿です。

Nakasendo03
ここが宿場の西のはずれで
この家の屋号が「はずれ」だそうです ^^

木曽十一宿の中でも旅籠や茶屋が三十余軒もあって繁栄し、
今もその面影を残すという・・・今回はただ通り過ぎるのみ。

Nakasendo04
再び中央本線と並走する道を行きながら・・・
ここからしばらくは正面に見える雪の中央アルプスが旅の友です。

道が再び国道に合流すると「道の駅大桑」です。

Nakasendo05
少し早かったんですがこの先食事処は期待できず、
ここで早めの昼食と休憩です。

こうしたところで休憩や食事をすることは稀です。
この国道沿いにはコンビニがほとんど無く、
このあと1箇所だけを見かけただけでこれは正解でした ^^

道の駅を後に先を行きます。

Nakasendo06
見える町は大桑村
駅の手前で国道を離れ大桑の町なかへ。
すぐに弓矢集落の山側に続く長いだらだら坂を登って行きます。

道の駅を出て1時間程で岩出観音堂に到着

Nakasendo07 
京都の清水寺に似た懸崖造りで、
木曽の清水寺ともいわれるという観音堂です。

Nakasendo08
その舞台からの景色 ^^

そしてこの日の楽しみでした須原宿です。


Nakasendo09
何度か道を間違えてようやくたどり着きましたが、
その前に寄り道です。

すぐ傍にある「定勝(禅)寺」

Nakasendo101
いつも車で国道の看板を見るだけでしたが
初めての立ち寄り。
といっても旅の途中で入り口と境内だけです ^^

Nakasendo102
Nakasendo103
山門と本堂
あとは雪の残る境内を見て先を急ぎます。

      Nakasendo11
      須原宿
      ここはまた水舟の里

Nakasendo12
町のあちらこちらにある水舟

水舟(みずぶね)
檜の大木を刳りぬいて水を溜め共同井戸として利用し、
飲料水としても使われています。

Nakasendo13
こちらは「子規の歌碑」

Nakasendo14
そして須原駅の傍に建つ「幸田露伴と須原宿の碑」

肝心の宿場の様子は載せていませんが、
ここには本陣跡に脇本陣跡が残り、
宿場にもかっての面影が色濃く残ります。

そして再び長い国道歩きが続き、
この日の目的地の倉本駅でした・・・が。

Nakasendo15
すでに発車する上りの電車、
この時点ではまだ余裕でしたが・・・。

駅舎で見る時刻表には次の列車は2時間後と ><;
予定より1時間以上も早い到着があぁ無常!
中央本線ローカル区間の見事なダイヤです。

余談ですが ^^
この後思わぬ展開で他人さまの親切に触れ、
身にしみて嬉しい旅の結末でした。

2011年2月23日 (水)

世界の椿園・尾鷲市

雛まつりはチョッと休憩して梅園といきたいところですが ^^
まだ咲き始めから3~4分咲きの情報が多く、
今しばらくは咲くのを待つとして・・・今回は椿です。

尾鷲市大曽根公園内にある「世界の椿園」、
存在は知っていたんですが何度も行く機会を外していました。

この日から始まった椿園の案内(3月までの土・日・祝日限定)、
今回はこのためにだけで行きました ^^  camera 20日

Tsubaki01
ここが入り口のひとつ

公園の駐車場から遊歩道を来るか車道を来るか、
それともそのまま椿園に車を入れるかですが・・・
こちらは駐車場が狭いので要注意!

Tsubaki02
公園から来る遊歩道はこの右の道になります。

さて、椿ですが

Tsubaki03
Tsubaki04 
どこに咲いているのか?分からないほどで ><;
これはまだ早すぎた・・・と思いながら。

”♪椿咲く~~~春なのに~~”にはまだ遠い ^^

Tsubaki05 

園内には国産種541種、外国産種184本、725本の椿と、
市の花であるやぶ椿が約3、000本植樹されていると。

とにかく山の中に植えられている椿の木は凄い数で、
まるで椿の森、その1本1本に名前が書かれています。

これらはすべて県内外からの基金を募って植樹されたもの。

Tsubaki06
Tsubaki07
まぁ、今は花の数より木の方が多く探しながらの散策、
椿展も開催されるようですがそれはまだと。

Tsubaki08
緩やかに上っていく遊歩道
道の左右はすべて椿の木です ^^

Tsubaki09
Tsubaki10
Tsubaki11
パッとは咲いていませんが
まぁ、それなりに楽しみながら・・・。

Tsubaki12
途中で遊歩道が二手に分かれますが、
どちらを行っても上から回って来るとここで合流します。

右手から行きました ^^

Tsubaki13
Tsubaki14
花だけ見ていると結構咲いているように見えますが、
まだまだ蕾が多く、そんな中から・・・選んでいます。

Tsubaki15
最上部から下ると外国産種の椿園

Tsubaki16 
Tsubaki17

満開となったこの椿園を見てみたいものですが、
いったいどんな感じなんでしょうね ^^
ただ、これだけ椿の木が多いと、
意外と満開という感じがしないかもしれないかも?知れません。

Tsubaki18
椿園から見る尾鷲湾

このあと大曽根公園の展望台に行きましたが

Koen01
こちらにはたくさんのヤブツバキが咲いていました。

そして展望台

Koen02
目の前に広がる尾鷲湾

チョッと曇り空で霞んでいましたが、
ここから眺める景色もまた格別でした。

2011年2月22日 (火)

日野ひなまつり紀行 Ⅱ

日野のお雛さん見て歩きの続きです。

今年は初公開された神社のお雛さんを初め、
町なかでも多くの古雛を見ることができました。
今回はそんな中からいくつかの古雛を中心に載せます。

まずは綿向神社に伝わる由緒あるお雛さん!
本来は26日から公開との事であきらめていたんですが、
なんと、この日は公開されていました。(ラッキー \(^o^)/)

Hino01_3
会場は綿向神社の社務所です。

Hino02
並ぶお雛さんは江戸時代後期の内裏雛

Hino03 
右手奥にはこの白木造りの御殿飾り
明治末期から大正期とあります。

その江戸後期といわれる内裏雛から

Hino04 
Hino05
お顔の造りと衣装がまったく違うふたつの古今雛です ^^

Hino06
こちらは明治14年4月に京都で作られたと。
説明がありましたがその由緒のとおり素敵な雛飾りでした。

町なか雛めぐりに戻りますが、
ここからは中心部も西会場が中心になります。

Hino071 
先に出しました木目込立雛のお店です ^^
古い羽子板が並びますがこの古雛もまた素晴らしいもの。

Hino072
Hino073
このあたりも江戸後期から明治初期でしょうか?
とにかく見ていても飽きませんね ^^

こちらも通りで見せてもらった内裏雛

Hino08 
個人のお宅ですが江戸中期から後期?の享保雛、
こんな町なかで見るのは初めてで驚きました。

このあとは「近江日野商人館」から双六町、清水町、内池町へと
巡って行きます。

      Hino091 
      飾りに惹かれて思わず案内を乞うたこちらのお宅

Hino092

明治元年に造られたというお家ですが、
その部屋に飾られていたお雛さんです。

Hino093
明治42年の雛人形という・・・
重厚なお家の部屋にピッタリの親王飾りです。
この右手には御殿の段飾りもありました。

そしてこちらは注意しないと気が付かないお宅

Hino10
流れるひなまつりの歌に導かれて板塀をくぐりました ^^

明治初期の古今雛でしょうか?
このイベントのおかげで30年ぶりに飾ったそうですが、
ひとしきりご主人とのひな談義でした。

チョッと表通りに戻ります ^^

Hino111
Hino112
ガラスへの写り込みが激しく一旦通り過ぎたんですが、
情報をもらって改めて近くから撮りました。
ともに江戸後期の内裏雛、何も言うことがありません!
素晴らしい古雛でした。

今年も楽しませてもらった「日野ひなまつり紀行」
最後はやはりこちらのお宅でした。

Hino121
「ふるさとのおもちゃ館」
素敵な古雛と凄い郷土人形が並びますが。

”だんだんと馬力がなくなって今年は飾れなかった”と
おっしゃってみえましたご主人・・・冗談でしょうが ^^

今年はこれをと

Hino122
近江を代表する郷土玩具、ピンピン鯛とピンピン馬。

子供の誕生の際に疱瘡除けとして男児にはピンピン馬を、
女児にはピンピン鯛が贈られたそうです。
ようやく手に入れたと、貴重な郷土玩具を見せていただきました。

今年も「日野ひなまつり紀行」
初めてのお雛さんもたくさん見られて例年になく充実した一日、
そんな日野の”町なかひなめぐり”でした。

2011年2月21日 (月)

日野ひなまつり紀行 Ⅰ

今年もまた「日野ひなまつり紀行」が始まっています。

滋賀県日野町で行われる恒例のひなまつり、
今年は初めて見るお雛さんもあって、
例年になくゆっくり、じっくりと一日かけての雛めぐりでした。

まずはそんな町なか雛めぐりから。

Hinohina01 
Hinohina02
今年の「まちかど感応館」の雛飾り、
他にもいつもの古雛が並びますが・・・
以前に紹介しているもので、この日はまず町なかへ。

といいながらすぐ前にありますお家のお雛さん。

Hinohina03
今年初めて公開されている個人のお宅ですが、
素敵な内裏雛が飾れれていました。

そしてもうひとつを先に ^^

Hinohina04
こちらも初めてお邪魔したお店ですが、
この御殿飾り
屋根が畳のような素材で葺かれているようにも、
糸で織られているようにも見えますが・・・
チョッと珍しい葺き屋根ですが三河で造られたものとか。

町に戻って、さじき窓から見るお雛さんです ^^

Hinohina05 
Hinohina06
Hinohina07
Hinohina08

日野でしか見れない”さじき窓のお雛さん”ですが、
雛飾りを写真で撮ると反射が激しくここは雰囲気だけで ^^

Hinohina091   
こちらは格子越えに

そのお雛さん

Hinohina092
御殿飾りでしょうね?
木目込の可愛い段飾りでした。

Hinohina10

町なかの素敵な飾りを見て行きますが、
とにかくガラス越しには撮れないお雛さんが多いですね~。

Hinohina11
こちらは古雛、古い羽子板などが並ぶお店でしたが、
その中からこの木目込立ち雛です。

Hinohina12
Hinohina13

工夫を凝らした町なかの飾り、
それぞれに楽しませてもらいました。

Hinohina14

今年はお馴染みの”竹筒飾り”と
俳句の書かれた短冊の下がる”ほい飾り”が
玄関先と店舗の前に飾られて華やかです。

まずは町なかめぐりから次は古雛を中心に・・・続きます。

2011年2月20日 (日)

長浜のお雛さまめぐり

長浜盆梅展のあとは長浜の中心部で町なかめぐりでしたが、
今年で第3回目という「長浜のお雛さまめぐり」です。

実はこの日、
以前に買った「浅井三姉妹博覧会」の3館共通券で残った、
「長浜黒壁・歴史ドラマ50作館」を見る予定でした。

その途中の大手門通りでたまたま目に入ったお雛さんから、
このイベントを知りました。

Hinameguri01
これはもう、当然ですがこちらが優先です ^^

Hinameguri02
Hinameguri03
通りのお店に飾られたお雛さんに雛道具

そして最初にお邪魔したお店の雛飾りがこちらです。

Hinameguri04
並ぶ雛飾りは
奥から明治、大正そして昭和初期のもの。

どれも素晴らしいですがその中から

Hinameguri05
この明治の内裏雛は古今雛の親王飾り、綺麗です ^^

ご主人の話を聞きながら、
この前のお店に大きなお雛さんがあると聞きます。

Hinameguri06
早速伺いましたが、驚き!
江戸後期だそうですが大きな古今雛です。
天冠も素晴らしいですが、やはり御髪の傷みが辛いところ、
しばし、お話を聞きながらビックリのお雛さんでした。

そして、ながはま御坊表参道へ

Hinameguri07
こちらのお店にはこの飾りです。

大きい内裏雛は”明治28年の第三回内国勧業博覧会
褒賞三等有功賞 ”との説明書きが。
立ち官女三人の身のこなし、他の人形の表情、姿なども
また珍しいものです。

そして中央の内裏雛

Hinameguri08
”おそらく江戸後期の作” とあり、元は御殿雛でしたとも、
とすれば源氏枠飾りだったのでしょうか?
いずれにしても江戸後期から明治初期のものでしょう。

そのあと見せてもらった店でまた情報を聞きますが、
これぞまさに雛めぐりの醍醐味です ^^
こちらは少し離れているので最後の楽しみに・・・。

そして大通寺からゆう壱番街を西に向かいます。

Hinameguri09 
こちらのお雛さんは段飾りでしたがその内裏雛を、
昭和29年頃とおっしゃってみえましたがこれも年代物です。

Hinameguri10
こちらは道筋で唯一見た御殿飾りでした ^^

さらにこちらの飾り

Hinameguri11
さすがに雛飾りよりそのいる口に驚きましたが、
お雛さんも素敵でした。

そして初めて見ました立太子・・・

Hinameguri12
以前どこかで見たような気もしますが?
こんな新しい物ではなかったですね。

Hinameguri13 
このお雛さんはとても綺麗な内裏雛でしたが、
見る方は(撮る方か?)チョッと辛いものがあります ><;

では、教えていただいたお店です。

Hinameguri14
中心街から少し外れたところにありますが、
この内裏雛
寛政12年(210年前)とあります古今雛です。

こうしたイベントがないと出すことのなかった雛飾りですと、
奥様が仰ってみえました。
素敵なお雛さんを大事にしていただきたいものです ^^

雛めぐりを終えて・・・

Hinameguri15
こちらがこの日の目的でした「長浜黒壁・歴史ドラマ50作館」
これにて「浅井三姉妹 博覧会」の3館は観覧終了。

「長浜お雛さんめぐり」と「長浜浅井三姉妹博覧会」、
思わぬところから嬉しい長浜の町なか歩きになりました。

2011年2月19日 (土)

長浜盆梅展・長浜市

2年ぶりの長浜市慶雲館「長浜盆梅展」でした。

今年のパンフレットのタイトルは「第60回 紅白梅合戦」、
すでに始まっております「江・浅井三姉妹博覧会」とのセットでPR!
” 見所いっぱい春の長浜へ、みんな揃ってレッツ・江 ”

だ、そうですが^^ 今年の慶雲館は

Bonbai01
雪はありませんでしたが・・・
あいかわらずの凄い人です ><;

Bonbai02
玄関の盆梅はこちら
人が多くてちょっと正面からは撮れずに隅っこから  ><;

盆梅の咲き具合は今7分咲きとか・・・
大広間の様子です。

Bonbai03
Bonbai04
盆梅を撮るにも、ある程度は待ちとタイミングが必要!
そしてあつかましさでしょうか?

では、他では類を見ないという巨木・古木の盆梅です。

      Bonbai05 
それぞれに名前が付けられて解説がありますが、
毎年この場所に展示されている? ”不老”(樹齢伝400年)。

あとは展示されていた中からいくつかを。

Bonbai06
花音(かのん)

Bonbai07_2 
昇龍梅の上部ですが、
最新情報ではすでに満開が過ぎて
他の盆梅に入れ替わったようです ^^

部屋を移ります

Bonbai08
庭園に雪は少し残りますが、
この日は快晴でした。

Bonbai09
売店前にあるこの盆梅も古木のひとつ。

1階にある次の展示場へ

Bonbai10
左側

      Bonbai11
      その中のひとつ・・・名前は?

右側を順に並べます。

      Bonbai120 

Bonbai12
この盆梅の前にはたくさんの人が集まっていましたが、
この盆梅は”江”だそうです。
”茶々”と”初”はすでに入れ替えられたそうです ^^

Bonbai13 
ミニ盆梅の飾りも入れておきましょう。
      
このあとは2階へ

Bonbai15

2階にはミニ盆梅や
中国四川省産の白梅、紅梅などが並びます。

そして最後はこちらです ^^

Bonbai16
やはり、あると気になるミニ雛飾り?
黒壁ガラス館のガラス雛でしょうか。

見事な古木はさすがに歴史ある「長浜盆梅展」。
いつもながらたくさんの人の中で、
今年もまた見事な盆梅を楽しみました。   camera 16日

2011年2月18日 (金)

二川宿本陣ひなまつり

また今年も行ってしまいました ^^
豊橋市二川にある二川本陣資料館。

すでに始まっています「本陣まつり・ひなまつり」です。

Honjin01
入り口の紅梅も咲き始めていました ^^

毎年の訪問で同じお雛さんですが、
今年はその展示の様子をご紹介します。

Honjin02
母屋に入った右手の部屋に飾られている壇飾り

左手の勝手口には

Honjin03
この段飾り
手前にあるのは吊るし飾りの小物です ^^

そして右手にある板の間

Honjin04
Honjin05
いつもながら凄い吊るし飾りと飾り物
そして今年は大名行列の人形が並びます!

次の間です。

Honjin06 
左の部屋には手前と奥に御殿飾りがあり、
その間と右の仕切りには吊るし飾りがびっしりです。

Honjin07
御殿飾りは昭和20年代から30年代のものですが、
こちらはその片側の御殿段飾りです。

赤い絨毯の先にある台所部屋へ

Honjin08 

ここはの左手には大正期から明治、昭和の御殿雛が並び、
右奥に天神御殿、右には吊るし飾りと配置は毎年同じです。
配置と展示物が違うのは右手の間、
今年は大正2年の内裏雛が飾られていました。

Honjin09
右手の奥にあるのがこの天神飾りですが、
これもここの見どころでしょうか ^^

そして書院棟へ
最奥の上段の間を見て戻る書院棟

Honjin10
こちらの部屋にも吊るし飾りです ^^

Honjin11
この部屋には昭和40年頃の段飾りです。

次が玄関棟

Honjin12
こちらには昭和52年(手前)と
昭和62年の7段飾りが並びます。

そして母屋に戻って勝手間です。

Honjin13
こちらには昭和初期から中期の御殿飾りです ^^

とにかく御殿飾りが多いんですが、
やはりその大半は昭和30年代が中心です。

本陣のあとは別棟の資料館
その第二展示室にもお雛さんが展示されています。

Honjin14
こちらには明治からの古雛を中心に、
全国の土雛、天神びななど多彩な雛飾りが楽しめます。

では、この日の飾りの中から・・・
やはり御殿飾りの一番煌びやかな時代のものを ^^

      Honjin15
      昭和35年の御殿段飾り

Honjin16
これもまた同時期の御殿飾り ^^
昭和30年代には関西を中心に流行した御殿飾りですが、
その後は次第に段飾りや親王飾りへと移って行きます。

今年はこれまでの復習もかねて、
時代につれて変遷するお雛さんと御殿飾りを楽しみました。

2011年2月17日 (木)

豊橋向山梅園・開花情報

早咲きの花が咲き始めたとの情報から少し日が経ち、
そろそろいいかなと思いながらもこの寒さのぶり返しに、
梅はどうなっているかと?出かけてみました。

豊橋市の向山梅園です。

Mukaiyama01
梅園東入り口
ここから西の梅園口まで梅の開花状況を見て行きます ^^

梅の木にはすべて名札がかかっていますが、
それはまぁ後ほど少しだけ ^^今はこんな状態でした。

Mukaiyama02
Mukaiyama03
Mukaiyama04

中央部から西口へと行きますが、
アップも入れながらの開花の様子です。

Mukaiyama05
Mukaiyama06
Mukaiyama07
紅白の梅、
紅梅は寒紅梅が主ですが、
白梅は白加賀、冬至、小梅など・・・。

寒くて風の強い日でしたが、
梅の花びらを見ると少しは暖かさを感じます。

Mukaiyama08
Mukaiyama09
鹿児島紅がひときわ目を引きます。

Mukaiyama10
Mukaiyama11
Mukaiyama12
西の入り口に近付きましたが、
こちらは寒紅梅が多いですね。

Mukaiyama13
Mukaiyama14
梅園の西口です。

満開まではまだ少し先ですが、
一度ここの満開の様子を見たい!
今日もそんな開花状況でした。

もう一枚 ^^

Mukaiyama15

鳥さんの名前は分かりませんが・・・ ><;
チョッと遊び心で ^^    camera 15日

2011年2月16日 (水)

山田奉行所記念館・伊勢市

江戸町奉行・大岡越前と山田奉行所、
ご存知の方も多いと思いますがこの奉行所の存在は?
そして今は?となるとあまり知られていないかと・・・、
そういう我が身もまさかこんな資料館があるとはと知らず ><;
ちょっと訪れてみました。

以前は奉行所跡があるだけだったとしか記憶に無かった?
その場所に一部が復元されたという「山田奉行所記念館」。

Yamada01
ちょうど真ん前に車が止まっていて、
こんな角度からしか撮れませんが長屋門風の入り口です。

案内を乞うて中へ(もちろん無料です ^^)

Yamada02
玄関に向かいます。

” 弘化2年(1845)にほぼ全焼した山田奉行所を、
翌弘化3年(1846)に新築したときの図面「新造小林役所之図」
などに基づき、書院、お白州などその公的部分の一部を
復元したものです・・・ ” と。

Yamada03_2
ここは玄関の間。

玄関の障子を開けるとこの大太鼓!
軍陣に太鼓は付き物だそうですが・・・自由に叩けます ^^
ドド~~ン!!!と、もの凄い音に叩いた自分がビックリ!?

Yamada04
そしてウインドの中には御座船です。

山田奉行所は海上警備も任務のひとつで、
関船、鯨船などの軍船8艘を保有。
そのうちの御座船が「虎丸」である・・・。

Yamada05
次の間ですがこの左手にある机で記帳し見学です。

その横にはこんな掛け軸も

Yamada06
家中法度の軸

Yamada07
次の間は奉行所の執務室のひとつ「証文所」

そして右手の部屋

Yamada08
正面中央に並ぶのは

 Yamada09_2 Yamada10_4
真ん中の地図を挟んで、
床には弓矢が置かれ弓の間と、立合誓断之絵図と呼ばれる
絵図面ですが・・・詳細は省きます。

そして、奉行所と言えば・・・やはりこれ

Yamada11_2
お白洲ですね~ ^^
いまさら説明もしませんがただ周りに壁はありません。

あの大岡能登守忠相は18代奉行として、
ここに正徳2年(1712)から4年間任務しています。

Yamada111
振り向けば桜吹雪?の襖絵 が
次の間へと案内してくれます。 ^^

Yamada12
この部屋には山田奉行所の模型がありました。

この建物の一部

Yamada13
この部分が復元されて記念館となっています。

御薗村が伊勢市に合併(2005年11月)される直前に、
復元が完成したというまだ新しい施設です。

Yamada14
書院です。

Yamada15_2
掛かる書は
第47代奉行(最後から2人目)秋山安房守正光が、
古市の麻吉楼で遊んだときに、
宿の主人の求めで揮毫したという書だそうです。

これが山田奉行所の再現された建物でした。

Yamada16
最後はこの奉行所の位置関係の航空写真。

右に流れる宮川の河口、
そしてすぐに海に面している場所にあります。
伊勢市内には山田奉行所跡の標柱が見られますが、
それは奉行所の出先所であったそうです。

2011年2月15日 (火)

足助中馬のおひなさん

3年ぶりのご無沙汰でした ^^
愛知県豊田市足助町の「中馬のおひなさん」です。

これだけ間隔が開いてもそんな気にはならないほど記憶に残る
”中馬のおひなさん”ですが、
今回は初心に帰って町並みの様子とお雛さんを見ていきます。

まずはおひなさんめぐりの拠点・足助交流館から

Asuke01
今回も昭和30年代の御殿飾りを中心に、
徳島県の勝浦から里親となった足助に来ている
たくさんのお雛さんが館内に並びます。

戻って西町から足助の町並みをめぐります ^^

Asuke02 
玉田屋旅館の玄関に飾られた雛人形
旅館というより旅籠の名が似合う風情にある建物です。

道筋にはたくさんの飾りがありますが
気に入った中から

Asuke03
書かれている年代は買われた日でしょうか?
木目込立雛人形 ^^

中橋を渡り新町筋に入ってまずは左へ

Asuke04
ここのお宅は二階に飾られていました ^^

Asuke05
こちらはにはこんな竹びなが・・・。

道を戻ります。

Asuke06
新町の町並み
まだ早かったためか人は少ないですね。

Asuke07
新町郷蔵
飾られているのは大正後期のお雛さん。

Asuke08
餅花が飾れれた道筋、
久しぶりに見ますが・・・年を重ねるごとに華やかに感じます。

Asuke09
大正初期のお雛さん
ガラス越しを避けて中から斜めですが綺麗な古今雛です。

Asuke10
ちょっと道筋を離れますがこちらのお宅には
手作りの吊るし飾りと雛飾りが素敵です。

道は本町に入ります。

Asuke11
菓子処の店先に飾られていたひとつ
大正2年の内裏雛
綺麗に保存され思わず見入ったお雛さんでした。

この先の本町区民館には土雛がたくさん飾られていますが、
今回は見るだけで先を行きます ^^

Asuke12 
こちらは店舗の奥に飾られていましたが
大正・昭和のお雛さんが並びます。

そして田町の通りです。
 
Asuke13
これも以前に載せたような気もありますが明治の古今雛、
このお店には他にも土雛や内裏雛が飾られています。

Asuke14 
Asuke15 
田町の道筋の飾りです。

そして「田町中馬館」

Asuke16
大正初期の白木の源氏枠飾り

Asuke17
江戸後期の享保雛
飾られている古雛の中から選びました。

Asuke18
かっては銀行だった中馬館
その奥にある金庫の中には煌びやかな御殿飾りです。
昭和30年代の御殿でしょうか?

新田町に入って残るはもう少し ^^

Asuke19 
酒屋さんの店先にあったこの源氏枠飾り、
初めてか?記憶に無いんですが御殿と人形は別物、
白木造りは大正初期のものでしょうか。

そして雛めぐりの最後はここ

Asuke20 
このお家にある江戸後期の享保雛
享保雛も少ないですがこれはかなり大きなもので、
何度見ても飽きない素晴らしいお雛さんです。

「中馬のおひなさん」、ここが最後のお店ですが、
この家の2軒手前のお家にあったこの人形

Asuke21
なんと言いましょうか・・・
見ていても楽しい表情ではありませんか ^^

その数いくつ?と思うほどのお雛さんが飾られている
足助の町並みを中心にめぐりました。
3年ぶりの足助町、余分ですが今年もムチャ寒い日でした。

2011年2月14日 (月)

正月堂修正会・伊賀島ケ原

三重県伊賀市島ヶ原にあります正月堂(観菩提寺)で行われた
正月堂の修正会(しゆしょうえ)。  

前日の「節句之頭行事(せきのとぎょうじ)」のひとつ、
練り込みに続いて行われた「正月堂おこない」と言われる
修正会の結願法要です。   camera 12日
  
Syogatudo01
正月堂の楼門

Syogatudo02
本堂
この中で法要が営まれます。

Syogatudo03

連行衆と呼ばれる僧侶の読経で始まった修正会

Syogatudo04
神主による修祓いがあって
このあと法要の行事は延々と続きます。

途中で僧侶によって何かまかれたんですが?

Syogatudo05
それが何を意味するのかが
手元の資料を読んでもよく分かりません ><;

そして中盤に行われた”ほぞの木の驚覚(きょうかく)”

Syogatudo06
手前の関係者の人が邪魔になって何も撮れません ><;

Syogatudo07
Syogatudo08
本尊の厨子を巡って牛玉杖(ごおんじょう)と
呼ばれるほぞの木で本尊厨子を乱打しながら、
本尊前で体を床に投げ出す「五体投地」を繰り返しますが、
その様はここからは撮れません。

Syogatudo09
ときおり雪の舞う寒い日でした ^^
本堂前に敷かれた莚の上で足元から寒さが襲ってきます。
暖を取るためいったん外へ出た本堂。

戻ったらこの修正会の見せ場
”達陀行法(だったんぎょうほう)”が始まりました。

ここからは暗い本堂で行われる行事、
ボケ写真が多いですが敢えて載せていきます ><;

Syogatudo10
Syogatudo11
水天、火天の連行衆2名により行われる火と水との荒行。

説明は手元の資料にありますがあとで少しだけ ^^
ここはもう見ていただければと・・・

Syogatudo12
Syogatudo13
Syogatudo14
Syogatudo15

狭い堂内
厨子の周りを下駄で床を鳴らし駆け回りながら、
本尊前で松明を振りかざし、水を撒き散らす火天と水天。

Syogatudo16

お堂に響き渡る鐘、太鼓の音の中で行われる荒行!
飛び散る火の粉に思わず大丈夫かしらん ><;

Syogatudo17
Syogatudo18
松明を振りかざす火天と水を振りまく水天

資料には
”まず水天が阿伽器に香水を満し、榊を以って本尊前台壇上の
供勃等を加持し、小走りに行道すれば、火天は柄松明を振りかざ
しつつ行道し、火炎を振って潔済する。・・・・
火の粉と水とを振りまいて火と水との一大修羅場となる。・・・”と。

Syogatudo19

2時間に近い修正会でしたが、
その見せ場はほんのわずかでした ^^

奈良二月堂の修二会に先がけて行われた
島ヶ原正月堂の修正会。
また、珍しい古儀式を見せてもらいました。

Syogatudo20

雪と雨は止みましたが
霞む山並みに囲まれた伊賀市島ヶ原でした。

2011年2月13日 (日)

大府市歴史民俗資料館

大府盆梅展が開かれている大倉公園の入り口にあります
「歴史民俗資料館」。

”第3回 資料館ひなまつり”の案内に思わず立ち寄りました。

      Obuhina01
      資料館入り口に飾られた8段飾り
資料には昭和55年頃とありますがいろんな人形も。

左手のガラスケースには親王飾りと土人形が

  Obuhina021_2Obuhina022_2 
その親王飾り
こちらは明治35年頃とありますが
後ろが鏡になっていて後姿も見ることができます ^^

では、館内へ

Obuhina03
1階フロアー中央には明治初期の
大府地域の民家(農家)が復元されています。

Obuhina04
雛飾りはこの民家を中心に展示されていました。

Obuhina05
この部屋には大正期の親王飾り

そして

Obuhina051
そしてテレビの上には紙粘土の親王飾りです。

部屋を回ります ^^

Obuhina06_2
続きの間にはご覧のとおりの雛飾り

順に見ていきます。

      Obuhina07
最初は可愛い稚児の木目込段飾り(昭和63年頃)

Obuhina081
Obuhina082
こちらは御殿飾りとその内裏雛(昭和7年頃)

Obuhina101 
その横には7段飾りですがその4段です。

Obuhina102
内裏雛と三人官女(昭和28年頃)

そして雛道具から

Obuhina103
おはぐろに使う道具だそうですが・・・
”ひいな”の飾りにおはぐろとはこれいかに?

そしてガラスで仕切られた展示室

Obuhina111 
明治初期と書かれた白木の源氏枠飾りがありました。
小さく見えますが大きくて立派な造りです。

この左横から2階の展示室へと行きます。

Obuhina112 
こちらは市内の文化財分布立体地図模型が設置され、
その所在地がボタンひとつでわかるようになっています。

その展示室の雛飾り

Obuhina12
ひとつはこの土雛(昭和50年頃)

Obuhina13 
そしてもうひとつはこの親王飾りです。
江戸末期の古今雛
お顔も衣装も、そして天冠も素敵な内裏雛でした。

盆梅展を見に来て
思わぬひなまつりに出会いました「大府市歴史民俗資料館」、
それぞれに楽しませてもらった各時代のおひなさんでした。

2011年2月12日 (土)

大府盆梅展・大府市

雛めぐりの間に訪れました愛知県大府市にある大倉公園。

ただいま開催されている「大府盆梅展(~2月13日まで)」
公園は以前に紹介していますが盆梅展は初訪問でした。

Obu001
公園入り口の茅葺門、
平成21年10月に葺き替えられて新しくなりました。

Obu002
盆梅展の会場は二ヶ所でその第一はこちらの管理棟です。

Obu003
盆梅には詳しくありません ><;
ただ、並べますが、
素人にもなるほどと思う盆梅です ^^

Obu004
梅に名前がありますが、
ひとつだけ紹介したら他に失礼かと・・・ ^^

      Obu005 
      紅白二色分けですね。

次の間に

Obu006 
座敷部屋に並ぶ盆梅

Obu007
Obu008
とても盆梅の解説はできませんが、
どれも素晴らしいものなのでしょうね。

Obu009
これなんか素人が見てもはぁ~盆梅だと思いますが
そんな簡単なもんではないと
愛好家の方はおっしゃっていられます ^^

Obu010 
こちらは第二会場の休憩棟(普段はです ^^)
部屋に盆梅が並びますが、
その前に屋外の盆梅を見ていきました。

      Obu011
      庭の入り口だけを・・・ ^^

そして建物の中へ

Obu012
      Obu013
      Obu014 
休憩棟3部屋に飾られている盆梅から適当に選びましたが、
如何でしょうか? これじゃダメ!? ><;

では好みで一枚を

Obu015 
もちろん盆梅ではありません ^^

大府盆梅展
今年で20回を迎えるという人気の盆梅展だそうですが初訪問、
この日も大勢の方が訪れていました。

2011年2月11日 (金)

瀬戸のお雛めぐり 其のⅡ

「久米邸」のお雛さんを見せてもらって外に出たら、
”古典雛展示”の案内がありました。

その案内に沿って家の横に回ると
”この蔵の2階にもお雛さんが展示してあります”
と、声をかけていただきました。

”見せていただきます”とお礼を言って蔵の中へ

Seto01
いきなり目に入ったこの内裏雛

何気なく飾られていましたが久しぶりに
内裏雛を並べます ^^

  Seto021Seto022 
明治の初期のものでしょうか?綺麗なお雛さんです。
天冠も素敵で綺麗に保存されています。

そして2階にお邪魔しますが・・・

      Seto03
これもまたビックリの箱階段
こういう場所で昇らせてもらえるとは思わない代物です。

そして2階の雛飾りに2度ビックリ!

Seto04
撮ってる後ろには古美術的な屏風がありますが、
部屋の三方の壁際にはびっしりと雛飾りが展示されています。

ちょっと暗くてカメラのISOも最大にしていますが
光の入り方とも明暗さまざまで出来はご容赦を。

Seto05
これはいつ頃か?
お顔からは江戸後期から明治初期でしょうか。

Seto06
これは関東雛とありましたが、
時代は大正期でしょうか?

Seto07
窓際に並べられた五人囃子人形と雛道具

Seto08
昭和初期の御殿飾りですね。
このあたりは何の説明もありませんので推測です ^^

Seto09
これは書いてあるとおり、
大正時代の可愛い御殿飾りです。

Seto10
ひときわ大きな壇の上に飾られていた雛壇から、
内裏雛だけを切り取りました。
ちょっと変わったお顔の女雛ですがこれは関東風ですね。

Seto11
そして御殿飾りは
右が昭和、左が大正時代のもの

そして明治時代の内裏雛と続きます。

Seto12
ちょっと射し込む光が交錯してますが敢えて ^^

Seto13
こちらは「有職雛」

まぁ、なんともたくさんの古典雛を拝見!
最後はこの女雛です。

      Seto14
相方はグレて、いやブレて使い物になりませんでした ><;
せめてお姫様だけでも・・・
しかしお顔にふさわしい素晴らしい衣装と天冠です。

すっかり堪能しました古民家「久米邸」の蔵の雛飾り、
このまま帰ってもよかったんですがすぐ傍にある「無風庵」です。

Seto15
やはり「瀬戸のお雛めぐり」の目玉でしょう!

庵の中の飾りをざっと載せておきましょう ^^

Seto16
正面に大きな「享保雛」
左が1750年代、右が1760年代とあります。

Seto17
右には明治の白木の京風御殿飾り

Seto18
そして左には小さめの「享保雛」
ここちらは1716~36年頃と書かれています。
3度目ですがこの享保雛だけはしっかりと記憶に残っています。

そして今年はまた素晴らしい古典雛を見せてもらった
「瀬戸のお雛さんめぐり」でした。

2011年2月10日 (木)

瀬戸のお雛めぐり 其のⅠ

名鉄大曽根駅から尾張瀬戸へ、
1年ぶりの瀬戸市「陶のまち 瀬戸のお雛めぐり」です。

まずはいつもの瀬戸蔵セラミックプラザに

Seto001
Seto002
お馴染みの「ひなミッド~まるっとひな壇かざり~」
高さ4mの巨大ひな壇に約800体の陶器、磁器、ガラスの
手作り雛が飾られています。

Seto003
Seto004
上から眺める今年のひな壇と
最上部に飾られている陶雛

ここには毎年真多呂人形の「変わり雛」が展示されています。

Seto005
今年も昨年の世相を雛人形で表す
変わり雛6点が展示されていました。

そのなかからひとつ

Seto006
やはりこれでしょうか?
作られている頃にはまさかの不祥事は予想外 ><;
だったでしょうね。

このあと町なか雛めぐりに出ました、
この日は「せと末広商店街」はお休みで「銀座通り商店街」へ。

Seto007
この商店街もかなりの店が閉まっていますが、
開いている店舗に飾られたお雛さん。

Seto008
いつものことながら・・・
やはりガラス越しの雛めぐりになります。

Seto009 
こちらはある写真館の店舗ですが、
店の中に雛飾りがありました。

まずは入り口の右に見える内裏雛

Seto010_3
明治時代の関東雛

左のショーウインドーには

      Seto101 
      昭和の御殿雛とあります。

店内へ

Seto011 
ふたつ並んだひな壇の左には大正時代の中京雛と

右には

Seto012
明治時代の関東雛と書かれています。

ともに御殿と内裏雛を切り取って載せていますが、
下の関東雛は以前に日本玩具博物館で知った
江戸風の説明
”男雛は袖を張り、女雛は袂を低く膝元におさめ、
袖の中に手を隠した姿で作られます。” のとおりです。^^

このあとは商店街から古民家の「久米邸」へ。

Seto013 
来ると必ず見せていただくところですが、
お雛さんは右奥の家の部屋に展示されています。

Seto014 
飾られている御殿雛
2年ぶりにゆっくりと拝見します。

Seto015
まずは右の壁際にあった小さな御殿
中央の官女が立っていますが”明治時代 京都”とあります。

そして正面の御殿からはこちらを

Seto016
こちらも中央の官女が立っていますが
”大正時代 関東地方”と書かれています。

官女の話は以前にもしたことがありますが、
御殿飾りの場合はほぼ中央の官女が立っています。

2年ぶりの瀬戸のお雛さん、
このあとはこの家の蔵に飾られていた初めて見る古雛、
これがまたビックリでした・・・続きます。

2011年2月 9日 (水)

文化のみち二葉館

2月8日、2・8(ふたば)==ふたばの日。

名古屋市東区にあります「文化のみち二葉館 旧川上貞奴邸」、
平成17年の開館日である2月8日が施設の愛称「二葉」と
語呂が合うことから、”ふたばの日”としているそうです。

この日は無料開放、
そしてさまざまな記念イベントが行われると・・・、
出かけました ^^文化のみちを歩きます。

Bunkamiti01
久屋大通りから東に1本横の道を北上すると
ここ「名古屋市市政資料館」に出ます。

ここを右折して文化のみちのエリアに入ります。

Bunkamiti02
道は国道41号線と名古屋高速東片端入り口、
片側の道を分断しているクスノキを右に見て、
国道を横断します。

Bunkamiti03
その角にある「カトリック主税町教会」
名古屋最古の協会堂だそうです。

Bunkamiti04
教会北側に延びる赤レンガの塀沿いに少し行くと

Bunkamiti05
左手にあるのが料亭・香楽、「旧春田鉄次郎邸」

そしてその先には

Bunkamiti06
旧豊田佐助邸があります。

この先を右に折れて一本南の道へ入り、
少し戻ります。

Bunkamiti07 
こちらが「文化のみち撞木館(しゅもくかん)
陶磁器商の井元為三郎が、
大正末期から昭和初期にかけて建てた邸宅で、
こちらもこの日は無料開放でした。

      Bunkamiti08
      座敷の軒先に吊るされた干し柿
こういう場所で見るとなにやら違和感もありますがまた良し ^^

先を行きます ><;

Bunkamiti09
山吹谷公園の片隅にある案内標識、
目指すは西へと「二葉館」です。

Bunkamiti10
一筋過ぎればその先に見える赤い瓦葺の家。

「日本の女優第一号」として名をはせた川上貞奴が、
電力王の福沢桃介とともに暮らしていた建物を移築、
復元し、文化のみちの拠点施設として開館しました。

前置きが長くなりましたが、
ここに来た目的は記念イベントのひとつ、
川上貞奴が所蔵していた雛人形の公開!

Bunkamiti11
大広間ですが、
入り口から大混雑でほとんど建物のなかは移動も大変 ><;
奥に見えている段飾りに内裏雛はおまへん?お散歩中とか??

二階へ

Bunkamiti12
同時に行われています雛人形展「所作事 雛」、
こちらは写真撮影が禁止で撮れるのは見学者ばかり・・・

Bunkamiti13
ゆっくり雛見物どころじゃありません!
すでに気持ちは退けていました。
念のため、
~ふたばの日イベント「春待ち雛」~は2月13日まで 行われます^^

やむなくここから再び文化のみちを徳川美術館へと向かいます。

Bunkamiti14
北に一筋上がったみち沿いにある「主税町長屋門」

江戸時代、名古屋城下に当時の位置のまま残る、
唯一の武家屋敷長屋門だそうです。

着いた徳川美術館

      Bunkamiti15
ただいま恒例の「尾張徳川家の雛まつり」が開催中ですが、
今回は入り口の冬牡丹だけ見てパス!

Bunkamiti16 
徳川園の冬牡丹も見ごろでしょうか?

Bunkamiti17
ミニ盆梅も入れておきましょう ^^

で、貞奴所蔵のお雛さんはというと・・・結果は不明!?
ということで”文化のみち”の紹介となった次第です><;
このあと名鉄大曽根駅へと向かいました。

2011年2月 8日 (火)

松阪まちなかお雛さま祭り

雛めぐりが続きますが三重県伊賀上野市のあとは松阪市、
週末から同時に始まった「松阪まちなかお雛さま祭り」です。

よいほモールからゆめの樹通りにかけて、
旧参宮街道沿いの各店舗と有料施設にお雛さんが飾られます。

本町通りから南へと続く参宮街道沿い
お雛さんを見ながら歩いてゆめの樹通りに。

Matsusaka01 
こちらが今年の主会場になる「お雛さま館 夢休庵」

Matsusaka02
入り口
横にお休み処がありお茶のおもてなしを受けて
お雛さんを拝見します。

Matsusaka03
Matsusaka04
庵内の様子
こちらのお雛さんには年代が記されています。

まずは御殿飾りから
少々サイズが合いませんが、
分かり易くするためにマニュアルで切り取っています ^^

Matsusaka05 
昭和6年とありますが、
これまでに載せてきたなかにもありました。
こうして年代を覚えていければいいのですが・・・それがね ><;

Matsusaka06
昭和38年
昭和30年頃から作られた一番多い御殿飾りでしょう。

    Matsusaka07 
    明治40年
3段に飾られていますが何段かの飾りの一部でしょうか?

上の2段を切り取ってみました。

Matsusaka08
小さめの内裏雛と三人官女
飾り方は別にしてもいいお雛さまです。

      Matsusaka09
      昭和38年の7段飾り
お雛さんも雛道具も綺麗に保存されています。

再び町なかに出て参宮街道、
ゆめの樹通りからみなとまち通り、パティオひの町へと、
今度は反対側を戻ります。

Matsusaka10
戻る途中の様子ですが

Matsusaka11
歩道沿いに飾られたショーウインドーのなかの雛飾り。

どうしてもガラスの写り込みにはお手上げですが、
撮らないと載せる写真がありません ><;

Matsusaka12
こちらは純金びな
こんな雛飾り?もあるんですね ><

そしてあるお店に飾られていた木目込みに思わず店内へ、
ご親切にも外向きに飾られていたのを
店内に向きを変えていただきました。

Matsusaka13 
2対あつた木目込雛から”真多呂の木目込立雛”です。

最近は手作りの木目込み人形が多くなり、
本物を目にすることが少なくなりました。 

まだ初日のためか静かなまちなかの雛めぐり、
できれば有料施設の雛飾りも見たらよかったか?と、
そんな気もした松阪でした。

2011年2月 7日 (月)

伊賀上野城下町のおひなさん

今週(5日)から一斉に始まった各地のひなまつり、
二見に続いてはやはり三重県の伊賀市伊賀上野です。

こちらも3年連続ですがまずは町なかの様子から。

Igaueno01
今年も本町通りの各店舗を中心に
個人宅も含めて約60箇所におひなさんが飾られています。

Igaueno02
各店舗に飾られたお雛さん

やはりガラスのなかで写り込みが激しく
大半は撮れません ><;

Igaueno03
自分の影で反射を抑えて撮っていますが
可愛い決め込みのおひなさんです。

Igaueno04
こんな感じでお雛さんが飾られています ^^

Igaueno05 
綺麗な古今雛
大正から昭和初期のものでしょうか?

こちらのメイン会場は2箇所
そのひとつ「藤川邸」では”おひなこけし”の製作が体験できます。

Igaueno061 
Igaueno062
その藤川邸
各部屋には手作りの木目込人形が並びます。

Igaueno07
木目込雛の御殿飾り

”第19回全国新作節句コンクールの受賞作品”とありますが、
調べてみたら15年ほど前の作品のようです。

そしてもうひとつの会場は隣にあります「沖森邸」

Igaueno08
玄関を入った部屋の隅にはたくさんの人形が並び、
桜葛湯のおもてなし(土・日のみ)を受けて楽しませてもらいます。

今年は展示の様子が変わりましたが、
以前に載せた立ち雛も中段の中央にありました。

その上段から

Igaueno09
選んだのはこの御殿飾り
小さいですがなんとも素敵ではありませんか ^^

そして一番下の隅にあったこれ

Igaueno10
いくつかあるなかから
山口市の郷土人形、”大内びな”のひとつです。

Igaueno11
奥に続く部屋には”吊るし飾り”や
”段飾り”がずらりと並びます。

この家には”万歳雛”がありますがそれも以前に載せました。
今年は違ったもので・・・と

Igaueno12
この御殿飾りです ^^
これも大正から昭和初期のもの?
調べてみましたがどうやら大正期のもののようです。
ここには多くの古雛が飾られています。

さて町なかめぐり
最後は個人のお宅で見せてもらったこちら

Igaueno13
玄関脇の部屋いっぱいに飾られたお雛さん、
そして人形や子供の着物です。

” 自由にお入りください ”と案内があっても、
個人のお宅で案内を乞うには結構勇気がいります ^^
そんなお家で楽しませていただくおひなさんは
また格別にうれしいですね 。

Igaueno14
会場の町並みから戻る途中

ちょうど上野市駅を出た伊賀鉄道の忍者列車が通過!
なかなか出会うことが無いんですが・・・これは偶然でした ^^

2011年2月 6日 (日)

賓日館の雛飾り

”おひなさまめぐりin二見”
約1000体の雛飾りとともに今年はこちらも見逃せない!
「賓日館」の雛飾りです。

昨年、一昨年と載せなかった賓日館ですが、
今年は江戸から昭和初期までの古雛が飾られました。

Hinjitsukan01
一階の各部屋に飾られた雛飾りは新しい段飾りから
江戸時代の古雛まで・・・
賓日館の古雛、久しぶりです ^^ 

まず廊下の突き当たりにある御殿飾り

      Hinjitsukan021 
以前にも載せたことがあるかもしれませんが、
3年ぶりということであらためて。

Hinjitsukan022
上部の御殿と

Hinjitsukan023
内裏雛です。
大正から昭和初期のものと思われるが未詳とあります。
シンプルな白木造りは昭和初期でしょうか?
(と書きましたが、調べたらどうも大正期のもののようです )

最初に載せたのが御殿飾り・・・で、御殿を続けていきます ^^

      Hinjitsukan03 
     昭和24年だそうです

      Hinjitsukan04
      こちらも同年のものでしょうか
      造りがよく似ています。

Hinjitsukan051
一転して!煌びやかな御殿飾り

Hinjitsukan052
こちらも同じです。
ともに昭和35年ごろの御殿飾りですが、
御殿では一番多く見られる飾りです。

そして雛飾りです。

      Hinjitsukan06
      これも以前に載せましたか?
      お雛さんの原点ともいえる立雛です。
      本来は江戸初期のものですが、
      こちらは江戸中期のものだそうです。

Hinjitsukan07
寛永雛だそうですが・・・造りはもう少し後とか。

Hinjitsukan08
江戸文政年間(1818~29)の古今雛とありますが、
このあたりは素人には分かりません ><;

Hinjitsukan09
そして江戸後期
この顔立ちと衣装からはとても思えない?お雛さん、
いずれにしろ天冠が無いのが残念です。

Hinjitsukan101
こちらも江戸末期の内裏雛

そしてお雛様は

      Hinjitsukan102
      今年のポスターの女雛です。

そして明治のお雛さんへ

Hinjitsukan11
明治初期の綺麗な内裏雛です。

Hinjitsukan12
Hinjitsukan13
ともに明治後期とありました。
書きながら改めて勉強していますが ^^
いずれも素晴らしいお雛さんです。

Hinjitsukan14
長野県の旧家に伝わってきたという雛飾りは明治後期のもの。
神功皇后、武内宿禰を・・・と細かい説明があります。

最後です ^^

      Hinjitsukan151
      箪笥には雛飾りといろんな人形が収まっています。

その上段にあったこちら

Hinjitsukan152
箱雛?と言っていいのかよく分かりませんが、
これもまた雛飾りですね ^^

「おひなさまめぐりin二見」、
その賓日館であらためて堪能した、いえ、勉強させてもらった ^^
賓日館の古雛でした。

2011年2月 5日 (土)

おひなさまめぐりin二見

ここでも始まりましたお雛さん!
やはり出かけてしまいました”おひなさまめぐりin二見”です。

今年のオープニングは場所が変わりチョッとうろたえました ^^

Futami01
”エルガ”と”ブージィー”も一緒に
保育園児の子供たちによる”ひなまつり”の歌で開幕!

      Futami02
      くす玉が割られます。

5年目となるとさすがに載せるお雛さんに苦労します ^^
今年はメイン会場の「二見生涯学習センター」に飾られた
1,000体のお雛さんはカットして町中へ。

Futami03 
町中の様子もほとんど変わりませんが、
ここには”曲水の宴”が作られていました。

年ごとに工夫がされていますが、
年を重ねると同じ飾りをまた楽しむのが雛めぐりでしょうか。

Futami04
これもまた素敵な御殿飾りですが・・・官女は下にありました ^^

かって載せたかも知れないと?
記憶と我が記事を追いながらですがやはり立ち止まるのは・・・
見飽きない飾りです。

そんななかからこれは初めて?でしょうか

  Futami051_4Futami052_2
昭和初期?の内裏雛を段飾りから切り取りました。
素敵なものです。

Futami06
こちらも昭和中期の御殿飾りでしょうね。
質素ですが御殿飾りの基本でしょうか?

Futami07 
昭和の中期に多くみられた御殿飾り
まさに煌びやかな造りです。

Futami08
人力車で町を行く”エルガ”と”ブージィー”くん、
誰がこんな演出を?

Futami09
町中には”江”の幟も ><;

Futami101
ここは個人のお宅ですが”ひなさま展示中”の幟と
”ご自由にお入りください”との札につい案内も乞わずに入って・・・

      Futami102
      開けて入ったらこの飾り!

いらした奥様に”これは大正時代のものでしょうか?”と訪ねたら、
”いいえこれは私のお雛さんで昭和36年のものです”と、
笑って答えていただいてあらためてみた御殿飾りでした ><;

Futami11

「おひなさまめぐりin二見」
この後はやはり「賓日館」のおひなさま、
今年は古雛に御殿飾りが展示されていました。

江戸後期から昭和への雛飾り・・・続きます。

2011年2月 4日 (金)

宝光院節分会はだか祭り

節分の日、今年は大垣市野口にあります「宝光院」で行われた
”ひだり目不動節分会はだか祭り”でした。

もちろん初めて知ったた「宝光院」と「節分会はだか祭り」ですが、
こんな祭り?があったとは ><;

午前中から豆打式(豆まき)が行われてはいましたが

Hadakam01
皆さんよくご存知のようで、
着いたときにはすでに境内は人でいっぱいでした。

”はだか祭り”は13:30からの予定でしたが、
13:00には裸男衆が境内に出てきて境内を練ります。

ここではその後の本番?の様子から。

Hadakam02
すでに水浸しの境内に裸男衆が入って来ました。

”ピッピ”、”ワッショイ”
”ピッピ”,、”ワッショイ”と笛と掛け声のなかで、
次第に円陣が組まれていきます。

Hadakam03
Hadakam04
宝光院裸祭と書かれた六尺ふんどしをつけた男衆に
容赦なく浴びせられる力水!

     Hadakam05 
     今回はひと練りした後全員が本堂に入ります。
しばらく本堂内で練っている声が聞こえますが人で近づけず・・・?

そして再び境内での練りが始まりました。

Hadakam06

健康祈願、開運、厄除け祈願の節分会。

例年と比べて暖かいとのことでしたがこの寒空での裸祭り!
その円陣に浴びせられる力水がまた凄い。

Hadakam07
Hadakam08
Hadakam09

撮っている方も気を付けないと水を浴びます ^^

まぁ、ご覧ください!

Hadakam10
Hadakam11
Hadakam12
Hadakam13
Hadakam14

とにかく前で撮ってはいるんですが、
いつ水を浴びるか分からないので人の背後で半身です ^^

Hadakam15
Hadakam16
何も言うことはありませんわ ><;
狭い境内は熱気に包まれ男衆は水浸しでした!

Hadakam17
激しい練りのあとはいったん終わり豆打式が始まります。

そしてしばらく休憩ですが、
こちらは場所を変えます。

Hadakam18
祭りの会場は100mほど離れた杭瀬川へ、
近くの小学生たちが見物に来ていました。

そして14:30、休憩していた男衆がやってきました。

Hadakam19
今度は「みそぎ川渡り」です。

全員が一斉に川に入ります。

Hadakam20
まぁ、暖かい日だとはいえ、
これも寒いですわね~ ><;

Hadakam21
バンザ~~イ!

そして下流に20mほど下ります。

Hadakam22
Hadakam23

この後、裸男衆たちは境内に戻り、
厄男から選ばれた心男(しんおとこ)を担いで練り歩く
「心男遷座」が行われます。

そして利剣木を奪い合う「福徳利剣木授与」と祭りは続きますが、
毎度のことながらここで失礼しました。

2011年2月 3日 (木)

サンテパルクたはら・田原市

菜の花まつりに行く途中にある「サンテパルクたはら」、
農業をテーマにした体験型テーマパークです。

何度も傍を通りながら一度も訪れていませんでしたが、
ここにも菜の花があるのかなぁ?と立ち寄ってみました。

Sante001
駐車場の傍らに展示されているのは
電気機関車2台とレトロバス。

Sante002
入り口の赤い橋が”ウエルカムブリッジ”

Sante003
左手には”サンテガーデン”
ここには四季の花が植えられていて
今は菜の花なんですが・・・?ありません ><;

Sante004
橋の上から見る機関車

Sante0042
橋の先端からは遊具と芦ヶ池の一部が見えます。

この右には農林漁業体験実習室(サラダ館)、ドームなどがあり、
左手には農畜産物直売所やレストランなどの施設があります。

Sante005
こちらはそのひとつのサラダ館

環境保全型農業”をテーマに「農業歳時記」や
「にぎやかな野菜畑」など3つのゾーンと10のアイテムがあり、
楽しく農業の魅力が体感できるそうです。

橋を戻りもうひとつのゾーン、サンテガーデンへ

Sante006
入り口にある小さな梅園を見ながら花壇の横を上ります。

  Sante0071_4Sante0072_6
展望所から見る芦ヶ池

ここから右にある散策路に入ります。

Sante008
小山を一回りする散歩道ですが、
まずは階段。

Sante009
途中で二度ほど分かれる道ですが、
やはり大外を回ります ^^

Sante010
最後は小動物園の裏手からこの正門に出ました ^^

そして入り口の梅林に戻ります。

Sante011
Sante012
花はまだ咲き始め

菜の花を期待してチョッと立ち寄った「サンテパルクたはら」
週末にはいろんな体験教室やフリーマーケットなども開かれます。

花の季節にはサンテガーデンで花のフェアも。
まずは3月19日(土)から”チューリップフェア”が開催されます。

2011年2月 2日 (水)

渥美半島菜の花まつり

年明けとともに始まった「渥美半島菜の花まつり」ですが、
さすがに1月中は早いだろうと思っていたら、
でっかい菜の花畑(旧フラワーパーク跡)はすでに7分咲きと ^^

いつもは”雛まつり”に合わせて訪れますが、
何もないこの時期で今回は菜の花だけを見に出かけました!

Tahara01
何度も載せている会場ですが・・・7分咲きかどうか?
この日は風が強く寒いというより冷たさを感じる日。

Tahara02
青空も出るんですが全体に曇りで、
チョッと条件が良くありません ^^
おまけに人がまばらで菜の花ばかりです。

Tahara03
Tahara04
今年は畑の中を散策できる道が無く、
途中に中まで入れる細い一本道があるだけ。

Tahara05
毎度お馴染みのパターンですが、
人の居ない広い菜の花畑の撮影は苦手です ><;

Tahara06
何とか1枚 ^^

Tahara07
この日は青空ではなく雲をバックに・・・

Tahara08
帰り際に出会った人でもう1枚 ^^

アップも1枚

Tahara09
寒い日、
少しでも温もりを感じたい気持ちです。

Tahara10
1月29日から始まったライトアップ用のライトがあって、
入り口から少しの距離は菜の花に近付けません。
夜はまだかなり寒いでしょうね ^^

ということで・・・この後は”恋路が浜”へ

Tahara11
こちらも毎度の変わらぬパターンですが 、
変わっているのは菜の花の咲き具合だけでしょうか ^^;

昨日の浜名湖SAの”恋人の聖地”から

Tahara12
こちらは恋路が浜の”恋人の聖地”
”ハートロック”ならぬこちらは”願いのかなう鍵” heart04

初めてこんな早い時期に訪れました「渥美半島菜の花まつり」
さすがに海辺はまだ寒かったですが、
走る車から見る菜の花畑には少しだけ早い春を感じました。

2011年2月 1日 (火)

恋人の聖地・東名浜名湖SA

年が明けたばかりと思っていたらもう2月に突入!
このところの寒さと雪模様には少々応える年ですが ^^
予定していた北陸も大雪で大変な様子にお出かけは一休み。

休憩といえば、何年ぶりか?記憶にないほどですが、
牧之原の帰りに立ち寄った東名高速の浜名湖サービスエリア。

遅い昼食のあと湖でも眺めようかと芝生広場に出ました。

Hamanako01
昼食時は(だけではありませんが ^^)ムチャ混むので
ほとんど入らないSAですが、
寒い日だったこともあってか珍しく空いていました。

Hamanako02
広場からみる高速道路の浜名湖橋

Hamanako03
こちらは館山寺の先ですが村櫛方面になりますか?

遊歩道を回って行って驚いたここ

Hamanako041
”恋人の聖地”と”幸福の鐘”だそうですが・・・
こんなのがあるとは知らなかった ><; (もしかしたら自分だけ?)

Hamanako042
いつから?と調べてみました ^^
2009年3月末に恋人の聖地に認定されたとの記事。

Hamanako05
まだ新しい?とはいえ・・・
敬遠しておりましたSAにこんな場所ができたとは。

Hamanako06
Hamanako07
作られたフェンスにズラ~~と掛けられた鍵、
ハートロックと言うそうですが ^^
売店の恋人の聖地コーナーで販売されているようです。

まぁ、ビックリしながら・・・

Hamanako081
Hamanako082
こちらは西側
見えるのはホテルでしょうか?久しぶりの浜名湖です。

Hamanako09 
戻る先にはサービスエリアのレストラン

Hamanako10
広場の最上部に建てられた「矢橋式日時計」
ひさしの形をした板の陰で時刻が分かるそうです。

この日は帰りの渋滞も心配ないという高速情報、
久しぶりの浜名湖SAでのんびりと過したひとときでした。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »