2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 師走の宇治植物園へ | トップページ | 山科義士まつり・京都 »

2010年12月14日 (火)

鳳翔山 靖國寺・宇治市

「宇治市植物園」から戻る途中に立ち寄った
「鳳翔山 靖國寺」です。

宇治市観光協会のHPで神社・仏閣をチェックしていたとき、
” 天ヶ瀬の荘厳なる緑に囲まれたこの地での静かなひとときを
 お過ごしください ” とあった一文に、つい・・・

宇治田原町に戻る途中で白川林道に入り、
天瀬ダムの手前500mあたりにある看板を見て左折、
山の中をしばらく走るとお寺の山門前に出ます。

Yasukunidera01
急に目の前に現れた山門は昭和63年落慶と・・・
まだ新しいですが、両脇に仁王像が安置されています。

 Yasukunidera021 Yasukunidera022_2
 左に吽形、右に阿形            

門を入ると

Yasukunidera03 
左手に本堂

Yasukunidera04
右手にはまず「不動堂(十二支天堂)」
昭和36年の建立。
中央に「一願成就不動明王尊」が安置され、
両脇には干支の守り仏である十二支天像刺繍画があるそうです。

その横にあるのが

Yasukunidera05
Yasukunidera06
「仏舎利塔」
一階に永代供養堂を備えた多宝塔様式で
一点一点が手描きの十六枚の天井絵があるそうです。

Yasukunidera07
そして「水子地蔵尊」

さらに境内奥には

Yasukunidera08
Yasukunidera09
「鐘楼堂」
” 元桃山城の遺材で建立された浄土宗の寺院・龍雲寺の建物を、
 昭和28年に移転改築したもの。” だそうです。

Yasukunidera10
戻りますが・・・本堂と七重の石塔、
そして由緒が刻まれた石碑。

あらためて本堂

Yasukunidera11
瓦葺の檜造り
昭和16年12月起工、昭和20年4月に落慶されたという。

Yasukunidera12 
本堂と左に「開山堂」

まだ新しい歴史の「靖國寺」
靖国神社に対して全国の戦没英霊を仏式に合祀する
日本唯一の寺という。

小さい境内はまさに静寂そのものでした。

帰りはそのまま府道・大津南郷宇治線(府道3号線)へ、
府道との交差点で左に見えたのは

Yasukunidera13 
急な石段の先にある六角の塔

なんと、ここから境内「仏舎利塔」の裏側に行けました ><;
この道は平等院の前を通って来る道、
これにはチョッと・・・どころかビックリのオチでした。

« 師走の宇治植物園へ | トップページ | 山科義士まつり・京都 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳳翔山 靖國寺・宇治市:

« 師走の宇治植物園へ | トップページ | 山科義士まつり・京都 »