2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミニ奥の細道 大垣市 | トップページ | 志摩マリンランド »

2010年12月20日 (月)

無為山 安楽寺・長浜市

長浜市細江町にあります「安楽寺」、
” 滋賀でも指折りの名園です・・・”とあるその庭園を訪ねました。

長浜市の国道8号線を敦賀方面に走り、
「曽根南」の交差点を左に入るとすぐ右手にあります。

この日は途中から雨になり、
雨のなかでの庭園拝観でした ^^

Anrakujio01
長い車道?の先、
石橋を渡るとすばらしい松並木の参道。

周りを畑に囲まれた一角にある「安楽寺」、
ここはまた足利尊氏ゆかりの寺でもあります。

Anrakujio02
山門

かって藤原不比等の別荘地であったところに、
鎌倉中期、九條家より無為(平和)の御願を以って
安楽精舎を建立したのが始まり・・・と。

Anrakujio03
境内

まず右側から

Anrakujio04
太師堂

Anrakujio05
観音堂でしょうか?

そして左側

Anrakujio06
藤原中期の釈迦如来石像

Anrakujio07
そして「足利尊氏爪墓」

尊氏は弟の恵源を追って北国街道を進軍中に馬が進まず、
それが”たたりの石”のためと知らされ、
その石をこの寺に納め供養したところ無地に進軍できたという。

とまぁ簡単に足利尊氏とのゆかりの一部ですが、
詳細は省略を・・・。

Anrakujio08
鐘楼

そして残るはその「名園」です ^^

Anrakujio09
雨戸の閉められた本堂

” この雨戸もまた趣があっていいでしょう ”と奥さまでしょうか。
雨の中の訪問者
たった一人のために開放してくださいます。

Anrakujio10
本堂前に広がる庭園

 Anrakujio111 Anrakujio112_2

Anrakujio121 

当時としては珍しい小山のような築山を造った琵琶湖型の池、
前衛に白川砂を配した山水廻遊式鶴亀庭園。

Anrakujio13
亀島

Anrakujio14
相対する鶴島?それとも鶴岩?

説明によれば、
チョッとつる首に見える小さな岩に、
後ろにある道がちょうど羽を広げたように見えませんか・・・と、
見えればそれで良し!見えずともまた良し ^^

Anrakujio15
築山の後ろにある老松は江戸時代からのもの、
その横には樹齢800年ともいわれる”タブノキ”と
”モッコク”が偉容をそえています。

天竜寺開山 夢窓国師の作と伝えられる庭園を堪能、
本堂脇の部屋に納められた宝物も拝観。

帰り際、”龍”を見てくださいとの案内で境内へ

Anrakujio16

” ここに立って見てください ” と・・・見た先には

Anrakujio17
雨の中に、こどもの龍を背中にした龍が!

” この場所からしかこの形に見えません ”と、
忙しい中を楽しいお話に”龍”まで案内していただきました。
冷たい雨のなか、
なんとも心温まったひととき、湖北の「安楽寺」でした。

« ミニ奥の細道 大垣市 | トップページ | 志摩マリンランド »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無為山 安楽寺・長浜市:

« ミニ奥の細道 大垣市 | トップページ | 志摩マリンランド »