2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 粥見のサザンカ・松阪市 | トップページ | 住蓮坊古墳・近江八幡市 »

2010年12月 9日 (木)

大河内城跡・松阪市

松阪市の国道166号線を飯南方面に走りますが、
国道沿いにある「大河内城(おかわちじょう)」の看板を見ては
いつも通り過ぎていました。

今回は迷わず登城です ^^;

伊勢道をくぐる手前の郵便局が目印、
大河内城山地区市民センター傍にある案内板を見て右折、
駐車場は城跡の登り口に数台分ありますが、
国道すぐの市民センターの駐車場が広くて便利です。

Okawati01
小高い丘に向かい少し歩きますが、
ここが案内板のある城跡への入り口

Okawati02
城は標高110mほどの丘陵北端部にあり、
道は少しずつ登っていきます。

Okawati03 
途中にある「搦手門(からめてもん)」石柱

Okawati04
Okawati05
石組みのあるらしき道を行きますが、
これが城跡の一部?かは分かりません ><;

Okawati06
この辺りにはたくさんの千両が植えられています。

Okawati07 
左手にある鳥居をくぐると

Okawati08
小さな案内板
この左手の草叢が「二の丸跡」

Okawati09_2
右に「馬場跡」、その先が「御納戸跡」と
石柱が建つ道を行きます。

Okawati10
ただ1本だけですが
綺麗に染まった紅葉の木

Okawati11
わずかに残る石垣はちょうど本丸跡の下

Okawati12 
その先は石段を上ります。

そして

Okawati13
Okawati141
神社が建つ本丸跡
この先の北側が大手口になりますが荒地でした。

応永22年(1415)、北畠満雅(みつまさ)が室町幕府に
反旗をひるがえしたとき備えのために築城し、
弟の顕雅(あきまさ)を入城させたという。

Okawati142
合戦記念碑

以降、顕雅の子孫が居城し大河内御所と称される。

永禄12年(1569)、織田信長の南伊勢攻略に際し
伊勢国司北畠具教(とものり)は本拠を多気(旧美杉村)から
ここに移し織田の大軍を迎え撃ちます。

Okawati15 
本丸跡から西の丸へ

Okawati16
Okawati17
”マムシ谷”に架かる橋を渡ると西の丸跡の石柱

50日にも及ぶ籠城戦に耐えますが、
信長の次男信雄(のぶかつ)に家督を譲ることを条件に和睦。

天正4年(1576)、信雄は南伊勢統治の拠点を
田丸城(玉城町)に移し大河内城は廃城となります。

Okawati18
さらに回り込んで行きます。

Okawati19
本丸跡より一段と高いところにある西の丸

東に阪内川、北に矢津川、西側と南側には深い谷が入り
自然の要害であったという大河内城。
わずかに残る城跡にその歴史を知ったひとときでした。

« 粥見のサザンカ・松阪市 | トップページ | 住蓮坊古墳・近江八幡市 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大河内城跡・松阪市:

« 粥見のサザンカ・松阪市 | トップページ | 住蓮坊古墳・近江八幡市 »