2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 夕暮れ迫る京都円山公園 | トップページ | 兵主大社・平安の庭 »

2010年11月30日 (火)

錦天満宮秋季大祭・京都

京都が続きますが紅葉ではありません ^^;
少し祭を楽しみました。

錦小路通から錦市場を抜けた先にあります「錦天満宮」、
なにやらえらく人だかりがして賑やかでした。

Nisiki01
Nisiki02
何かと思えばなんとこの日(11月25日)は
「秋季大祭」の日でした。

斎行は午後2時からで少し間に合いませんでしたが、
ちょうど「玉櫛奉奠」(祭典案内から)が始まったところ。

Nisiki03
Nisiki04

”どうぞ御参拝ください”と案内をされて、
ここはありがたく参拝させていただきました。

ちなみに大祭はこの前に
宮司一拝、開扉の儀、献饌、献茶、祝辞奏上、
その間に雅楽奏上があったようです。

引き続き雅楽奏上、そして舞楽奉納と続き

Nisiki05

同時進行で「火焚祭」が始まりました。

Nisiki06
Nisiki07
諸事祈願の護摩木に御塩、御神酒がかけられ

Nisiki08
火床に火が点けられ宮司による大祓詞が奉じられます。

Nisiki10
祈願された護摩木が次々と入れられ燃えあがります。

Nisiki11
横では同時に舞楽の奉納が行なわれていますが、
奉納曲目は2つでこちらが最初に舞われたもので、
「蘭陵王(らんりょうおう)というそうです。

Nisiki12 
「火焚祭」では最後の護摩木が入れられました。

Nisiki13_2
舞楽奉納は続きますが

Nisiki14
護摩木が燃え尽きて「火焚祭」は終ります。

舞楽奉納は2曲目に変わります。

Nisiki15 
Nisiki16
「納曽利(なそり)」というそうですが、
舞楽をこうした場所で見るのは初めてでした。

Nisiki17
そして舞楽奉納が終ります。

宮司の「閉式の辞」があって「秋季大祭」は無事終了。

繁華街のど真ん中にある「錦天満宮」の秋季大祭。
小さい境内を取り巻くように一般の方や、
修学旅行の子供たちで賑やかでしたが、
なんとも偶然に、思わぬ神事と舞楽を見せてもらいました。

« 夕暮れ迫る京都円山公園 | トップページ | 兵主大社・平安の庭 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

京都めぐり
拝見させていただきました

なるほどの巡り方です

錦天満宮で雅楽が見られるなんて
素晴らしいタイミングで訪れられましたね
雪だるまは未だ出会ったことがありません

雪だるま さん
ありがとうございます。
今年は京都でもまだ訪れたことのない場所でした。

>錦天満宮で雅楽
これはまったくの予定外でしたが
あの小さな境内で祭りが見られるとは
なんとも嬉しい偶然でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錦天満宮秋季大祭・京都:

« 夕暮れ迫る京都円山公園 | トップページ | 兵主大社・平安の庭 »