2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« チョッとひと休み | トップページ | 御船遊管絃祭・船遊び神事 »

2010年10月22日 (金)

御船遊管絃祭・敦賀金崎宮

福井県敦賀市金ヶ崎町の金崎宮(かねがさきぐう)。

この日は南北朝時代の故事に由来する船遊び神事
「御船遊管弦祭(おふなあそびかんげんさい)」でした。

雨が降りそうな曇り空のなかでしたが、
数少ない平日に行われる祭りに出かけてみました。

Ofuna001
静かな「金崎宮」

朝からの本殿祭には間に合いませんでしたが

Ofuna002
午後からの神輿渡御からでしたが、
出発前の神事が行われている本殿前です。

Ofuna003
神輿発御
色とりどりの幟旗を持った行列が神輿とともに出発します。

Ofuna004
Ofuna005
Ofuna006

” 延元元年(1336)10月、御醍醐天皇は新田義貞に命じ、
 当宮の御祭神でもある尊良(たかなが)、恒良(つねなが)親王を
 奉じて北陸に下向。”

Ofuna007

” 気比神宮の大宮司気比氏冶に迎えられ、金ヶ崎城に入られたが、
 ここも足利軍の攻めるところとなった。”

Ofuna008
Ofuna009
Ofuna010

” しかし一旦兵が退いた10月20日、両親王をお慰めしようと
 敦賀湾に管弦の船を浮かべて紅葉を愛で月を賞したという。”

そのためこの祭りは毎年10月20日に行われています。

Ofuna011
神輿渡御は金前寺前をまわって金ヶ崎町へと入ります。

Ofuna012
祭りの主役は童子

金崎宮の祭神は若き両親王、
そのため就学前の園児、年長さんが選ばれます。

Ofuna013
金ヶ崎町の町なかを行く神輿の行列

Ofuna014
神輿は金崎緑地公園に入ります。

Ofuna015
旧敦賀港駅舎前を通過

ここから天満岸壁の桟橋へ

Ofuna016
ここで神輿と童子、神事関係者は船に移ります。

ここまでが神輿渡御、
ここからがこの祭りの見どころ?「船遊び神事」
太平記の船遊びが現代に甦ります・・・と^^ 続きます。

« チョッとひと休み | トップページ | 御船遊管絃祭・船遊び神事 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御船遊管絃祭・敦賀金崎宮:

« チョッとひと休み | トップページ | 御船遊管絃祭・船遊び神事 »