2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 神宮 旧林崎文庫 | トップページ | 弥山山頂史跡めぐり »

2010年9月23日 (木)

世界遺産の旅・厳島神社

数ある日本の世界遺産のなかでなぜか?訪れたことのない場所、
念願でもあったその世界遺産をめぐってきました。

あまりにも有名すぎて?いつも見ている・・・
そんな気持ちもあったためか初訪問とは思えぬ旅でした。

まずは安芸の宮島・厳島神社です。

Miyajima01
超、が付く観光スポット!どう載せるか?
宮島といえば厳島神社、厳島神社と言えば海中の大鳥居。

この日はあいにくと干潮時で、
海中に浮かぶ朱の廻廊は見ることができません ><;

Miyajima02
入口から見る海水のない朱の廻廊と本殿。

Miyajima03
本殿拝殿前から・・・
平日というのに観光客の多いこと、
なぜか外国人の方が多いのには驚きました。

Miyajima04
高舞台越しに見る大鳥居ですが・・・?
人の過ぎるのを待っていましたが無理ですね~。
左右にあるのは左門客神社と右門客神社。

Miyajima05
本殿
左後方には千畳閣と五重搭。

Miyajima06
まだわずかに海中に建つ大鳥居。

贅沢は言えませんが・・・
こうなるとやはり海中に浮かぶ厳島神社が見たい!
しかし次の満潮は20時ごろ ><;

Miyajima07
廻廊の中を行きますが先に見えるのは西廻廊。

Miyajima08
西廻廊から反橋
祭事の際には勅使がこの橋を渡って本社内に入ったことから、
別名・勅使橋とも呼ばれる。

Miyajima081
右には国内でも唯一海に浮かぶ能舞台。
現在、重要文化財に指定されている
国内5つの能舞台のうちのひとつでもあるそうです。

Miyajima09
出口へと向かう廻廊
幅4m、長さ275m。床板の間に目透しという隙間があり、
高潮の時に下から押し上がる海水の圧力を弱め、
水を海に流す役目をしているという。

廻廊を出ると後は宮島の散策ですが、
すぐ右にあるのが「大願寺」。

Miyajima10
その仁王門
境内を通って西松原へ出ます。

Miyajima11
「清盛神社」へ行く途中から大鳥居の真横です。

宮島、
見どころは多過ぎて全部載せれば5回ほどになりますが、
そうはいきません >< 
今回は島内を散策しながら各所で見た大鳥居?景です。

「清盛神社」から水族館(只今工事中)前を通り「大元神社」へ。

Miyajima12
大元公園から自然散策路”あせび歩道”を行きます。

Miyajima13
途中の「多宝塔」横から

ここから「大聖院」を観て仁王門に出ます。

Miyajima14
真言宗御室派(総本山仁和寺)の大本山
空海が宮島に渡り、弥山の上で修行をし開基したという。
ここは機会があれば改めて紹介したいところです


この後は”もみじ歩道”からモミジ谷公園を抜けて
ロープウェーで弥山山頂へ行きますが

Miyajima15   
途中のお茶屋からの大鳥居
すでに干潮で人が大鳥居の傍まで近付いています。

Miyajima16
こちらは千畳閣と五重塔

そして中略になりますが・・・

Miyajima17
弥山山頂展望台からです。
少々身を乗り出しての撮影で鳥居の眺望はよくありません。

弥山の様子は次回に紹介するとして、戻ります。

Miyajima18
こちらが近付いた大鳥居の柱
見上げるとその大きさが実感できました。

Miyajima19
振り返れば本殿です。
これは干潮時だからこそですね。

Miyajima20

ここに来た目的は厳島神社でしたが、
もう一つ、やはり訪ねたかった霊山「弥山」山頂。

弥山本堂から頂上周辺の堂社をめぐります・・・続きます。

« 神宮 旧林崎文庫 | トップページ | 弥山山頂史跡めぐり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産の旅・厳島神社:

« 神宮 旧林崎文庫 | トップページ | 弥山山頂史跡めぐり »