2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 高野山・奥の院 | トップページ | 高野山・壇上伽藍 »

2010年9月14日 (火)

高野山・ぶらり散策

高野山・奥の院から一の橋に戻り高野山を散策です。

一山境内地に117の塔頭寺院が建ち並ぶ中心部を歩きましたが、
今回はその中から主な見どころを歩いた順に載せます。

まるで観光パンフみたいですが・・・そこは割り切って^^
まずは一の橋から西へ、

Koya01
最初にあるのが「刈萱堂」

刈萱道心(等阿法師)が出家して実の子石童丸(信性法師)と、
父子を名乗りあえぬまま仏道修行にあけくれたと伝えられるお堂、
そんな悲しい物語がここにはあります。

右に「摩尼宝塔」を見て郵便局の手前を左に入ります。

Koya02
何やら趣のある道を上り詰めるとある「金剛三昧院」
北条正子が夫源頼朝のために創建したという・・・

Koya03
その国宝 多宝塔
貞応2年(1223)、頼朝・実朝菩提のため北条正子が建立、
大津石山寺の多宝塔に次いで日本で2番目に古い多宝塔、
そんな素晴らしい搭を拝見しました。

戻って金剛峰寺の手前を右折し女人堂へ向かいます。

途中の「浪切不動尊」を見ると

Koya04 
その横にあるのが「徳川家霊台」
3代将軍家光によって建立されたという。
右に家康、左に秀忠の霊屋が並びます。

さらに先へ緩やかな坂道を行きます。

Koya05
登りきると(振り返っています^^)高野山駅からの入口、
この左にあるのが「女人堂」。

Koya06
かって女人禁制だった高野山
女性のために設けられていた参籠所が高野七口にあった?
そのひとつで一番大きかったという不動坂口「女人堂」です。

ちなみに不動坂は極楽橋(駅)からこの女人堂を結ぶコース、
約1時間ほどのハイキングを楽しむことができるようです。
また、この前から弁天岳を越え大門に通じる女人道があります。

来た道を引き返します。

Koya07
金剛峰寺東門?を見て正面に回ります。

Koya08 
正門をくぐり

Koya09
屋根に天水桶のある建物には大玄関と小玄関が、
他にも経堂、鐘楼と内部拝観もできますが先へ。

境内を出て右に

Koya10
「六時の鐘」
朝の6時から夜10時まで、2時間おきに時を告げます。

そして

Koya11
壇上伽藍への道、蛇腹道。

Koya12

境内にある多くの建物を見て

Koya13
中門跡に出ました。

壇上伽藍
今回は通り抜けましたがここは別に紹介したいところ、
記事を変えて載せます^^

中門跡前から高野山の西の入口「大門」です。

Koya14
Koya15
大門(だいもん)
重層の五間三尺、入母屋造銅瓦葺の楼門。
昔はここから天野(かつらぎ町)、慈尊院(九度山町)に通じる
町石道と、西高野街道が紀ノ川流域に向かったとあります。

その町石道は大門の道を挟んだ前にあります。

Koya16 
九度山町の慈尊院から高野山までの24キロの参詣道で、
高さ2mの石造卒塔婆の町石(ちょういし)が壇上伽藍まで180本、
一町(109m)ごとに建っているそうです。

高野山、ここが西端で戻ります。

ちょうど一周?して来ました高野山

Koya17_2
Koya18

金剛峰寺駐車場手前の「霊宝館」とその周辺、
まもなく紅葉の季節ですが、
ここもまた紅葉のスポットが多いところ。

高野山ぶらり散策、
この日は下調べを兼ねて多くの寺院をめぐりました・・・続きます。

« 高野山・奥の院 | トップページ | 高野山・壇上伽藍 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

初めて拝見しました。中身の濃い内容に感心します。
さて、私は、12月28日から奈良に行きます。毎年の恒例行事となっています。ラグビーと寺社めぐり、なにより奈良が好きであきもせずに通っています。
今年は、高野山を歩いてみたいと思い計画していますが、車で行くか、電車を使うか、電車の場合は山の上の移動はどうなるのか等、気をもんでいます。比叡山を歩いたときをイメージしていますが、いかがなものでしょうか?
もし、お時間が有れば教えて頂けないでしょうか?
私の住む群馬県からは車です。

赤城の子守唄 さん
ご覧いただきコメントありがとうございます。
奈良は私も好きな町で四季折々に訪れています。

高野山に行かれるとのことですが、
まず比叡山
歩かれたのは峰道と思われますが、
高野山は一般的な道ですからまず違います。
その高野山ですが、
私的には車でしか行ったことがありません。
年末?と思われますが走る道は舗装の山道です。
道の状況さえ良ければ車が便利だと思いますが、
状況(雪か凍結)によっては電車でしょうかね。
山上はバスもあります。
私は使ったことがありません ^^
できれば歩いて回られることをお勧めします。
もちろん車で移動も可能です(駐車場を変えるだけです ^^)。
ぜひ、楽しんできてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山・ぶらり散策:

« 高野山・奥の院 | トップページ | 高野山・壇上伽藍 »