2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 安八町牧のひまわり畑 | トップページ | 伊吹・秋の花物語 »

2010年9月 4日 (土)

虎渓山永保寺庭園

まぁ、この暑さには往生していますが><;
だからといって涼を求めるのもさすがに限界です。
こうなればもうその猛暑の中へと突入!
暑さではここしかないでしょうと岐阜県多治見市です。

今回は涼より久しぶり?の庭園、
「虎渓山永保寺」の名勝庭園を訪ねました。

この虎渓山
「永保寺」の周りには多くの寺院があります。

Kokeizan01
観光駐車場から行くと最初にある「続芳院」

永保寺に向かう参道から右に折れると

Kokeizan02
「徳林院」

Kokeizan03
そして朱塗りの三門が見事な「保寿院」
ここの前庭も紹介したいところですが、
今回は門前だけで通り抜けます。

「永保寺」へは直接向う参道がありますが、
この日はこの前から続く参道を下ります。

途中にある「六角堂」

Kokeizan04 
この時点ではここが何か分かっていません。

そして「永保寺」の庭園を上から眺めます。

Eihoji01
池の中央に架かる橋、右手の岩山など、
いったいどんな庭園が現れるのか・・・楽しみでした^^;

Eihoji02
この右側に本堂、大玄関がありますが、
2003年9月に火災で焼失し、ただいま再建工事中。

で、今回はこの名勝庭園の周りを紹介します。
ここから左に回りこんで行きます。

Eihoji03 
後にはこちらも工事中の「鐘つき堂」

そして少し進んで振り返れば

Eihoji04
正面が庫裏、その前に樹齢700年といわれるイチョウの木、
手前の建物が僧堂・座禅堂です。

Eihoji05
庭園の池を回っていきますが、
見えるのは国宝「観音堂」と「無際橋」。

池の周りには松とカエデの木が植えられ、
木々の間からの撮影。

Eihoji06
虎渓山の仏殿で「水月場」と正称され、
本尊の「聖観世音菩薩坐像」が祀られているそうです。

Eihoji07 

中央には美しい「無際橋」が架かり

Eihoji081
Eihoji082
正面から「観音堂」へと導きます。

Eihoji09
庭園の左手に来ました。

ひと際高い岩の上には先ほど見た建物

      Eihoji10
      六角堂(霊擁殿)梵音岩

” 梵音岩上の六角堂には千体地蔵が祀られており・・・、
 滝の水は虎渓山北西にある”しでこぶし”群生地付近の湧水を
 集めたものです。”とあります。

ここは国宝建造物、庭園ともに無料で拝観できます。

Eihoji11
庭園から「勅使門跡」の石柱を見て行くと・・・

Eihoji12
すぐに土岐川です。
川の流れがわずかな涼をくれました。

「虎渓山永保寺」
本堂、大玄関の工事は平成23年に完成予定。
その前に今年の紅葉の季節がすぐですが、
ここも紅葉の名所見たいですね~。^^

« 安八町牧のひまわり畑 | トップページ | 伊吹・秋の花物語 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

果敢に 多治見市に 突入されましたか!
敬服いたします。
しかし 今日の多治見市は 先入観とはちょっと違っていますね。
暑さで ふにゃけた身体が 一変に 喝を入れられ 背筋が ぴんといたしました。
カメラマンって 心理学者より 心理を 身につけていらっしゃるようで
「ぶらり旅」が 朝一の 日課になってしまっています。

多治見ですか!暑さはいかがでしたか?

ウチは今日、高山市内に出かけました。
気温は30℃以上でしたが、木陰に入ると涼しい風も吹いて、かなり快適でしたよ。
明日は、安八のヒマワリを見に行くつもりです!(情報ありがとうございます!)

わたくし、このところ多治見をライバル視してしまう、桑名市民です。ふふ。

きなこ さん
ごく普通の人間がただ好きなカメラをいじっているだけです^^

>「ぶらり旅」が 朝一の 日課
一番嬉しいことですねぇ。
さすがに新鮮味が少し落ちてきていますが、
何とか鮮度のある記事をと模索しています。
    
     
ねむねむ さん
この日はそれほどの暑さではありませんでした。

高山、
やはり少し北に行くと体感温度が下がりますかねぇ。
明日は安八のひまわりにいかれますか、
多分満開だと思いますから存分に楽しまれてきて下さい。

桑名市民?
これはまた同郷の身としてコメント嬉しい限りです。

始めてメールします。永保寺の庭園がよく取れていまるのには驚きました。自分の目で見てもこうは美しくはありませんが、写真を取る角度、目の高さ等微妙な感覚の成せる
技かなといたく感心しております。
 さて、話は違いますが、私のHP上に紀行文のコーナーがあります。その永保寺を尋ねてという拙文のイメージとして、貴HPのこの永保寺の庭園写真の載ったURLのみをリンクさせて頂きたく厚かましくメールをしてしまいました。何卒ご配慮方御願いできませんでしょうか。よろしくお願いいたします。ご無理であれば、即座に消去いたします。
 一度私のHPを見ていただきまして、ご判断下されば幸いです。草々 不備。

  2011年10月14日
                    大嶽 健一

大嶽 健一 さん
ご丁寧なコメントありがとうございます。

ご指摘の紀行文に辿りつくには少々苦労しましたが、
このブログでよければどうぞ。
多治見
少々縁がありまして訪れたところでした。

 好好爺さん

  ご許可の件ありがとうございます。

 HPを作るのも初めて。投稿文を書くのも初めてでした。
 今後ともよろしくお願いいたします。

大嶽 健一 さん
ご丁寧にお返事をありがとうございます。

初めて作られるHPでしたか。
これからますます作る楽しみがでてきますね。
こちらこそよろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虎渓山永保寺庭園:

« 安八町牧のひまわり畑 | トップページ | 伊吹・秋の花物語 »