2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 城下町岩国・錦帯橋 | トップページ | 伊勢まつり »

2010年9月27日 (月)

御鮨街道ウオーク

以前にも岐阜市と笠松町の一部を歩いたことのある「御鮨街道」、
今回は街道歩きといっても市民ウオークのイベントに参加、
岐阜市岐阜公園から笠松町・笠松湊までの街道歩きです。

スケジュールでは9キロの道のりを5時間半で歩きます^^
この距離でこの時間?初めての経験ですが・・・さて。

岐阜公園で行われた出立式でスタートです。

Osusi001
このイベントの特徴は宰領と鮎鮨荷が先導、
その後を参加者が歩きますが、
追い抜いて先に行っても、途中で自由に帰ってもいいところ。

Osusi002

江戸時代、岐阜町を支配していた尾張藩が、
長良川で捕れた鮎をなれ鮨に加工して
江戸の将軍に献上するために整備したという街道。

Osusi003

岐阜町から加納、笠松、一宮、さらに四ツ家(稲沢市)で合流する
美濃路までを結ぶ26キロほどの街道。
御鮨街道(笠松では鮎鮨街道とも)、また尾張街道ともいわれる。

すぐに?白木町公園で最初のお茶接待、ありがたくいただきます^^

Osusi004
道筋の景観を楽しむことも少ないですが・・・
途中で見たカフェの軒灯。

Osusi005 
こちらは金屋町にある岡本太右衛門宅、
うだつのあがる見事な家は岐阜市都市景観重要建築物です。

この後、粕森公園で2回目の休憩があり、
さらに南に下って昼食タイムは溝旗公園。

Osusi006
このイベントではここが加納問屋への宿次(引継ぎ所)になります。

実際には加納新町にある中山道沿いの岐阜問屋場跡が
最初の中継地点であったようです。

ここで”加納ふるさと太鼓”の歓迎を受け1時間以上のお昼休憩、
これは時間がかかります。

Osusi007
ここで宰領と鮨荷の担ぎ手が変わり、
昼食後に出立!です。

この後は加納宿で中山道の一部を通り茶所で中山道と別れ、
旧八丁畷。

Osusi008
境川の土手に咲く彼岸花!

もうそろそろと・・・思っているうちに終るかも?
勝手に歩いたために道筋が分からず><;
この後道を外して(よくあること^^;)次の宿次場所に先に到着。

Osusi009
一行を待ちます。

笠松町の手前が最後の宿次場所でした。

Osusi010
ここからは笠松町の小学6年生が担ぎ手を担当

引継ぎ口上の後出立!

Osusi011
二人で担ぐ鮎鮨荷、
笠松湊まで2.5キロほど、頑張れ!

笠松町は以前に少し紹介したところ、
ここは鮎鮨街道?趣のある街道筋を通って笠松湊へ。

Osusi012
この日の街道ウオークはここがゴールです。

無事笠松湊に到着した鮨荷はここから船で対岸の渡し場へ、
そして一宮の宿へと運ばれます。

Osusi013
子供たちを乗せた船が対岸へ?
いえ、ここは子供たちへのご褒美でしょうか^^
木曽川をぐるりと回ってチョッと再現です。

御鮨街道、今回は街道ウオークのイベントに参加、
最後に鮎雑炊をいただいて時間通りの楽しい街道歩きでした。

« 城下町岩国・錦帯橋 | トップページ | 伊勢まつり »

歩く・街道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/49568208

この記事へのトラックバック一覧です: 御鮨街道ウオーク:

« 城下町岩国・錦帯橋 | トップページ | 伊勢まつり »