2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 義経祭・鞍馬寺 | トップページ | 雨の中山道・琵琶峠 »

2010年9月17日 (金)

鞍馬奥の院から貴船

義経祭の後は御馴染みの鞍馬奥の院から貴船でした。

過去の記事をみても木の根道ばかりで、
あまり鞍馬の奥の院を紹介していない?そんな気がして、
今回は少し奥の院を。

鞍寺「金堂」左手から沖の院霊宝殿への入口を入ります。

Oku001
石段を上りますと右上に鐘楼があります。

途中寄りですが

Oku002 
見てから戻ります。

ここから霊宝殿、与謝野晶子冬柏亭を見て奥の院道へ。

Oku003
ここが奥の院への入口

Oku004_4
途中には牛若丸(義経)ゆかりのスポットがありますが、
ここは義経息つぎの水。

道を上ります。

Oku005
お馴染みの大杉権現への木の根道。

行って回ってもよし、このまま石段を下ってもよし、
行くところは同じ。

Oku006_2
ちょうどその分岐にあります「牛若丸背比べ石」
奥州に下る牛若丸が名残りを惜しんだという石。

この後は

Oku007_2 
木の根道を下り ます。

Oku008
不動堂

Oku009
右に義経堂を見て

Oku010
奥の院です。
説明は省きますが・・・石灰岩の重なる柵内は見どころのひとつ。

ここからは貴船まで下りの道、
下りると貴船の川床が待っています^^

ここも何度か紹介していますが・・・

Kifune01
この日の貴船神社参道の花は”秋海棠”

この花が終ると・・・秋?紅葉ですね^^

Kifune02
Kifune03
秋先取り?ではチョッとまだ緑が綺麗ですが、
もうまもなくここも紅く染まりますか。

Kifune04
貴船
やはりこの季節は川床ですね。

Kifune05
店先にも工夫がされています。

Kifune06
この流れを見ていますと・・・
さすがに今年は川床料理を食して見たくなりました^^

清水の舞台から飛び降りたつもりで食べた昼食?

Kifune07
湯のみ茶碗だけで失礼します ><;

一人で食べる川床料理、我が身にはこれだけで、
いえ、ちゃんと昼食はいただきましたが・・・それは何か?
ご想像にお任せします^^

Kifune08

久しぶりにのんびりと過ごした貴船でしたが、
さすがに夏の貴船ですね、
平日とはいえ人での多さにはあらためてビックリ!
鞍馬・貴船に今年はひと夏の経験でした。

« 義経祭・鞍馬寺 | トップページ | 雨の中山道・琵琶峠 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

ちょうど1ヶ月前、NHKの〔ふるさと一番〕で貴船の川床料理を紹介してました。
夏の風物詩として最高の舞台を好好爺さんだけ堪能しておいて湯飲み茶碗一つの写真では
意地が悪い仕打ちだと思いませんか ? (T_T*)

 ♪ 雨をあつめて流れる川と たぎる心は拒めない
                 京都北山 時雨かなしい貴船の宿 ♪

茶太郎 さん
茶碗一つで失礼しました^^

ここの昼食はひとりで食べるには手が出ません。
二人なら?もちろん躊躇なく堪能する川床料理です。
湯のみ茶碗一つ、
何を食べたか?わびしい貴船の川床昼食でした。
しかし、これもまたいっぴん?でした。
いつもながら・・・川中美幸ありがとうございます ><;
誰かと過ごしてみたい貴船の宿・・・できればですが。

!茶太郎さん 好好爺さんコメント楽しませて頂きましたよ
私も川床料理を食べる予定をしていましたが・・・・・
値段↑ 器が草花に飾られて中身が判らないような気がして・・・・・
もう1つ付け加えると床が抜けたらΣ(゚д゚lll)アブナッ 泳げないし
やめました~ o(*^▽^*)o

 ♪京都北山 値段かなしい貴船料理 ♪

あんこ さん
大変失礼いたしました m(__)m

手が届く料理?を見つけ、床で食べさしてくれる?って聞いた一品、
下席でいただきましたが、懐にも、体にも程よい涼しさでした。
単品ですから中味もよく分かり^^庶民にはこれで十分ですわ。
床が抜けたら、
そりゃ懐が寒くなるどころではありません!やめて賢明?でしょう。

> 値段かなしい貴船料理 ♪
ズバリ!そのもの、ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鞍馬奥の院から貴船:

« 義経祭・鞍馬寺 | トップページ | 雨の中山道・琵琶峠 »