2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 蜻蛉の滝・奈良川上村 | トップページ | 高野山・ぶらり散策 »

2010年9月13日 (月)

高野山・奥の院

芭蕉紀行「笈の小文」を引きずっています。
吉野の”蜻蛉の滝”を訪ねて衝動的に出かけたのは「高野山」。

紀行文では、
吉野から高野、和歌(和歌の浦)、紀三井寺と続きますが、
この日はやはり我が家から一番近い高野山です。

Kouya001
高野山やはり奥の院はここから訪れます「一の橋」。

いまさらと思いますが、
何度訪れても身の引き締まる・・・・というか、
この参道にはなんともいえぬ聖地?を感じます。

Kouya002
樹齢どれほどか?
分からぬほどの杉木立が続く参道。

Kouya003
いつもながらこの雰囲気には圧倒されます。

諸大名の墓所や、祈念碑、慰霊碑が建ち並びますが、
数知れぬその中から

Kouya004
個人的にはなぜか?石田三成の墓所。

天下分け目の合戦で悲運にも破れた敗軍の将ですが、
なぜか惹かれます。

Kouya005_2
「中の橋」に来ました。

まだまだ墓所、墓石が続きますが

Kouya006
傍にある「汗かき地蔵」

      Kouya007 
見事な杉の巨木を左右に見ながらが行きますが、
この日の目的はこれでした。

      Kouya008_2 
参道のと途中にあります芭蕉句碑
「父母のしきりにこひし雉子の声」(笈の小文)。

同行した万菊(杜国)は
「ちる花にたぶさはづかし奥の院」と詠んでいます。

Kouya010
先に進むと道の分かれる中央に基角の句碑がありますが、
これはまぁ、省かしていただいて・・・。

Kouya011
着いたところが「御廟橋」
ここから先は撮影禁止です>< で、奥の院を拝観し戻ります。

芭蕉紀行を追っかける身としては芭蕉句碑を見たところで、
高野山に来た目的は終ったんですが・・・、
やはり来た以上この高野山をくまなく巡りました。

« 蜻蛉の滝・奈良川上村 | トップページ | 高野山・ぶらり散策 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

高野山は何かにつけて凄い所ですね

高野山くまなく巡ったようですが「石童丸物語」の件に
でくわせませんでしたか 子供の頃祖母(母方)に
寝物語に聞いた話ですが 誰も知らないし(・_・)エッ....?話にのってくれません

ぶらり旅で祖母の顔が横ぎりました(._.) 

あんこ さん
高野山は久しぶりでしたが休日は凄い人です。

>「石童丸物語」
高野山にまつわる哀しい父と子(母もか?)の物語ですね。
この物語のゆかりのお堂が「刈萱堂」、
残念ながら見ていませんが堂内に物語の絵があるようです。

そんな話を寝物語に聞けるとは羨ましいですね。
今度行ったらぜひ見てみます^^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高野山・奥の院:

« 蜻蛉の滝・奈良川上村 | トップページ | 高野山・ぶらり散策 »