2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三重県上野森林公園 | トップページ | 須磨・明石 再訪 »

2010年9月 9日 (木)

虎渓山・続編

北陸の日本海沿岸を台風9号が通過中で、
久しぶりに朝から雨のためこの日は休養日でした。

で、ネタ無しのため、
先日行きました岐阜県多治見市にある「虎渓山」の続編、
今回はその塔頭寺院の紹介です。

あらてめて・・・
駐車場から歩いて行くと最初にあるのが「続芳院」

Kokeizan001
正称は「虎渓山東雲峰 続芳院」

Kokeizan002 
境内左手には虎渓西国33観音の第32番目となる
「千手観音石像」があります。

Kokeizan003
その右手に広がる芝生の本堂前庭

Kokeizan004
右手には庫裡と書院でしょうか。

外に出て坂を下れば「永保寺」正面入口に行きますが、
少し戻って鍵型に道を曲がります。


Kokeizan005
両側に白壁の続く道

突き当たり手前の右にありますのが「徳林院」

Kokeizan006
正称は「虎渓山慈雲峰 徳林院」

Kokeizan007
本堂
見事な松に石灯籠と石組みの配置された小さな庭、
右には切妻造りの立派な庫裡があります。

そして突き当りを左に折れます。

Kokeizan008 
左手に続く白壁
突き当たりの道を右に下りると「永保寺・開山堂」へ。

白壁に沿って行きます。

Kokeizan009 
途中に見える僊霊塔(せんれいとう)と本堂

もう一度左に回りこみます。

Kokeizan010
朱塗りの三門が美しい「保壽院」
「虎渓山登僊嶺(とうせんれい) 保壽院」が正称。

境内には枝垂れ桜と百日紅が見えます。

Kokeizan011
正面に本堂 

左右にハスの植えられた鉢が並ぶ本堂前。

Kokeizan012
「三門」左手にある「枝垂れ桜」
そして手前には百日紅が咲いて春夏と花木が楽しめます。

Kokeizan013
歴代住職を祀る
僊霊塔
その手前右手が路地庭園だそうですが、撮っていません ><;


こちらが気になっていました

Kokeizan014
本堂右手、庫裏前の庭園
昭和60年頃に庫裡の改修とともに築庭されたそうです。

まだ新しい庭園

Kokeizan015
大方玄関前の水盤を見て・・・
庭の正面に回り込んで行きます。

Kokeizan016
Kokeizan017

蓬莱山を中心に置き、
杉苔と白河砂の砂紋で構成された贅沢な庭園です。

三門を出ると以前に紹介した「永保寺・名勝庭園」へ。
多治見市にあります虎渓山、
「永保寺」の北側に建ち並ぶ塔頭寺院も、
またそれぞれに趣のある寺院でした。

« 三重県上野森林公園 | トップページ | 須磨・明石 再訪 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/49387456

この記事へのトラックバック一覧です: 虎渓山・続編:

« 三重県上野森林公園 | トップページ | 須磨・明石 再訪 »