2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 山がダメなら川の梅花藻 | トップページ | 栂池自然園・8月4日 »

2010年8月 4日 (水)

波瀬植物園

話は少し戻りますが松阪市飯高町波瀬、
「やまゆり」散策のあと立ち寄った「波瀬植物園」です。

古い昔に一度車を止めた記憶がありますが、
何故か入園した記憶がありません 。>< 

入りますが・・・チョッと変わった造り?そんな植物園です。

Hazes01_2
入口です。
勝手に入園料を払って入ります。^^

入ってすぐが「有徳園」という庭園
石造りの庭ですが・・・それは最後にするとして

Hazes02_2
”ししおどし”の音を聞きながら
800年の杉というこの橋を渡ります。

クモの糸に絡まれながら道を行くと

Hazes03_2
最初にあるのが「十二支園」
” 殆磨岩 よく見るとその気になる ” と、
もらった栞が頼りで書かれた文そのままに綴っていきます。 

干支の名札がある石を見ながら続く道、
行けば・・・「波瀬谷」という広場

Hazes04
「波瀬谷」
” パッと開けた広場と流水 、
 四季花ざかり、山にこだます石舞台 ” いいですね~。

” 山ぐるま、ブナをはじめ数々の樹木にめぐりあう ”
「リンネの道」を通り抜ければ

Hazes05
先には小さな「大平湿原」、
” おおきな飛び石、板橋と、ミニ尾瀬ともなる ”

架かる木道を行けば

Hazes06
足元には多くの「コオボネ」が咲いて、季節ですね~^^

続く道が

Hazes07
「あせび山」
” 日陰に育つ、くまがい草、山しゃくやくなど・・・
 フアンは毎年訪れる ” そうです。

左に回れば

Hazes08
そこは「千石平高山植物」
” 数線の石と、杉苔の枯れ山水。やすらぎの興味はつきない ”。

Hazes09 
ほんと、凄い石ですわ。

Hazes10
石の間から、ただ一輪の”キツリフネソウ”

そしてだんだんこの植物園の見どころが

Hazes11 
こちらは「縄文磐座」
” 庭園の元祖、巨石信仰のいわくら、
 縄文の人々の心境にひたりたい ” この門は???

Hazes12
巨石の道に咲くキキョウ!

Hazes13_2
これもまたビックリの石の屋根???

  Hazes140_2 Hazes141 
潜れば迎えてくれた”シオカラトンボ”のオスとメス ?
で、あって欲しいと・・・^^願いつつわたる

「平成峡」
” 巨岩の峡の大作、よどみ、枯れ木と苔の調和 ”

Hazes0151 
峡には岩魚にあらず多数の鯉が泳いでいました。

そして植物園の最奥は

Hazes152
「連山渓」
” 老杉林立し花鳥満、飛流相和して春夏秋冬人心を洗う連山渓 ”
落ちる滝もまた深山に和す、でしょうか。

ここから戻る幾筋の道、どの道を選ぶも良し、

Hazes16 
戻れば見事な「有徳門」

Hazes17
出れば最初に見た「有徳園」
” 有徳門・不動橋、杉林より湧き出るおふく水 ”とあります。
入口に戻る石組みの庭。

とにかく栞の説明文を理解できる知識は我が身には・・・ ><;
5万個に及ぶ銘石と、海抜350m付近に育つ樹木、
山野草数百種を自然に配した園づくりとあります。

松阪の西60キロの地にある「波瀬植物園」
花の時期には一度訪れてみるのもまたよろしいかと。

« 山がダメなら川の梅花藻 | トップページ | 栂池自然園・8月4日 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/49038691

この記事へのトラックバック一覧です: 波瀬植物園:

» 写真点描・札幌花物語 9 [つき指の読書日記by大月清司]
 6月、札幌はライラックが先、全国的に知られた「よさこいソーラン」のイベントで、大都市としての目覚めの季節に入りましたね。外で日中は半袖でも過ごせ始める、そういう爽やか... [続きを読む]

« 山がダメなら川の梅花藻 | トップページ | 栂池自然園・8月4日 »