2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 丸山千枚田 | トップページ | レインボーライン山頂公園 »

2010年8月29日 (日)

熊野路・国道311号線

丸山千枚田へと走った国道311号線、
途中には「横垣峠道」、「風伝峠道」、「通り峠道」など、
熊野古道の出入り口を示す案内板があります。

丸山から熊野本宮大社、熊野速玉大社に続く熊野古道、
ここまで来ればやはりどちらかには立ち寄らねばと、
向かったのは和歌山県新宮市の「熊野速玉大社」でした。

Kumano01
大鳥居をくぐり

      Kumano012
御神木の”ナギの老樹”を見て

Kumano02 
御神門は・・・
社殿塗り替え中にてご覧のとおり。^^

門をくぐると

Kumano03
左に拝殿

Kumano04 
右に、証誠殿,若宮,神倉宮、そして八社殿の鈴門が並びます。

何故ここを少しだけかと?
途中で見た熊野古道の案内板に刺激されそのルートを走ろうかと、
まずはここ「熊野速玉大社」からスタート。

ここから国道42号線に出て帰りますが、
その右に「浜街道」を見て松本峠道を下りた自然歩道の
案内板のある大泊から国道311号線に入りました。

国道42号線は山間を走りますが、
国道311号線は海岸線を走ります。

大泊から狭い道の続く国道、
この道は「熊野古道」と付かず離れずに尾鷲市の「八鬼山峠道」
まで続いています。

途中「大吹峠道」、「波田須の道」の出入り口を見ながら
新鹿(あしたか)へ出ますが、道が狭くて車を止めれません。
「逢神坂峠道・二木島峠道」を越えて古道と出会うのが二木島。

Kumano05
その二木島漁港

     Kumano06 
港の傍にあるポケットパークに立つ「熊野街道標柱」

Kumano07
こちらが集落の中を行く旧道(国道311号線)
今は新しいバイパスが集落の上を通っています。

集落を抜けて

Kumano08 
駐車スペースのある場所から見る二木島湾

Kumano09
走ってきた国道311号線が見えますが、
二木島から山の中を越える古道は「曽根次郎坂・太郎坂」の道。

国道は海岸線を大きく回りますが、
甫母から先へ少し走ると「楯ヶ崎」の案内板があります。

Kumano10
ちょうど二木島湾を回り込んで来ました。

湾から熊野灘に突き出た島が「楯ヶ崎」ですが、
見える左の島に隠れてここからは見えません。

      Kumano11
その「楯ヶ崎」は海からしか見えないと聞いていますが、
ここから散策路が延びて近くまでいけるようです。

しかし、今回は遠慮しました。^^;

Kumano12
こちらがその「楯ヶ崎」
チョッと案内板の写真を拝借しました。

高さ80メートルの花崗斑岩の大岸壁がそびえ立ち、
無数の岩柱が連なったように見える「柱状節理」が見事な眺め・・・
まるで楯を連ねたような岩塊・・・と説明にあります。

ここも一度は見たいんですが、リサーチ不足で。 ><;

Kumano13
こちらは反対側の島、見える海は熊野灘です。

ここから須野を抜けると賀田はもうすぐ。

Kumano14
曾根トンネルを出ると目の前に賀田湾が広がります。

熊野古道はここ賀田から「三木峠道」、「羽後峠道」を越えて
三木里の「八鬼山越え」へと向かいます。
国道311号線も三木里から九鬼を通り42号線に合流。

今回はあまり見どころもない国道でしたが、
熊野古道の道筋を知るには恰好のドライブでした。

« 丸山千枚田 | トップページ | レインボーライン山頂公園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/49273141

この記事へのトラックバック一覧です: 熊野路・国道311号線:

« 丸山千枚田 | トップページ | レインボーライン山頂公園 »