2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 納涼!伊吹山 | トップページ | 一宮 七夕まつり »

2010年7月24日 (土)

伊吹山 続編

伊吹山の続きです。

東遊歩道を下りて戻った駐車場から、
すぐに中央遊歩道を登り返します。

Ibuki001
上り始めは木の階段
この道は高低差100mを400mの最短距離で山頂に
向かいますが、その分キツイ上りです。

Ibuki002
階段と地道が交互に続く遊歩道は
山頂に向かってS字状にカーブしながら急登していきます。

Ibuki003
ここが中間のいちばんキツイ上り
風は心地よいんですが・・・汗が吹き出ます。

山頂で休めばまさに納涼なんですが・・・><;

Ibuki004
急登する中間部を過ぎて右に折れると、
道は少し緩やかになり山頂はもうすぐ。

Ibuki005 
ようやくたどり着きました山頂北側(駐車場側)、
たくさんのイブキトラノオが風に揺れ、シュロソウも。

少し休んでお花畑から山頂の南側へ

Ibuki006
写真のキズではありません ><;
青空に群れ飛ぶアキアカネを眺めながらしばしの休憩を、
この日はここからが納涼でした。^^

涼し~~~い!時、
1時間ほど何もせずに涼みました。

そして初めて?載せます ^^花ではありません。

      Ibuki007 
      伊吹山・一等三角点

今回は花は二の次、遊歩道を中心に紹介しています。

しっかり涼んで・・・帰ります。

Ibuki008
戻る西遊歩道

Ibuki009
カワラナデシコ

Ibuki010
そしてシモツケソウ
後1週間か10日ほどでしょうか?今度はこの花を見に登ります。

そして最後に出会ったのは花ではなく、この鳥

Ibuki011
Ibuki012
ホトトギス!
( と、書きましたが・・・どうにも気になって旅から帰り、
 あらためて調べてみたらウグイスですね ><;)


以下、訂正します。

遊歩道の間近でないているんですが姿は見えず・・・
最後の最後にゲット!それもシシウドに止まっていました。
伊吹のウグイスです。^^

では、最後に花を

Ibuki013
ハクサンフウロ

Ibuki014
そして”イブキフウロ”
違いは花弁の先が3尖裂するのが特徴です。

この日見た他の花は
”カラマツソウ”、”キバナノレンリソウ”、”キンシバイ”、
”コオニユリ”、”キリンソウ”、”クサフジ”、”ウツボグサ”、
”クガイソウ”、そして”クルマバナ”などたくさん。

この日はゆっくりと涼を楽しんだ伊吹山でしたが、
山頂駐車場には多くの観光バスが並んでいました。  22日

« 納涼!伊吹山 | トップページ | 一宮 七夕まつり »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

伊吹山、最近は行っていないので懐かしく拝見。
あそこは植物の宝庫ですし、景色も素晴らしい。
ホトトギス、鳴き声だけは毎日のように聞いていますが、姿を見るのは初めてです。もっと大きい鳥かと思っていましたが意外に小さくてかわいらしいですね。
ユーモラスなシシウドも懐かしく思いました。
もうすぐシモツケソウの美しい季節ですね。
行かれたら様子をお知らせください。

フデ さん
ごめんなさい、
てっきりホトトギスと思っていたんですがウグイスです。

仰るとおりすずめより少し大きいぐらいです。><
ホトトギスにある特徴の胸の縞々がありません。
また、早合点でした。

>もうすぐシモツケソウの美しい季節
そうなんです、
あと少し、8月早々には登ってみたいと思っています。
今しばらく待ってくださいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊吹山 続編:

« 納涼!伊吹山 | トップページ | 一宮 七夕まつり »