2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 浅小井祇園祭・近江八幡市 | トップページ | 経ヶ岬灯台 »

2010年7月20日 (火)

丹後半島 伊根の舟屋

そのものズバリ!で、なんとも味気ないタイトルですが、
本当はパンフレットにある”舟屋日和” なんて言うのがぴったりの
そんな町でした。

丹後半島、
高速道路を使えば(渋滞がなければ ^^;)遠くても近いところ、
京都府与謝群伊根町、伊根の舟屋群を訪ねました。

Ine01 
港では・・・群れ飛ぶかもめさん^^

伊根の舟屋群?
その全容は海上からしか見ることができません。 ><

Ine02_2
で、乗りました”伊根湾めぐり”遊覧船
この船で伊根湾を取り囲んでいる舟屋を海上から見ます。

Ine03
出航!

Ine04
ここが伊根湾の東の外れ、
赤い灯台が海上からの町(湾)への入口?

船はここから舟屋の建ち並ぶ湾内を回っていきます。

Ine05
Ine06

京都・伊根町
重要伝統的 建造物群 保存地区

Ine07
Ine08

” 舟屋はその数、約230軒。
 その美しい建ち並は、全国でも他に類を見ません” とあります。

Ine09_2
Ine10
この風景を見たくていつか・・・と思っていました。

この日は舞鶴の”岸壁の母(引揚記念館)”^^が目的でしたが、
いきなり道を間違え西へ、市内を走りながら戻るなら、
”そうだ伊根の舟屋へ”と、丹後半島へ向かってしまいました。

途中で気が変わるいつもの悪い癖 ^^
こうなると近いようで遠いところです ><;

Ine111
Ine112
生け簀に並ぶかもめさん!

湾内めぐりは30分ほど

Ine12
船乗り場近くの集落を歩いてみました。

Ine13
船上から見る景色とはまた違ったものがあります。

この後は道の駅「「舟屋の里公園」へ

Ine14
展望所から見る伊根の湾内、左と

Ine15
右の伊根の集落

冊子「舟屋日和」には
”さざ波と甍の波・・・暮らしがやさしく寄り添っています”
”日本でいちばん海に近い暮らしがここにあります” とあります。

一度は見たかった丹後半島 「伊根の舟屋群」、
思わぬ舞鶴からの予定変更でこの日実現しました。

« 浅小井祇園祭・近江八幡市 | トップページ | 経ヶ岬灯台 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。旅から帰ったばかりです。
カモメ〜の水兵さん〜♪と童謡をくちずさみたくなるかもめさん いきなり夏で疲れもふっとびました!
海はいいですね〜
ここは 以前 「へしこ」を頼んだところで 瑞々しい風景に懐かしさも重なって
何度も 見入ってます。暑さにめげず 頑張りたくなりました。

ビズーさん
旅にお出かけでしたか、よろしいなぁ。^^

丹後半島の伊根町、経ヶ岬と楽しんで来ました。
海はいいですねぇ。

「へしこ」、日本海ですね~こちらでは若狭です。
帰りに一本とも思いましたが、
買ったのは「焼鯖寿司」でした。

♪ 壁の日めくり一枚破り 宿の窓辺で鶴を折る
    泣きに来た 伊根の舟屋は波まくら…
   海が玄関(おもて)よ 通りは裏口(うら)よ
    そんな哀しい恋だから♪

 題名もそのままの水田竜子の唄が好きになりそうです。(^-^;

茶太郎さん
乗場には水田竜子のポスターが貼られて歌が流れていました。

ただ聞くだけでは何も感じないんですが、
現地で聞くとなんとも味のある歌ですね~。
恋は別にして・・・
>海が玄関(おもて)よ 通りは裏口(うら)よ
まさに実感の伊根の舟屋です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 丹後半島 伊根の舟屋:

« 浅小井祇園祭・近江八幡市 | トップページ | 経ヶ岬灯台 »