2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 興聖寺旧秀隣寺庭園 | トップページ | 丹後半島 伊根の舟屋 »

2010年7月19日 (月)

浅小井祇園祭・近江八幡市

「祇園祭」といえばこれはもう京都!
もちろん異存はありませんが・・・全国各地にある祇園祭り、
やはり夏の祭りの代名詞ですね。

この時期、数ある地方の祇園祭りから出かけたのは
ここ、小さい町の大きな祭りです。

Asagoi01
滋賀県近江八幡市浅小井町(あさごいちょう)、
「曳山とイ草の館」に並ぶ4基の曳山。
右から”五条の木山”、”北出山”、”平田出山”、西出山”。

戸数170余という小さな町に6基の曳山があります。
あとの2基は町の小路にありました。

   Asagoi011_2 Asagoi012 
左が”野瀬出山”そして右が”東出山”、
この6基がこの日の祭りの主役です。

その曳山が宮入奉納される津島神社、

 Asagoi021_2 Asagoi022 
この「今宮天満宮神社」の鳥居の右に見える摂社です。

午後2時半
曳山の巡行が始まりました。

Asagoi03
細かいことは省きますが、
各山車の露天部のダシ(飾り物)もまた見ものだそうで、
干支をはじめ時世風刺などさまざまですが・・・
今年はやはりひとつだけ”坂本龍馬”でした。

Asagoi04

祭り、いつも長くなりますが、
今回は最後に出た”平田出山”と”西出山”を追っかけました。^^

Asagoi05
この町はまた湧水の町でもあります。
その湧水の流れる傍を山車が曳かれます。

Asagoi06
祭りを盛り上げる祇園囃子は子供たちが主役!

Asagoi07
山車を支えるのは台車

かっては寄木造りの車輪だったそうですが、
諸事情により今は台車に載せられ曳かれているようです。

Asagoi08
小さな町の狭い小路を山車はゆっくりと曳かれていきます。

Asagoi09
足元を気にしながら

Asagoi10
屋根に注意して

Asagoi11
Asagoi12
県道では頭上の電線、信号機を潜り抜けて

Asagoi13
神社横を境内に向かいます。

その境内

Asagoi14
すでに到着した4基の山車が並んでいました。

Asagoi15
Asagoi16 
”西出山”そして”野瀬出山”が入って6基の勢ぞろい。

Asagoi18
並んだ曳山の前で
子供たちの”祇園囃子”が演じられます。

Asagoi19_4
勢ぞろいした6基の山車

ここにもまた少子化の影響でしょうか?
曳山、祇園囃子と伝承の難しさを感じます。

小さな町で行われた「曳山祭り」でしたが、
これも地方の夏祭り、祇園祭りです!
素晴らしい6基の曳山とともに何時までも続けてもらいたい、
そんな思いの祭りでした。     18日

« 興聖寺旧秀隣寺庭園 | トップページ | 丹後半島 伊根の舟屋 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
各地の祇園祭、いいですね!
静岡県東部地区も、祇園祭り系のお祭りが多いです。
吉原は、そのものズバリの吉原祇園祭、私の住む富士地区は、「甲子祭」ですが、やはり各町内の山車を引きます。
近江八幡の山車の屋根にのっている飾り物は、素晴らしいですね。
少子高齢社会になり、どこの地域もお祭りを続ける事が、難しくなってきています。どこも同じ光景で、日本は、文化的に見ても崖っぷちに立っているように感じるのは、私だけでしょうか?

fujibijin さん
各地の祇園祭たくさんあっていろいろ行きたいんですが、
思うようにはいきません。

吉原祇園祭は有名ですよね。
比べて町内の祭りなどは
これからも伝承されていくのかと思うところも多いです。
多分いちばん感じているのは祭りに参加されている皆さんでは。

この曳山の飾りは何ヶ月もかけて
各地区の方たちが考え、作られているようです。
こういう祭りを見ると嬉しいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 浅小井祇園祭・近江八幡市:

« 興聖寺旧秀隣寺庭園 | トップページ | 丹後半島 伊根の舟屋 »