2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 岐阜南部のハスめぐり | トップページ | 興聖寺旧秀隣寺庭園 »

2010年7月17日 (土)

鯖街道・朽木宿

福井県小浜から京都を結ぶ道、
総称して「鯖街道」呼ばれる道はいくつかありますが・・・
特に知られているのが若狭町(旧上中町)から熊川、保坂、
朽木を通って京都大原から出町柳に抜ける若狭街道です。

鯖街道
小浜の海産物(鯖が有名?)を京都に運んだ道として、
「鯖街道」といわれます。

その朽木(くつき)を訪れました。

Kutuki001
地味な記事になるからではありませんが、
まずは”タチアオイ”で・・・^^

本当は歩いて入りかった道ですが車です。^^;

八瀬から大原までは過去に歩いています^^
「途中トンネル」から大原は先に走りました、
今回は車で途中トンネルから朽木まで走りました。

さて、鯖街道・朽木宿

     Kutuki002
   南の入口モニュメント

朽木宿の詳細は省きますがその宿です。
宿内は市場商店街、かっての市場集落です。

Kutuki003_2 
先に見える曲がり角
宿場内の街道には鍵曲(かいまがり)と呼ばれる
意図的な屈曲が何箇所も作られています。

Kutuki004
昭和8年に建築されたという「丸八百貨店」
今は喫茶店になっています。

道はここで右に曲がります。

Kutuki005
道筋を流れる水路
”川戸”と呼ばれる生活場の洗い場と

Kutuki006
立樋(たつどい)と呼ばれる分水搭。

歩く道筋に続く水路は癒しを感じますね。

Kutuki007
旧商家のべんがらの門

      Kutuki008_2
新しいですが、鯖街道の道標ですね。

Kutuki009
水路と一緒に宿場の道が続きます。

Kutuki010
昭和13年に建てられたという旧朽木郵便局
伝、ボヴォーリズ設計とありました。
近江には多い建築が見られますがここでも・・・。

Kutuki011
新しい?郵便局前、道は幾度も曲がります。

Kutuki012
重厚な蔵がまた水田に似合います。^^

Kutuki013
ここはあの織田信長が越前の朝倉攻めのため
敦賀に侵攻したとき、浅井長政の離反で朽木谷を通って
京都に逃れたところ・・・その休憩地跡とありました。

この先で朽木宿は福井への出口になります。

Kutuki014 
鯖朽木宿の北の入口
街道水車と鯖街道モニュメントがありました。

戻る道を宿の上へ歩いて見ました。

Kutuki15 
水田の広がる山里の風景です^^

若狭街道(鯖街道)
いつかは歩きたいと思っていた道ですが、
行きたい気持ちが先にたちつい、車で訪ねた朽木宿でした。

« 岐阜南部のハスめぐり | トップページ | 興聖寺旧秀隣寺庭園 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鯖街道・朽木宿:

« 岐阜南部のハスめぐり | トップページ | 興聖寺旧秀隣寺庭園 »