2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« フラワーパーク江南 | トップページ | 新緑の京都大原 »

2010年5月30日 (日)

大原女装束時代行列

京都・大原の里で行われています「大原女まつり」
といってもこの31日までですが・・・、
そのメインイベントの「大原女装束時代行列」が雨のため
この29日に延期されていました。

知ったイベント情報、特に大原女となれば・・・行きます。

Ohara01
スタートになる「勝林院」境内には大原女の装束を身に着けた
女性たちが集まっていました。

行列は各時代ごとの装束を着けた大原女が、
ここから「寂光院」までの1.5キロを練り歩きます。

Ohara02
行列のスタート
この辺りはすでにカメラを構えた人たちが待ち構えます。

Ohara03
出発してすぐに一行は「三千院」へ
このなかで何が行われているかは分かりませんが・・・
手前の参道石段下で待機。

「三千院」から再び始まった時代行列

Ohara04  
大原女には一般公募がされていますが、
こちらは最後の隊列、明治・大正時代の大原女。

Ohara05 
大原の道を行く先頭の子供たち、
あとで分かりましたがこの子たちは大原の小中学生。

Ohara06
途中に休憩が入ります
”女ひとり”の歌碑の前でくつろぐ子供たち。

休憩の間に先へ行ってまた待ちます。

Ohara07 
待ったところは大原バス停から寂光院への道、
ちょうど大原中学校の前でした。
小中学生の子供たちが待っていた先生に手を振ります^^

どうやらここはカメラマンへの撮影サービスの場所のようで、
このあとも何ヶ所かそんな場所が用意されていました。

何が装束時代行列か?その装束の違いをご覧ください。

Ohara08
子供たちのあとが室町時代、簡素ですね~。

Ohara09 
そして江戸時代

Ohara10 
Ohara11
最後が明治・大正時代の大原女
装束の違いがはっきりと分かります。

ここから行列は寂光院への道に入ります。

Ohara12 

写真も多くなりますが今回は一挙掲載です。

Ohara13
どうやらここも撮影サービスの場所?
待ち構えるカメラマンに大サービスのポーズでした。

そして”朧の清水”の道から寂光院へ

Ohara14 
子供たちはそろそろ疲れてくるころでしょうが・・・
頑張っていますよ!^^

Ohara15
お姉さん?お姐さん?大人たちも負けては入られません。

Ohara16_2
寂光院が近づいてきます、子供たちは元気ですね~。

Ohara17
もうすぐ寂光院
新緑のまぶしい門前筋に入りました。

Ohara18_2
行列は「建礼門院大原西稜」へ

そして戻り

Ohara19

最後はここ

Ohara20
「寂光院」へと入りました。
行列はここで終了、解散となります。

「大原まつり・大原女装束時代行列」に、
新緑萌える閑静な大原の初夏を楽しみました。  29日

« フラワーパーク江南 | トップページ | 新緑の京都大原 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

歩く道の長さよりも
道中ずっと片腕あげ続けているのって
いやあ、想像しただけで辛そう、
という私は50肩でした。

あと、着物って
風通しが悪いから蒸れるんですよね。
大原女に生まれなくてホントよかったあ。
まあ、大原女に生まれつく確率は
ごく微小ではありますが。

alphie さん
ご心配なく、皆さん適当に休んでみえます。

この着物を着たことはありませんが(当然です^^)
多分絣?で通気性に優れているはず、
何せ大原から市内まで薪を売りに歩きますからね。
そのためにはかなりの優れものと思います。

大原女?かなりの体力が必要のようですよ。


本物の大原女は、今は数えるほどの人数で、女の古ばかりだとか。
でも・・・若い!ほんとの女の子ばかりじゃないですか!
知っておれば、行ってみたかったです。
あ、でも29日?
しまなみ海道を、原付で爆走しておりました。

大原女祭り
懐かしいですね
何年か前に訪れて以来、ご無沙汰です

素朴な行列
来年は訪れたいですね

Iga さん
まつりのためか道筋で大原女の子を見かけました。
もちろん若い子です!

この行列も地元のお姉さんやお姐さん?に、
公募で参加の方も加わってそれなりに?若いお姉さんたちでした。
ところで
>しまなみ海道を、原付で
これって自転車は知っていますが原付ですか?
そりゃ楽でいいわ、爆走!分かります。
    
    
雪だるま さん
京都ですもんね、やはり行かれていましたか。

確かに大原の里にはよく似合う素朴な行列です。
毎年見たいとは思いませんが、
たまに見ればまた新鮮に見えるでしょうね。
来年は雪だるまさんにお任せしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大原女装束時代行列:

« フラワーパーク江南 | トップページ | 新緑の京都大原 »