2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 平城遷都1300年祭 | トップページ | 伊庭の坂下し祭・東近江市 »

2010年5月 5日 (水)

続・伊庭の坂下し祭

「伊庭の坂下し祭」
全長約500mに及ぶ断崖の坂道を三基の神輿を引き降ろす、
何とも勇壮?と言うより驚きの坂下し祭。

難所が次々とありますが撮る身にも難所でした。^^;

Iba001
最初の坂を下りた神輿は休憩を入れながら
山道の岩場を下ります。

Iba002
この神輿は担ぐのは麓に下りてからでしょうか?

Iba003
ここは屏風岩
まさに神輿を岩から引き摺り降ろします。

Iba004 
岩場を渡る?神輿

     Iba005 
この辺りは我が身可愛さで近寄れません><
まぁ、凄い祭ですわ!

     Iba006
     Iba007
Iba008
最初の一基が下りました。

二基目は上からです

Iba009
Iba010
Iba011
後ろで支える引き手との呼吸が合わないとえらい事ですが、
無事に下りました。

Iba012
最後の3基目がこれから下りますが、
先に回って最後の難所、二本松へ下ります。

これも普通の祭行列の先回りとは行けません><
岩場の山道を慎重に急ぎます。^^;

     Iba013 
神輿はここを滑り下りますが、これってほぼ垂直です^^;
もうただ撮りまくるだけです。

     Iba014
     Iba015
神輿の前に乗っているのは若い子ですが、
指名されて?いました。

Iba016
とにかく無事に崖を下りて引き手の方もほっと一息!
見ている方からは大きな拍手が沸きます。

Iba017

このあともまだ岩場が続く道を降ろされますが、
見届けて、ここから先に参道を下りました。

麓にはこれから下りてくる神輿を見ようと
多くの方が待って見えましたが時間はまだまだかかりそうです。

Iba018_2
帰る途中から見るここが二本松?
神輿を引き下ろす若衆の声がここまで聞こえていました。

「伊庭の坂下り祭」、
何とも凄い神輿の引き降しでした。  

« 平城遷都1300年祭 | トップページ | 伊庭の坂下し祭・東近江市 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・伊庭の坂下し祭:

« 平城遷都1300年祭 | トップページ | 伊庭の坂下し祭・東近江市 »