2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 小松・お旅まつり | トップページ | 安宅の関 »

2010年5月17日 (月)

小松・お旅まつりⅡ

5月15日を中心に13日から16日まで行われる「お旅まつり」は
小松市にある菟橋神社(お諏訪さん)と本折日吉神社(山王さん)
春季例大祭。

奉納される「曳山子供歌舞伎」で知られていますが、
” 両社の神輿が多彩な神具に飾られ、
 大獅子や多くの子供獅子を従えて氏子町内を渡御(お旅)
 することから由来しています。”(パンフから) 

Maturi01 
カブッキーちゃんの後姿^^

”歌舞伎のまちこまつ”で「子供歌舞伎を観たあとは
その神輿渡御を・・・

Maturi02
両社の神輿が練り合う細工町交差点

Maturi03 
紋を見ると左が菟橋神社、右が本折日吉神社の神輿、
ここから各氏子町内へと練り込むようです。

その一つ菟橋神社の神輿を少しだけ追ってみました。

Maturi04
Maturi05_2
神輿は細工町交差点からすぐに材木町に入ります。

     Maturi06
あとに続く子供獅子?
大獅子は他の場所でしょうか。

Maturi07
町内には「御駐輦所」・「御祈念所」の札が貼られた家があり、
その前で練る神輿。

Maturi08
Maturi09   
後には子供たちが曳く獅子山車?が10基

     Maturi10 
お囃子も全て子供たち

     Maturi11
獅子頭と太鼓が載っている山車
屋根の上の花飾りが綺麗です。

Maturi12

これから神社まで曳かれて行くのでしょうか?
しばらく見送って戻りました。

小松市
余談ですがここは芭蕉が「奥の細道」で3日間滞在したところ、
この「本折日吉神社」には
” しほらしき 名や小松 ふく萩すゝき ” の句碑があります。
目的は違えど5年半ぶりの訪問でした。

« 小松・お旅まつり | トップページ | 安宅の関 »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松・お旅まつりⅡ:

« 小松・お旅まつり | トップページ | 安宅の関 »