2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 流しびなの里・ひな飾り | トップページ | 三徳山三佛寺・投入堂 »

2010年4月19日 (月)

もちがせ流しびな

鳥取市用瀬町(もちがせちょう)にある「流しびなの館」。

千代川(せんだいがわ)の傍にあって、
室町時代の京都金閣寺をモチーフにした木造建築です。
展示室には江戸時代からの雛人形や雛飾り、各種の人形が
常設展示されています。

Hinanagasi01
残念ながら写真は撮れませんでしたが、
時代を追って雛人形の歴史を見ることができます。

さて、町なかのひな飾りを堪能した後は”ひな流し”です。
始まる前に”ツツジの名所 愛宕山”を散策してみました。

Hinanagasi02
見事なコバノミツバツツジが山を染めます。
下に見えるのは”ひな流し”が行われる千代川。

Hinanagasi03
午後からの神事までにはまだ時間がありましたが、
すでに一般の方の”ひな流し”が始まっている頃です。^^;

雨が降ったり止んだりのなか午後からの神事を待ちます。
時間とともに一般の方のひな流しが多くなってきました。

Hinanagasi041
Hinanagasi042
双子のお嬢さんでしょうか?
お母さんと一緒に”流しびな”を流す子供たちが多いですね。^^

13:30 祈祷神事が始まります。

Hinanagasi05
ときおり強く降る雨の中で進められる神事。

神官によるひな流し

Hinanagasi061
祈祷護符(お札)と

Hinanagasi062
一対の紙雛をのせた桟俵が次々と流されます。

Hinanagasi07
鳥取市長と”流しびなレディー”のひな流し。

神事の途中でも一般の方のひな流しが続きます。
外国の方も参加です。

Hinanagasi08 
Hinanagasi09
Hinanagasi10
千代川に設けられた”ふれあいの水辺”に流される”流しびな”。

Hinanagasi111
Hinanagasi112

男女一対の紙雛を桟俵にのせ、菱餅や桃の小枝を添えて、
無病息災ですごせるように願う・・・そんな情緒豊かな行事です。

Hinanagasi12

この後も幼児や小学生たちの”ひなを流し”、
”雛のお焚きあげ”、”ひな荒し”と続きますが・・・
降り続ける雨にこの日もまた途中まででした。^^;

初めて見る”流しびな”、
鳥取市用瀬町で楽しみました雛めぐりでした。   16日

« 流しびなの里・ひな飾り | トップページ | 三徳山三佛寺・投入堂 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

遠い所まで よくおいでました。
流し雛 毎年 ニュースなどでは 見てますが こんな取材は始めてです。
ようこそ おいでました。感謝 感謝です。

ビズーさん
九州雛めぐりのときにいただいたコメントがきっかけでした。

そのときに調べて知った鳥取用瀬のひな流し、
今年の最後はここと決めていました。
鳥取の流しびなを教えていただいた方に感謝です。
おかげで楽しい旅になりました。

そうだったんですか!・・・・
驚きました!どこまで 探求心が お有りなのでしょう・・・!
おかげでさまで かわいい 流し雛の様子を うかがいしる事ができました。
ようこそ ようこそ だんだん だんだん・・・

ビズーさん
旧暦3月3日、この日1日だけの流しびな行事です。

知ってここと決めた以上雨でも行かねばなりません。
1年は待てませんでした。
行って見て知る、ぶらり旅です。(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: もちがせ流しびな:

« 流しびなの里・ひな飾り | トップページ | 三徳山三佛寺・投入堂 »