2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 旧暦で飾るおひな様まつり | トップページ | もちがせ流しびな »

2010年4月18日 (日)

流しびなの里・ひな飾り

しばし旅に出て留守にしていたため、
記事のアップができませんでしたが再開です。^^

今回の旅の目的はいくつかありましたがその一つ、
これが見たくて・・・遠くを覚悟のおでかけでした。
そしてこれが今年最後の雛めぐりです!

Motigase01

鳥取市用瀬町(もちがせちょう)、
”流しびなの里”として知られているところで、
毎年旧暦3月3日に”もちがせの流しびな行事”が行われます。
今年は4月16日(金)でした。   

”流しびな”は一般が11:00から、
その前に同時に行われている”町なかひな飾り”です。

Motigase02
Motigase03
ここの飾りもまた楽しませてくれます。

朝から天気が良くなかったんですが・・・
屋外や軒先にたくさんの雛飾りが並びます。

Motigase04
Motigase05
部屋に飾られたお雛さんは外から拝見できます。

とにかく説明は無しで・・・その飾りをお楽しみください!

Motigase06
Motigase07
Motigase08
Motigase081
これなんぞ究極の演出です!

それぞれの飾りは実に見事で、まぁ、とにかく飽きません。

Motigase09
Motigase10
Motigase11
飾られているには南北に延びる2本の”ひな飾り通り”。
片方は町のメイン通り?

Motigase12
Motigase13
Motigase14 

片方は瀬戸川を挟んだ”昔の面影通り”、
それぞれにまた飾り方も違って楽しい雛めぐりです。

特別に「ひな飾り公開」の看板が立つ3つのお家がありました。

そのなかから

Motigase15 
江戸から現代のまでの雛飾りをされていたお家、
段飾りは別にした内裏雛5対の飾りです。

Motigase16
こちらのお家からは
古雛は別にして珍しい押絵雛の段飾りです。

最後の雛めぐりにまさに相応しい雛飾りを見せてもらいました。

”もちがせ流しびなの里”、
この後はその”流しびな”ですが・・・雨になりました!   

« 旧暦で飾るおひな様まつり | トップページ | もちがせ流しびな »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 流しびなの里・ひな飾り:

« 旧暦で飾るおひな様まつり | トップページ | もちがせ流しびな »