2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三徳山三佛寺・投入堂 | トップページ | 頼久寺名勝庭園 »

2010年4月21日 (水)

備中松山城・高梁市

鳥取県三朝町から岡山県高梁市へと、
中国地方を北から南へ走り抜けます。

向かったところもまた山、ただしこちらは山でも山城、
高梁市と言えばもちろん「備中松山城」です。
ここが今回の旅の最終目的地でした。

下から遊歩道でも登れますがさすがに三佛寺修験道の後、
駐車場からふいご峠まではシャトルバスです。
峠のバス停から700メートルの遊歩道を行きます。^^

Matuyamaj01 
遊歩道の途中にある中太鼓櫓台跡から見る高梁市市街。
さらに遊歩道を行きます。

Matuyamaj02 
見えましたのは大手門へ続く登城口。

石段を上ると大手門跡ですがその右手にある

     Matuyamaj03
自然の岩盤の上に築かれた石垣と土塀ですが、
岩盤が少し崩れていて崩落する恐れがあるとのことから、
岩盤変動監視システムが取り付けられています。

まさに自然の城壁ですね、凄いところに石垣があります。

そして大手門跡に入ります。

Matuyamaj04 
枡形に曲がる大手門

Matuyamaj05 
正面には一部が現存する土塀と、復元された土塀があります。

Matuyamaj06
三の丸跡から見る見事な石垣と自然の岩盤。

Matuyamaj07
三の丸跡です。

Matuyamaj08
そして黒門跡から二の丸跡に向かいます。

Matuyamaj09
二の丸跡から現存する天守が見えました。
天守の手前にあるのは復元された右に五の平櫓と
左に六の平櫓です。

Matuyamaj10
こちらも復元された本丸南御門からの天守です。

Matuyamaj11
Matuyamaj12
そして本丸跡から見る天守!
木造本瓦葺き二層二階の建物、現存する城郭としては
日本一高いところ(標高430m)に位置する山城で、
大和高取城、美濃岩村城とともに日本三大山城の一つ。
建物があるのはここだけです。^^

天守内へ入ります。

Matuyamaj13
地下部にあたる入口

Matuyamaj14
一階内部には囲炉裏と装束の間があり

Matuyamaj15
二階には城の守備神を祀った「御社壇」があります。

Matuyamaj16
天守の東側を奥に行きます。

Matuyamaj17
搦手門曲輪と搦手門跡。

さらに奥へ

Matuyamaj18
後曲輪です。

Matuyamaj19
振り返ればこちらも現存する二重櫓と天守閣、
左下には水の手門脇曲輪があります。

Matuyamaj20
そしてその奥は水の手門跡でした。

ここからさらに遊歩道が続きます。
この先も城郭、行きましたが・・・まぁ、これは趣味の世界でした。^^

臥牛山(標高480m)の山頂に築かれた山城、
その歴史は省きますが・・・
ようやく念願の日本三大山城を登城しました。

« 三徳山三佛寺・投入堂 | トップページ | 頼久寺名勝庭園 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ここも、すごーーーい。
でも、天守閣がちょっと哀しい仕上がりというか。
天主はなしにして、周囲の建物だけにした方が
逆に良かったような印象を持ちました。

鳥取って、全然知りませんでしたが
面白そうな所が多いんですねえ。
ただ、ちょっばかり遠すぎるような。
私(犬山在住)には、
小浜ですら、(行きたいんだけど)溜息が出るほど遠いんです。

珍しい お城ですね〜
特に 石垣が凄いことに なっていますね〜
先日 ここの出身の方と話していて 街もとても良いところと伺い 急に訪ねてみたくなっていました。
時々 通るのですが 下車したことがなく・・・
車で 訪ねてみます。

alphieさん
今回の全行程は950キロほどでした。

この城の天守は改修されていますが当初のままです。
現存する山城の天守を見るのは初めてでしたが、
やはり普段見慣れている天守閣とは違いますかね~。

鳥取、
以前に周っているので今回は2ヶ所だけでしたが、
まだまだ見所がありますよ!
    
    
ビズーさん
現存する天守のある城は12城ありますが、
山城はここだけです。

高梁市、
まだ続きますがお城の下に観光スポットが点在します。
他にも車で走れば見所が多いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 備中松山城・高梁市:

« 三徳山三佛寺・投入堂 | トップページ | 頼久寺名勝庭園 »