2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 飛騨高山雛まつり | トップページ | 大垣市・三城公園の椿 »

2010年3月11日 (木)

続・飛騨高山雛まつり

雨の高山雛まつり
散策もいいんですがやはり観光施設のお雛さんもと、
入ったのは「日下部民藝館」。

マップの説明には”古今雛、御殿飾り、明治雛飾り”とありました。
気になったには明治雛飾り、これは何?と。

Kusakabe01
天領時代に幕府(代官所)の御用商人として栄えた商家。

Kusakabe02
建物見学は後回しにその雛飾りからでした。

右の部屋にに飾られていたのが「明治雛飾り」

Kusakabe03
右側の内裏雛は普通の古今雛、
そして左の御殿飾り?ですねぇ。

Kusakabe04_2
???内裏雛
”明治天皇・皇后両陛下をイメージさせる内裏さま・・・
明治22年の添え書きがある。他の人形は後で加えられた。” と。

Kusakabe05
もう一度、
最初は上段の御殿飾りだけだった・・・それがこれ。

下段に飾られているのは近衛師団長、師団兵、憲兵だそうです。

Kusakabe06
狆引き・・・ではなくて?何でしょうね。

次の間です。

Kusakabe07
中央に御殿飾り、右隅にこちらも内裏雛。

”大きな雛段に先祖代々の人形が一堂に飾られる。
人形の種類はまちまちだが・・・子供が愛用した玩具人形も
共に飾るのが当地の慣わし。”  とあります。

Kusakabe08
Kusakabe09
年代は文化、文政のものが中心とあります人形群。

Kusakabe10
中段は京都葵祭行列 の人形

Kusakabe11
雅楽奏者の5人囃子

Kusakabe12 
からくり人形も飾られています。

右の内裏雛

Kusakabe13
こちらの5人囃子も2人が腰掛けていますねぇ。

Kusakabe14
小さいながら風格のある内裏雛です。

Kusakabe15
雛道具、
お供のお局でしょうか?人が乗った駕籠は初めてです。

さすがに財をなした旧家に伝わるお雛さんです。
見事な人形の数々ですが、
こういうのもあるのか・・・って感じでした。(驚き!)

最後は無料の観光施設に飾られていたこちら

Matumoto
中心部から南に外れた場所にあった松本家住宅、
ここでは土雛の段飾りが迎えてくれました。

「飛騨高山雛まつり」は4月3日まで、
春の訪れが遅い飛騨地方では1ヶ月遅れの雛まつりです。

« 飛騨高山雛まつり | トップページ | 大垣市・三城公園の椿 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

 またまためずらしいお雛さまのオンパレードですね。特に洋装のお内裏様を見るのは初めてです。
近衛兵にもびっくり。
他のお雛さまも本当に興味深いですね。
飛騨高山、遠いのでなかなか行けませんが、好好爺さんのおかげで楽しめました。
 
 

フデさん
楽しんでいただいて嬉しいです。

ここの明治雛飾りには驚きました。
こんな衣装も、椅子に座す内裏飾りももちろん初めて、
それにお顔の現代的なこと、こんなのがあるんですねぇ。
地方の雛飾りには何かとびっくりさせられますが、
高山もまぁ凄いもんでした。

相変わらず いろいろ珍しいところを 旅していらっしゃいますね〜
羨ましいですけれど 寒さに 引きこもりしている身には こたえられない良い旅を
させてもらっています。良いものを いいアングルで 最高です。

ビズーさん
超!がつく観光地でらしき観光もせずに雛めぐりです。

相変わらずお雛さんとご対面しています。
古い町並みを通らないと見れないお雛さんですから、
これも観光と言えますかね?
雨の高山は初めてでしたがこれもまた良しです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 続・飛騨高山雛まつり:

» 第12回飛騨高山雛祭り(日下部民藝館) [BLUEPAGE blog]
 高山市の雛祭りは4月3日まで。続いて日下部民藝館を訪れました。  日下部民藝館は吉島家住宅の隣なので、2軒セットで行くのもいいですね。  そして、どーんと出迎えてくれる雛壇飾り。大きいのはもちろん、珍しいものもあります。  こちらはオーソドックスな「京風内裏雛」。飾り事態はシンプルですが、大きなお内裏様・お雛様が特徴です。そして、お内裏様が向かって右、お雛様が向かって左に座っています。  そしてこちらが「明治雛」。お内裏様の服装や、下の段にいる兵隊さんの服装が明治初期の服装になっています。そして、... [続きを読む]

« 飛騨高山雛まつり | トップページ | 大垣市・三城公園の椿 »