2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 名古屋市東山植物園 | トップページ | 郡上八幡おひなまつり »

2010年3月15日 (月)

御河辺祭・東近江市

滋賀県東近江市神田町(じんでんちょう)にある
「河桁御河辺神社(かわけたみかべじんじゃ)」の例大祭、
「御河辺祭(みかべまつり)」です。

久しぶりの祭です!
伊勢、京都方面への東名阪、朝の渋滞は何とかならんのかと
ぼやきながらも、この日は走る高速道路でした。^^

Mikabe001
「河桁御河辺神社」の例祭。
始まりは奈良時代末期と伝えられ、参加する若衆たちの
装束から”はだか祭”と言われる。
※ 資料がないため「東近江ガイド」から転用しています。

Mikabe002
かっては2月の初午の日に行われ、
この日に雪が降れば豊作と言われていた・・・と。

氏子6ヶ町から選ばれた頭人が中心になる「馬人行列が」が特徴。
と、ありますがこの日は4つの町から4人の頭人でした。

Mikabe0021 
正午、各町から頭人たちが馬に乗り、
若衆連の囃子音頭で賑やかに宮入です。

Mikabe0022
神社前で下馬、
鳥のような格好で鳥居をくぐり、境内で手と口を清めます。
これが今ひとつ何を意味するか分かりません?

Mikabe003
続々と頭人と若衆連が境内へ。

Mikabe004 
そして拝殿での神事。

この後、行列の出発まで休憩ですが・・・
すでに出来上がっている若衆もいます。

そして「馬人行列」の出発です!

Mikabe005
神社から出る行列、
先導の御幣から神馬、宮司、そして子供神輿、神輿、
その後に4頭人を囲む若衆連がが続きます。

Mikabe006
Mikabe007
のどかな田園風景のなかを、県道の道筋を・・・、
若衆連が唄う賑やかな音頭とともに行列は進みます。

Mikabe008
「みかべ祭」のモニュメントがある新橋を渡って進む行列。

Mikabe009
Mikabe010
八日市の市街地のすぐ傍で、
こんな風景が展開されました。

Mikabe011
先頭の神馬と神輿、神官が御旅所の「若松天神社」に到着。

乗馬の頭人と若衆は拝殿横からです。

Mikabe012
Mikabe013
宮入りと同じように若衆に囲まれた頭人は、
下馬したあとここでもこの仕草で境内に入りました。

Mikabe014 
賑やかに・・・そして

Mikabe015
頭人と若衆たちが入るたびに、
威勢のいい音頭とばんざいがあがります。

全ての頭人と若衆連が入って

Mikabe016
御旅所での神事です。

Mikabe017
ここでしばしの休憩。

この後、行列は再び「河桁御河辺神社」へと戻ります。

Mikabe018
行列のこちらも主役
しばらくの休憩、好物の人参をもらっていました。

およそ8キロ近い「馬人行列」ですが、
いつものことながら途中で失礼しました「河辺祭」、
ここにも古く長い伝統の祭がありました。    14日

« 名古屋市東山植物園 | トップページ | 郡上八幡おひなまつり »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 御河辺祭・東近江市:

« 名古屋市東山植物園 | トップページ | 郡上八幡おひなまつり »