2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 宇気郷 山里のひなまつり | トップページ | 坂井祭礼山車曳き廻し »

2010年3月29日 (月)

常滑春の山車まつり

知多半島の各地で行われる春の山車まつり。

この日はどこに行くか迷いましたが・・・
常滑市坂井にある「松尾神社」の祭礼山車曳き廻しでした。
常滑市の南端に位置する坂井地区です。

Karakuri01
夜宮祭からその名残が残る松尾神社境内。
朝から行われるからくり人形、これが楽しみで早くから待ちました。

曳き出される山車は「松尾車」、
演じられる糸からくりは浄瑠璃「軍術誉白旗鬼一法眼館段」。

Karakuri02
人形は源義経公、鬼一法眼の娘皆鶴姫、そして平広盛公。

山車の上山で1時間にも及ぶ糸からくり人形が演じられます。

Karakuri031 
雲道(上山の天井に張られた糸道)から義経公が登場、
からくりが始まりました。
しかし、流れる義太夫のテープがまったく聞き取れずに、
物語がどうなっているのか分かりません。><

Karakuri032  
ネットで調べて書いていますが、
皆鶴姫を遣って法眼の持つ巻物を奪う義経と姫の恋慕、
義経を討とうとする討手の大将広盛との立ち回り、
義経を守ろうとする皆鶴姫と広盛と三者の戦いが軸のようです。

Karakuri04
「大廻し」と呼ばれる270度回転する出樋で皆鶴姫の登場。

物語はともかく、人形の動きだけでも楽しんでください!

Karakuri051
Karakuri052 
義経を慕う皆鶴姫ですが・・・
巻物を奪うだけが目的の義経です。

 ※ コメントとをいただきました。
    詳しい物語と人形の動きも分かるリンク先は こちらです。

Karakuri06
舞台で言えば花道だそうですが、
姫の名演技!いえ、見事な糸操りで細部に人形が動きます。
     Karakuri07
Karakuri08
左の出樋から広盛公登場!

Karakuri09
ここから丁々発止と始まる三人の動きが見事です。

Karakuri101
Karakuri102
糸操りの妙ですね~!

Karakuri11
Karakuri12
物語としては最高なんですが、
この時点ではその物語がまったく分かっていませんでした。><

何がどうなっているのか分からんうちに・・・
最後のからくり(変身)になっていました。

Karakuri131
Karakuri132
気が付い時にははや姫が変身して桜?の木に!

Karakuri14
義経?もまた桜に変わって・・・散るは吉野の桜吹雪!

Karakuri15
からくり人形
物語が分からなかったのはチョッと残念でしたが、
1時間ほどの熱演?を堪能させてもらいました。

このあとは山車の曳き廻しへと続きます。

« 宇気郷 山里のひなまつり | トップページ | 坂井祭礼山車曳き廻し »

お出かけ・祭り」カテゴリの記事

コメント

ラストの写真の姿が xx すごいインパクトですね!
「冬虫夏草」のような「冬人春桜」ですかね~(笑)ちょっとコワイです。

恵美さん
からくり人形もこれはもう人形浄瑠璃ですわ。

>「冬人春桜」
いかにも(笑)
まさかひっくり返るとは思っていませんでしたが、
可愛い人形の下にこんなのが隠れていました。
義経とくれば桜!?ですかね。

ちょっとおかしい部分もありますが,以下のサイトに原文がのってます(もうご覧になられたかもしれないですが……)


http://www.yuugao.jp/yoshi/dashi/06/01matsuo/joruri.html

どちら様か分かりませんがコメントありがとうございます。

かなり粗っぽいまとめで汗顔です(汗;)
詳しい「床本」教えていただきありがとうございます。
早速リンクさせてもらいました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常滑春の山車まつり:

« 宇気郷 山里のひなまつり | トップページ | 坂井祭礼山車曳き廻し »