2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まつりの前に・大和郡山城 | トップページ | 春です!大和民俗公園 »

2010年3月25日 (木)

奈良民俗博物館のひなまつり

大和郡山市矢田町にある「奈良県立民俗博物館」、
開催中の季節展「ひなまつり~人形たちの宴~」です。

Minpaku01
矢田丘陵の東麓に広がる「大和民俗公園」、
早咲きの桜が迎えてくれました。

Minpaku02
公園の南口近くにあります「民俗博物館」、
「写真撮影許可証」を申請して入館です。

Minpaku03_2
Minpaku04
入口の段飾り以外は全て陳列ケースのガラス越しになり、
映り込みもありますが今回はあえて載せています。

飾られているお雛さんは様々ですが、
初めて見るお雛さんがたくさんありました。

Minpaku05
まずはこの”流し雛”
五條市東部の南阿田地区で今でも行われる流し雛、
竹皮で作られた舟に紙人形を乗せて流すという・・・。
桟俵の舟ではないんですねぇ。

Minpaku06
雛道具からは台所用品、可愛い”おくどさん”もあります。

こちらで展示されているお雛さんは、
全て奈良県各地の商家、民家から寄贈されたもので
飾り方も寄贈されたお家の通りに飾られています。

お馴染みの段飾り、御殿飾り、内裏雛など展示されていますが、
これには驚きました!

Minpaku07 
ひと際大きい御殿飾り!大掛かりな飾りです。

説明に頼ります^^;
” 宮中の様子をあらわした屋形(御殿)を組み立ててその中に
 内裏雛や三人官女を納め、これを中心に随身や衛士を配した
 御殿飾り・・・・・年代の異なる三対の内裏雛の他、奈良一刀彫
 雛人形一式や芥子雛など・・・何世代にもわたる間に現在の
 ような豊かな姿となった・・・” とあります。

明治初期から昭和初期まで三代、凄いもんですね~。(感心!)

Minpaku08
内裏雛その一つ、
昭和初期でしょうか?田舎雛です。

Minpaku09
奈良一刀彫雛人形一式

Minpaku10 
箱雛ですが珍しい内裏雛?

御所市寺内町の薬種商を営む旧家に伝わる雛飾りという、
さすがにその経済力(資産家?)は凄いものです。

展示を見ていきます。

      Minpaku11 
「押絵雛掛軸」とありました。(起揚の軸装)

Minpaku12 
こちらは昭和40年代(1960年代)の「押絵掛軸」ですが、
上が押絵で下が絵の一軸です。
軸の上をアップにしましたが分かりますでしょうか^^;

ではごく普通の内裏雛・・・ではありません><

  Minpaku131_2Minpaku132_4
ちょうどガラス戸の引き違い部分が真ん中にあり、
切り取ったサイズが合いませんが天保7年(1836)の古今雛、
男雛の足組みも変わっていますね。

Minpaku14
こちらは昭和初期の内裏雛、2つ並べた屏風飾りです。
それぞれに作りの違いがよく分かります。

他にも内裏雛や、御殿飾りとともに、
子供田楽などの人形も展示されていました。

Minpaku15

桃の節句・・・その花の咲くころが4月3日、
旧暦で行われている「ひなまつり」も残りあとわずかです。
子供の成長を願うまつりは端午の節句へと変わります。

« まつりの前に・大和郡山城 | トップページ | 春です!大和民俗公園 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奈良民俗博物館のひなまつり:

« まつりの前に・大和郡山城 | トップページ | 春です!大和民俗公園 »