2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いわむらひままつりⅡ | トップページ | 朝鮮人街道・能登川~野洲 »

2010年2月10日 (水)

いわむらひなまつりⅢ

”いわむら城下町のひなまつり”、引っ張りますがもう一回
これが最後です。^^;

雛めぐりではあまり取り上げたことがない土雛ですが、
今回が初めてです

Tuti001 
”東濃地方の土雛は瑞浪市の市原産(旧岩村藩)が殆どです” と
説明書が貼られているショーウインドー?
その一部ですが・・・古い明治時代の土雛です。

Tuti002
Tuti003
ガラス越しの土雛、内裏様と下は金シャチに抱かれた?これは。

土人形、大まかには名前を知っていても・・・詳しくありません>><

Tuti0041
これはお店の中で見つけた土雛の内裏雛。
結構古いものだとお店のお嬢さんが教えてくれました。

Tuti0042
土雛でもこういうのは何か親しみを感じてよろしいなぁ。

町筋に土雛大集合のお店がありました。

Tuti005
菓子棚の上にずらりと並ぶ土雛!
すべてに名札がついています。

Tuti006
その一部を・・・これは内裏様

Tuti007
こちらもそうですね~。

土雛、土人形。
” 節句に飾られた土雛は内裏や長寿を祝う「高砂」・「菅原天神」、
 七福神の「恵比寿・大黒・弁天」、「福助・お福さん」など縁起物の
 ほかに歴史上や伝説上の人物が作られています。” と。
なるほど・・・と納得、よく分かります。

Tuti008 
歴史上の人物?

Tuti009
これは?
「武内宿禰と応仁天皇」はよくみますが~初菊は?
土雛、これからはよく見ておかなくてはと・・・反省です。

      Jiku 
こちらは”ひな絵図”の軸装。
五人官女に五人囃子、男雛と女雛の並びから見ると、
これはかなり古いもので昭和以前と思われますが・・・
この分野はまだ分かりません。

ひなまつりもこれからはまた楽しみが増えるというもんです。

Mayu 

お雛さんには関係ありませんがネコヤナギに繭ばな、
日に映えて春遠からじとはまだ気が早いですが・・・。

「いわむら城下町ひなまつり」
3年分の穴埋めにはチョッと長くなりました。

« いわむらひままつりⅡ | トップページ | 朝鮮人街道・能登川~野洲 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いわむらひなまつりⅢ:

« いわむらひままつりⅡ | トップページ | 朝鮮人街道・能登川~野洲 »