2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雛の里・八女ぼんぼりまつり | トップページ | 伊賀上野城下町のおひなさん »

2010年2月27日 (土)

伊賀上野城

雛めぐりの途中ですがチョッと気分転換にと訪れた
三重県上野市の伊賀上野城です。

伊賀上野には何度も訪れていますが、
ここを紹介するのは初めてかと。

Ueno001
表門から入ります。
まっすぐ登れば天守へ出ますが、今回は右に登城です。

Ueno002
大和郡山から転封した筒井定次が、
天正13(1585)年から築城を開始し文禄年間に完成。

その城跡が筒井古城跡として残る。

Ueno003
筒井古城の枡形虎口、

Ueno004
Ueno005
虎口から本丸へと続く道、
その先には筒井古城の本丸跡があります。

当時は大阪城の出城とされていました。

Ueno006
古城本丸跡から見る伊賀上野城天守と小天守ですが><
ただいま天守閣は補強工事中、残念!

戻って天守へ

Ueno007
あの白鳳城と言われる綺麗な天守閣が見れません。

筒井定次が築城した上野城はその後定次の改易によって、
伊予松山から藤堂高虎が移封(これは津城跡と同じです)。
高虎は徳川家康の命により、
豊臣討伐に備えた城として筒井古城の天守を西に移し、
堀を深く石垣も高くして大改修、津城の出城とします。

Ueno008 
5層の天守は竣工を控えた慶長17年(1612)嵐のために倒壊。

” その後、大阪の陣で豊臣氏が滅んだため築城が中止され、
  本丸・二ノ丸などの主要部分は、城代屋敷を除いて
 未完成のまま江戸時代を通じて再建されることはなかった。”

豊臣との戦いに備えた伊賀上野城、
そのために城造りの名手藤堂高虎が築いたのが高石垣。

Ueno009
城内から見るその高石垣と内堀です。

高石垣を城外から見ましょう。

Ueno010
本丸北の搦手口石段から城の外に出ます。

Ueno011
反りのない算木積みの高石垣と内堀。

Ueno012
本来なら白鳳の天守が少し見えるんですが、
工事用の覆いが・・・。

この高石垣、高さは約30メートル。

Ueno013
大阪城の石垣に匹敵すると言われる石垣です。

工事中のため見えませんが、
木造瓦葺き、白漆喰塗籠3層3階高さ23メートルの大天守と、
2層2階の小天守の美しい姿を見せる「伊賀上野城」。

現在の天守は昭和10年(1935)に、
個人の方の私財により再建されたものです。

« 雛の里・八女ぼんぼりまつり | トップページ | 伊賀上野城下町のおひなさん »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊賀上野城:

« 雛の里・八女ぼんぼりまつり | トップページ | 伊賀上野城下町のおひなさん »