2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 天城隧道(旧天城トンネル) | トップページ | 船だんじり・紀伊長島 »

2010年1月16日 (土)

おかげ横丁

新年15日、今年もまた恒例の伊勢神宮参拝でした。

久しぶりに「おかげ横丁」の徳力富吉郎版画館に立ち寄り、
開催中の企画展「建築めぐり(~1月31日)」を見て、
徳力富吉郎の木版画で伝統的な日本の建物を楽しみました。

Okage001
いつも変わらぬ「おかげ横丁」ですが、
版画館の展示室で思わぬ写真を見ました。

この横丁の初期の建物に徳力氏がデザインしたという
鬼瓦と軒先瓦が使われているとのことです。

早速見てきましたがその一部です。

Okage002
店名は省かせていただきますがその鬼瓦、
こちらは「楓」

右回りに見て行きます。

Okage003
ずばり!「ふくすけ」です^^

また、この店の軒先瓦には「道中伊勢音頭」の一節が
焼きこまれています。

Okage0031
Okage0032
一枚写真だとかさばるため一部を切り取っています。

Okage0033
Okage0034
この瓦は横にある版画館・山口誓子俳句館の軒先、
そして他の店の軒先にもありますが、

まずは鬼瓦

Okage004 
「徳力富吉郎版画館」の「扇子に徳」

Okage005
「波に鯛」

Okage006
「打出の小槌」

Okage007
そして「宝船」、他にもありますが

気持ちはすでに軒先瓦の伊勢音頭でした^^

Okage008
この一角にある店の軒先瓦がすべて文字入りです。

写真右奥の店から手前へぐるりと回りますがその一部です。

Okage0081
Okage0082
”明日はおたちか お名残り惜しゅや”
「伊勢音頭別れの歌」の一節が左から右へず~~と

Okage0091
Okage0092
”紅葉のやうな手をついて”
こんなところに目がいきませんわなぁ。

そして反対側です

Okage010
”帯に短し” この後”たすきに長し お伊勢まいりの笠のひも”
と続きますが・・・まぁ、ざっとこんなもんです。

おかげ横丁に伊勢音頭の軒先瓦、
思わぬところで思わぬ遊び心?を見せてもらいました。

« 天城隧道(旧天城トンネル) | トップページ | 船だんじり・紀伊長島 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

遊び心って、いいですよね。
私が、豊川稲荷へ出かけた時、
軒先瓦にマニ宝珠(おキツネさんが持っている珠)があって、おおっと思ったことがありましたが、
こういうのって、本当にステキ。
「波に」とか、「福助」とか、
こういう瓦がいろいろなところであったら、おもしろいんですけどね。
オーダーメイドって、値段が高いですから。
現実には難しいんでしょうね。

きみこさん
何度も立ち寄っているおかげ横丁ですがこればっかりは・・・

さすがにオーダーメイド、企画した人もさすがですが・・・
徳力氏のデザインにもはじめて見てビックリの鬼瓦でした。
さすがにおかげ横丁でしょうか?
おっしゃるとおりそうは真似ができないでしょうね。

全く 気がつきませんでした。
こんな お得なスポットがあるなんて・・・
可愛いですね〜 
今度は おかげ横丁で よくよく探してみます。
たのしみです。 

きなこさん
おかげ横丁も食傷気味でしたがこれはビックリでした。

鬼瓦と軒先瓦の伊勢音頭、
探して、読んでいると違ったおかげ横丁を発見しますよ。
ぜひお試しを!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/47301204

この記事へのトラックバック一覧です: おかげ横丁:

« 天城隧道(旧天城トンネル) | トップページ | 船だんじり・紀伊長島 »