2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 信貴山朝護孫子寺 | トップページ | 鼻かけえびす初笑い大会 »

2010年1月20日 (水)

信貴山・空鉢護法堂

信貴山朝護孫子寺の数あるお堂のなかから「空鉢護法堂」です。

信貴山、当たり前ですが山です!
その中腹にある朝護孫子寺の境内から600mほどの参道を
行った山頂(標高433m)にあります。

Kuhatu001
参道登り口にある「行者堂」。

Kuhatu002
Kuhatu003 
最初は歩幅の合わないコンクリートの階段、
ゆるい登りですがこれが結構疲れます。

Kuhatu004
過ぎると次第にコンクリート舗装の道になりますが、
今度は九十九に折れてキツイ登りが続きます。

Kuhatu005
Kuhatu006
「4丁」の丁石を見る辺りから参道沿いに祠が多くなります。

Kuhatu007
「二丁」の丁石を過ぎると赤い鳥居が並び建ちます。

Kuhatu008
山頂に近い峠ですが「右 おくのいん」の標石、
そういえばこの日は奥の院にだけ行けませんでした。

Kuhatu009
すぐに「空鉢護法堂」ですが

Kuhatu010
その前に立ち並ぶ鳥居の横には、
「星祭り本尊」と呼ばれる八体の像が並んでいます。

そしてその後ろにあったのがこちら

Kuhatu011
「信貴山城址」の石碑です。

” 標高433mの信貴山雄嶽を中心とする山城で、奈良県下
 最大規模を有する中世城郭・・・天正5年(1577)、松永久秀が
 織田信長に背き大軍の総攻撃を受け・・・落城、廃城となる ”

ここは山城だったんですね~。

Kuhatu012
そして山頂に建つ「空鉢護法堂」

Kuhatu013
こちらは本堂の裏側です。
お堂を取り巻くようにたくさんの社祠が建ち並びます。

” 命蓮上人が竜王の教えを蒙り、信貴山縁起絵巻の如く
 空鉢を飛ばして倉を飛び返らせ、驚き嘆く長者に慈悲の
 心を諭して 福徳を授けたという出来事に由来する・・・”
多くの参詣者から「一願成就」の守護神として信仰されているとも。

Kuhatu014
ここからの眺めもまた素晴らしい!
南側ですが先に見える山は金剛山でしょうか?

Kuhatu015
戻って気が付く登り口の杖。

ゆっくり歩いて20分ほどの道のり、
”一汗かいての一願成就”、これもまたよろしいかと・・・。^^

« 信貴山朝護孫子寺 | トップページ | 鼻かけえびす初笑い大会 »

お出かけ」カテゴリの記事

コメント

「南無神変大菩薩」
こんなところに、神仏習合の証が…!
まぁ、ほこらがいっぱいあることからも、神仏習合は理解できますけど。
今は、どうなっているのでしょうか?
それにしても、すごく眺めがいい、すばらしい場所ですね。

きみこさん
神社仏閣を訪ねていつも思いますが神仏習合と分離。

仁王門と神社、ここもまたその一例でしょうが難しいです。

寺拝は別にしてここもまた山中にあります。
本堂からの眺めも良し、ここ、空鉢堂から眺めも良し。
心が和みます。

中学生で陸上部の娘が誰に教えて貰ったのか、
「信貴山の空鉢菩薩様にお参りに行きたい」
と言うので探していました。
景色や感じも良く分かるページで感動しています。
ありがとうございました。
早速お参りに行きます。

捜せた さん
ご覧いただきコメントありがとうございます。

娘さんが「空鉢護法堂」へお参りにとは、
なんとも嬉しいことです。
少しばかり登りますが、
ぜひお参りされてお堂からの景色も楽しまれてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 信貴山・空鉢護法堂:

« 信貴山朝護孫子寺 | トップページ | 鼻かけえびす初笑い大会 »