2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 石廊崎 | トップページ | 西伊豆海岸・富嶽めぐり »

2010年1月13日 (水)

伊豆松崎町

伊豆の旅2日目は伊豆松崎町のまちかど散策からでした。

うたい文句は”花とロマンの里”、
そして”なまこ壁の映える明治の町並みが残る町”。

といいながらまずはこちらから、

Matsuzaki001
車を止めた「長八記念館」の前にあります「伊那下神社」、
もちろん観光施設ではありません。

Matsuzaki002
境内にある木の彫り物、作り物がなんとも言えず立ち寄りましたが、
これはいったい何なのか?ひとしきり彫り物を楽しみます。

Matsuzaki003 
こちらは本殿前にある大イチョウの木、
県指定天然記念物で樹齢1000年ともいわれ、
他の木と合わせ親子イチョウとも。

そしてまちかど散策です。

Matsuzaki004
神社の前の国道の先にある路地に入るとそこはなまこ壁通り。

アルカロイドの研究に足跡を残した近藤平三郎氏邸、
そのなまこ壁が続きます。

Matsuzaki0042
右に折れたその正面。

すぐ横にある観光協会を見て左折

Matsuzaki005

目の前にもなまこ壁、そして那賀川に架かるときわ大橋。

Matsuzaki006
”しっくい”で描かれた桜やツバメの絵があります。
橋の向こうに見える時計塔は大正13年、
昭和天皇ご成婚を記念して建設されたもの。

その傍にあるのが

Matsuzaki0071
Matsuzaki0072
明治の商家中瀬邸(邸内見学は有料100円)
母屋や土蔵など7棟が町の案内所として利用されています。

Matsuzaki008 
道を挟んだ反対側にあるこちらは小原邸(駿河屋)

ここで来た道を戻ってしまいましたが、
後でみた散策マップでは川岸を行くのが正解!
これが行き当たりばったりのまちかど散策^^;いい加減です。

Matsuzaki010
しかしまぁ見事ななまこ壁があちらこちらで見られ、
さすがになまこ壁の町と言われる所以です。

Matsuzaki0111
Matsuzaki0112
造り酒屋の旧家を旅館にしたという
長八鏝絵の漆喰作品が残る宿”山光荘”。


Matsuzaki0121
Matsuzaki0122
その前にあるのが”伊豆文邸”
松崎町でも一番厚いといわれるなまこ壁がビッシリです。
今は町が整備して休憩所として使われています。

まちかど散策はここから国道に戻りました。

Matsuzaki013
国道沿いにひときわ目立つ建物
”漆喰芸術の殿堂”として建てられた「伊豆の長八美術館」です。

現代左官技術の粋を集めて完成されたというこの建物には、
ここ松崎町が生んだ繊細かつ大胆な職人、
入江長八の鏝絵の作品が展示されています。

伊豆松崎町”なまこ壁の町”
海風が吹き抜けるように通り過ぎたまちかど散策でした。

« 石廊崎 | トップページ | 西伊豆海岸・富嶽めぐり »

まちかど散策」カテゴリの記事

コメント

あるところには あるもんですね〜
これだけの なまこ壁 圧巻です。

ビズーさん
そうですさすがになまこ壁の町です。

街道の宿場町や商家の蔵ではよく見ますが、
これだけ町なかになまこ壁があるのは初めてでした。
まだまだ知らないところがありますよ~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/136995/47261863

この記事へのトラックバック一覧です: 伊豆松崎町:

« 石廊崎 | トップページ | 西伊豆海岸・富嶽めぐり »