2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 三十段飾り千体の雛祭り | トップページ | 蔵の町信州須坂 »

2010年1月31日 (日)

須坂30段雛飾り・続編

「30段雛飾り 千体雛祭り」の続きです。

Susakah001
これだけの雛壇に並ぶお雛さんからひとつ選ぶのも・・・
と思いながらあえて選びました。

Susakah002
なんとも現代的な顔のお雛さんです。

Susakah003
たくさんのつるし飾りから比較的飾り物が分かる部分を。

Susakah004
御殿飾りでも一番簡素なものですが、
小さいながらも品のある内裏雛、昭和初期のものでしょうか?

Susakah005
こちらも小さいですが綺麗に保存されています。

あとで気付きましたがここは撮影禁止の展示ゾーンでした。
知らずに撮った1枚です。^^;

この展示室には江戸後期の享保雛を初め、
明治、大正、昭和初期の古今雛が展示されていました。

「世界の民俗人形博物館」のお雛さん

Susakah006 
お終いはやはり木目込みで、
これも数ある木目込み雛から選んだひとつです。

人形博物館と版画美術館の間にある「歴史的建物園」

Susakah007
明治30年代に建てられたという長屋門が迎えてくれます。

入るとそれぞれに違う建物が並んでいますが、
建物もさることながらこの日はお雛さんでした。

Susakah008
一番左にある「元板倉家」の建物、
ガラス戸の廊下に飾られた段飾りが目を引きます。

Susakah009
中に入ると部屋には段飾りが並びます。

真ん中にある「旧須坂藩の武家屋敷」

Susakah010
Susakah011
江戸末期の建物で、11戸の長屋の一戸が復元されたもの。
建物の中はこちらもご覧のとおりです。

そしてもうひとつが「旧牧家」

Susakah012
江戸末期の町屋で、旧須坂市内に残された唯一の
L字型をした総茅葺屋根の曲家(まがりや)です。

Susakah013
もちろん、中へ入るとこちらもビッシリと段飾りが並びます。

そしてこの日の最後は隣接する「須坂版画美術館」です。

Susakah014
入ってビックリ!

Susakah015
こちらも30段雛飾りがで~~ん!と迎えてくれました。^^

この3施設に飾られているお雛さん、
その数約6、500体とは今朝の新聞記事で知りました。><;

須坂市「世界の民俗人形博物館」と隣接する3施設に、
見てビックリ!の お雛さん大集合(~4月13日まで)でした。

« 三十段飾り千体の雛祭り | トップページ | 蔵の町信州須坂 »

お出かけ・ひなまつり」カテゴリの記事

コメント

 今年もまたお雛様めぐりの季節がやってきましたね。
ものすごい迫力のお雛様にびっくりです。
三人官女でなく百人官女、五人囃子でなく百人囃子って感じですね。
これからしばらくは、いろいろなお雛様を見せていただけるのを楽しみにしています。

フデさん
はい!季節が巡る・・・早いですね~。

徳島勝浦のあとはここと昨年から思っていました。
ただ見るだけでしたが、まぁ、凄い数でした。

今年も新しい町の雛祭りや好きな町の雛祭りにと、
いろいろな雛めぐりを楽しもうと思っています。
またお雛さんにお付き合いください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 須坂30段雛飾り・続編:

« 三十段飾り千体の雛祭り | トップページ | 蔵の町信州須坂 »